P
R

0増5減よりも!

12月16日は、テレビが選挙ジャックされる日ですね!(早く寝ようっと)

野田総理が、言っていました「30議席減」するよりも、もっと良い方法ですが、
地域投票率が、3/2(66.6%)以下の議員は落選にすればもっと減りますよ。
だいたい、20〜30%台で国政を任せる選挙なんて不思議です。

民主党と官僚問題
鳩山氏が総理になるや「お小遣い」・小沢氏幹事長「4億円脱税疑惑」で財務省
から、骨抜き状態にして、野田・枝野・安住に対しては増税洗脳
法案内容のチェックすら出来無い大臣ばかり・・・3年半何をしていた?

野田内閣の置き土産は、人事院より強固な国家戦略局の構築に期待するのみ!

  • 関連ワード
  • 投稿者:たまにクーさん

    投稿日:

  • カテゴリ:政治・経済  閲覧数:111859
  • 票数:17

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。

PR 本広告はポイント獲得対象外です

【お知らせ】コメントへの返信機能がつきました。皆でコメントして盛り上がろう!

みんなのコメント コメント数:55

  • ryoさん 2013/01/21 12:46:33

    みなさんの意見はいいものもあるけど、根本は今の制度アリキなんですよねぇ〜〜。まるでわかっていない。まぁ、今の制度でよければ同じ議論の繰り返しにしかならない。それが多数なら仕方ないね・・・

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ok9061さん 2013/01/22 13:30:12

    「地方の利益」と「国の利益」は必ずしも一致しない。参議院は国会議員なのだから、必要に応じて国益を優先できる人物でなければなりません。国益より地方の利益を優先するなら、それすなわち「利権誘導型の駄目な政治」になりかねません。

    地方の首長が参議院を兼ねてはいけないのは物理的、時間的に、「きちんと国会に出席している議員」であれば不可能だからというのもあります(東京都知事と北海道や沖縄の知事が同じ条件で兼務できるわけがない)。議論の余地なく論外です。

    兼務できるかどうかという「政治のシステム」ではなく、「選挙のために地方に入り浸り国会に出席しない」、つまり「職務放棄」している「政治家本人」の人間性に問題があると思う。システムが正しく機能するかはそれを利用する人間次第なのだから。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/01/22 13:43:24

    それは今までの様に、衆議院のカーボンコピーとしての参議院を望む場合。参議院は、役目をもっと限定して良いと思う。例えば、衆議院解散中に国会を召集する必要が生じた時とか。役目を限定する事によって、十分に、知事との兼任も可能と思われる。(テレビ会議の様なシステムを利用できれば、首都に集合する必要すらなくなるかも知れないし・・・)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ok9061さん 2013/01/22 15:26:47

    >それは今までの様に、衆議院のカーボンコピーとしての参議院を望む場合。

    カーボンコピーとか使い古された曖昧なレッテル張りをされても…。具体的に何が問題なのでしょうね?
    民主主義の本質は「議論」ですから、衆参2つの、立場の違う院で同じ法案を議論することは必要なことだと思います。(まぁ今の参議院はその趣旨がきちんと発揮されていないという、日本国憲法の不備からくる問題があるのは確かですし、今一度、参議院が何故「必要」なのか議論する必要はあると思います。参議院が必要なのには変わりない)


    >役目を限定する事によって、十分に、知事との兼任も可能と思われる。(テレビ会議の様なシステムを利用できれば、首都に集合する必要すらなくなるかも知れないし・・・)

    これに関しては全然ダメでしょう。参議院での議論や勉強会と、地方議会での議論。しかもそれぞれが同じ時間に複数の議題について同時進行で議論が行われる。1人で全ての会議に参加するなど物理的、時間的に絶対不可能です。


    また、結局は政治家の数を減らしたいが為の主張に思えますが、経団連等の既得権益が政治家を金で買収する危険性、
    議論する政治家がいなくなれば結局官僚が民意を無視した好き勝手に法案を作ってしまう危険性、参議院の報酬と地方の首長の報酬の2重取りになる危険性。
    こういった数々の問題点を考えれば、あなたの言う「カーボンコピー」を現状維持するほうが、ベストではないにしろまだましだと思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/01/22 15:37:57

    衆議院のカーボンコピーの様な参議院が必要か否かは、議論して国民が決めれば良いと思う。(もちろん、多数決で) いずれにしても、憲法の改正も必要になると思う。(参議院の構成や役割が変わる話なので)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ok9061さん 2013/01/23 00:27:15

    >衆議院のカーボンコピーの様な参議院が必要か否かは、議論して国民が決めれば良いと思う。(もちろん、多数決で) いずれにしても、憲法の改正も必要になると思う。(参議院の構成や役割が変わる話なので)

    憲法改正にまで踏み込んだ議論が必要なのはその通りですね。

    ただし、民主主義の本質は「議論」であり「多数決」ではありません(多数派が正しいとは限らないですから当然です)。ましてや、国民は政治の素人なのですから、人気投票的に国民が決めてしまうのは議会制民主主義を否定する行為だと思います。国民はあくまで選挙で政治家を選ぶのであって、政策は民意を背負った政治家が「議論して」結論を出すのです。国民が政策を選ぶなら、国会議員など必要なくなってしまいますからね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/01/23 08:09:19

    >国民はあくまで選挙で政治家を選ぶのであって、政策は民意を背負った
    >政治家が「議論して」結論を出すのです。

    それで良いんじゃない! 民意に反する政治家は、何回かの選挙を経て、排除されて行き、少しずつ改善して行くものである。後、「多数決」は完全ではないが、他のどの様な決定方式よりも「まし」である。少数が正しいと思い込んで民意に反した政策を遂行すると、独裁になる可能性もある。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ok9061さん 2013/01/23 12:19:41

    有権者全員で議論ができない選挙そのものはともかく、政策の決定はあくまで議論がなされてからの多数決だから意味があると思います。少数派だから、多数派だからではなく、きちんと議論をしたうえで多数決を取るわけです。多数派を選ぶこと、それ自体がましなわけではないと思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • てっちりさん 2013/01/23 22:21:17

    民主の仙石幹事長のような少数派閥の代表が党内調整も無視して強行し、国民
    にも説明責任を果たさないまま好き勝手やってくれた事例もあります。
    少数派閥の暴走にはこれからも要注意です。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ひろぴょんさん 2013/01/28 21:59:34

    民主党に何も期待できない。
    素人集団だから…

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

政治・経済の新着コメント

BTS、日本の番組出演見送り=「Tシャツ...(59) NEW

こりらっくママさん2018/11/19 21:02:35

>「何でお前らに見せなきゃいけない」という書き方でしたよ〜w

同じ事を繰り返す県知事(37) NEW

こりらっくママさん2018/11/19 20:50:28

ついでに言うなら、

同じ事を繰り返す県知事(37) NEW

チロさん2018/11/19 16:31:38

(´ー`).。o( どうせボンカレーゴールド免許(自称)ですね!),

同じ事を繰り返す県知事(37) NEW

転勤族さん2018/11/19 06:00:55

と云うか、ホラフキン一家は全員ゴールド免許と云っていたから、先程の”運転免許学科試験問題”は簡単なはずなんだけどね。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る