P
R

南シナ海の紛争がエスカレート!中国がフィリピンにバナナの検疫を強化とのニュース!

日本でも東日本大震災が起こる前の年に、尖閣諸島沖で発生した中国の漁船衝突事故をきっかけに、領有権問題を巡り中国が日本に対し制裁を開始した事がありましたが、今度は南シナ海のスカボロー礁の領有権問題を巡りフィリピンと対立しているそうです。

【NTD日本2012年5月12日付ニュース】南シナ海のスカボロー礁(中国名:黄岩島)の領有権をめぐり、中国とフィリピンの対立が続いています。中国当局はフィリピン­当局を厳しく非難する一方で、兵力増加による恐喝も続けています。近日中国当局は、フィリピン産の果物の検疫を強化。外部からは経済的対抗措置で領有権の譲歩を迫っている­と見ています。

最近、中国国家品質監督検査検疫総局は公式サイトに、フィリピン産果物からは何度も害虫を検出したため、バナナなどフィリピン産果物に対する検疫を強化し、抜き取り検査を­強化するとの通知を出しました。

5月2日に出されたこの通知は、8日に品質検査総局のサイトに掲載。これは、フィリピン産果物に対する二度目の検疫強化の通知です。

ボイス・オブ・アメリカは、これは経済的手段で政治に圧力をかける中国の常套手段で、日本や台湾もかつて似たような経済的脅迫を受けたことがあると報道。

フィリピンの「バナナ栽培輸出企業協会」によると、すでに輸出したバナナが中国の検疫検査を通過できていないそうです。南シナ海問題が中国の対抗措置を招き、フィリピンの­バナナ産業が大きなダメージを受けかねないと憂慮を示しました。

フィリピンが海外に輸出するバナナの過半数が中国に輸出され、2011年の貿易総額は300億ドルに達し、歴史記録を創りました。

南シナ海のスカボロー礁の領有権をめぐる対峙はすでに1ヶ月以上続いています。中国は最近、スカボロー礁付近の中国船の数を14隻から33隻に増やしました。中国外務省の­傅瑩副大臣も「フィリピン側の事態拡大に対する各種準備はできている」と警告。中国の政府系メディアも、このまま行くと戦争になりかねないと恐喝しています。

以下、文字数制限により省略。

中国がフィリピンに制裁を開始、バナナの検疫を強化、ツアー団は出発見送り?香港紙

レコードチャイナ → ttp://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61173

  • 投稿者:Cicaさん

    投稿日:

  • カテゴリ:  閲覧数:9128
  • 票数:8

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:21

  • abcさん 2012/05/14 08:45:11

    中国の遣り方に理屈は無用。これが中国流。これを他山の石として、日本が尖閣諸島を守り抜く覚悟を決める事が肝要。たとえ死者が出ても国の独立は守り通すべき。
    中国のコリ押しに屈しては駄目。癖になるから。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • タックさん 2012/05/14 08:51:38

    オレって、本当に品がない。よく分かっている。

    河馬の撒き糞の後に群がる雑魚の一匹ということも良く知っとるよ。

    だけどな、オレの気持ちも察してくれや。

    年金貰う歳になったとたん、カミサンに行かれちまって寂しくて仕方ねえんだよ。

    オレの意見というのも無いことはないが、もうそんなことはどうでもいいだ。

    とにかく突っかかって行って、その反応を見るのがオレのただ一つの楽しみよ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • chitoshaさん 2012/05/14 10:56:51

    尖閣周辺には1000兆の借金なんて吹っ飛ぶくらいの
    メタンハイドエートや海底油田が有るからなぁ
    日本も他人事じゃないよ

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2012/05/14 16:06:15

    My home has been set up solar generation. You also should attach solar generation on your head, shouldn't it ? So your head might a little become good ?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • タックさん 2012/05/15 09:31:59

    オレって、本当に品がない。よく分かっている。

    河馬の撒き糞の後に群がる雑魚の一匹ということも良く知っとるよ。

    だけどな、オレの気持ちも察してくれや。

    年金貰う歳になったとたん、カミサンに行かれちまって寂しくて仕方ねえんだよ。

    オレの意見というのも無いことはないが、もうそんなことはどうでもいいだ。

    とにかく突っかかって行って、その反応を見るのがオレのただ一つの楽しみよ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 匿名さん 2012/05/15 10:43:04

    現在は分裂病とは言わず、統合失調症といいます。(マメ知識)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とらのこさん 2012/05/16 02:57:31

    それらの海域は国際的には帰属不明地帯ですよ。
    旧日本軍が統治し敗戦で放棄しました。
    こういった帰属未定地は住民がいれば住民投票で、無人島であれば周辺国に等しく領有する権利があるので、通常は中間線で決められるか2国間協議で決められるのです。
    しかし、実際には中間線は採用されず、かといって2国間協議も行われず、ただお互いに自分のものと言い合っており、歴史的には・・・とこじつけているのが実情なのです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • てっちんさん 2012/05/19 16:00:16

    本来であれば、旧日本軍が敗戦で放棄するさい、国際条約もしくは占領軍(この場合、旧植民地宗主国か)が、正しく裁定すべき事だったのでしょうけどね。

    日本周辺でもサンフランシスコ条約によるあいまいな定義で困っとります。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とらのこさん 2012/05/19 18:26:43

    通常なら、こんな無人島など誰も見向きもしなかったのでしょうが、戦後は「寸土必争」の時代になり、地上資源が枯渇気味になり、海底資源の採掘能力も上がったことが原因ですね。
    それにしても、旧日本軍が統治しその後放棄させられた土地って、満州、樺太、千島列島、南沙諸島、その全てで石油・ガス系の資源が確認されています。
    石油の一滴は地の一滴と言いながら足下の資源の存在に気づかなかったなんて、泣けてくる話です。
    そういえば、少し前に北海道で石油が発見されたとのこと、まだ探せばあるかも?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ゆたかちゃんさん 2012/05/20 08:38:27

    埋蔵資源を獲得せよ・・・

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

の新着トピック

の新着コメント

以外やフランスが(1)

kiyoshiさん2020/07/08 19:09:08

花の国これからは夏になっても案外涼しいのでしょうか

もうやめてよ(2)

チロさん2020/07/02 22:43:59

(´ー`).。o( そもそも歴史的に過去のインフルエンザも人と豚と鶏が一緒に家で暮らす中国がルーツの事が多かったんじゃない! 本当に困った民族だよね...

もうやめてよ(2)

345kmのソラから見るさん2020/07/02 09:07:38

インフルエンザならもんだいない?

宦官て習う(2)

チロさん2020/06/30 20:19:08

(´ー`).。o( 宮中を牛耳っていた者も居るだろうが、日本の言えば徳川幕府の将軍の側用人みたいな感じだね! ところで、生殖器を切り落とすのは、遊牧...

宦官て習う(2)

いもさん2020/06/29 16:18:39

たまたまぶら下げて心は女です等とふざけたLGBTは見習うべき。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る