P
R

NYで「慰安婦通り」

黙っているとアメリカ中が従軍慰安婦関係で一杯の予感。

何しろ在米アジア系マイノリティーで台頭したがる中国・韓国人の
日系人蹴落としが本格的になってますね。
それぞれの母国の政治を反映してるのかも・・・
日本もしっかり外交頑張らなくては。

NYで「慰安婦通り」改名計画 中国系市議、記念碑も
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20120228103.html

 【ソウル=黒田勝弘】慰安婦問題を材料にした反日行動が内外で目立っているが、今度は米ニューヨーク市で通りの名前を慰安婦を記念するものに改名する計画が持ち上がっている。

 27日付の韓国紙によると計画を推進しているのは中国系のピーター・クー市会議員。自らの選挙区でもあり、韓国系米国人らが多数住んでいるニューヨーク市クイーンズのフラッシング地区で、通りの名前を慰安婦を“追慕”するものに改める条例案をまとめつつあるという。クー議員は1970年代初めに米国に移民し薬局チェーンで成功した事業家。このほか地区の公園に慰安婦記念碑を建てることも計画中という。

 米国では在米韓国人や中国人らによる日本の慰安婦問題を取り上げた反日運動が盛んで、2007年に米下院で日本批判の決議案が採択されているほか、慰安婦記念碑も一昨年、ニュージャージー州に建てられている。

 昨年は在米韓国人団体主催のナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺を生きのびた女性と元慰安婦の韓国人女性の“出会い”といったイベントもあった。また、日本人学校に対し、竹島問題を記述した日本の教科書の使用中止を求める動きもあった。

  • 投稿者:消しゴムさん

    投稿日:

  • カテゴリ:  閲覧数:14874
  • 票数:11

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:16

  • kazuko25さん 2012/02/29 23:40:34

    「私たちは無理やり慰安婦にさせられた」と叫んでますが、実は今のお金にして月給300万円が日本政府から支払われてました。それに韓国の前大統領が世間体があるので買春禁止令を出したところ「私たちに売春をする権利を与えろ」とデモが起こりました。まぁ、日本のマスゴミはそんなことは一切報道しませんけどね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • フリックさん 2012/03/01 00:22:03

    日本の外務省より韓国や中国の外交部が優秀ということでしょう。すでに日本の外務省のレベルもスキルもアイデアも彼らより明らかに劣っていると証明されているようなものです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • t82さん 2012/03/01 02:23:24

    世の中で力を持つのは真実ではなく、分かり易い嘘なんです。戦前のプロパガンダのもとにアメリカも中国も韓国も反日で共闘出来るわけです。ここで看過出来ないのは戦勝国でも無い韓国が、戦勝国連合の中に入り込んでることなんです。反日の間はアメリカが反中国や反韓国に成っていないことも確認出来て一石二鳥なわけです。当時選挙権ももってたのに植民地のわけがありませんよね?まあ、このところアメリカが反日に傾斜していることはとても気に成りますが。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • るーともさん 2012/03/01 03:20:09

    まーたB層のバカどもが吠えとるな。
    慰安婦問題、あったじゃん。
    グチャグチャゆってrんなら、カネ出して反対広告でも打ってみろや。
    ...あ、B層だからカネも度胸もないよな〜。
    「100回嘘を吐けば嘘も真実になると思ってるんだろうな」とか共振してるのてめーらじゃん。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • nami01@寒波さん 2012/03/01 03:52:05

    記事にもある、ホイットニー・ヒューストンさんの
    故郷ニュージャージー州は在米韓国人に占領され、
    州議会までも乗っ取られ在米韓国人に都合のいい法案のみを通すなどやりたい放題されてます。
    地元のアメリカ人議員は特定の民族だけ非難するのは良くないと反対していましたが
    在米韓国人の数には勝てなかったわけですよ。

    ところで1度、朝日新聞記者、植村隆で検索してみて下さい。
    慰安婦を最初に言い始めた記者で、奥さんは韓国人。
    その母親、梁順任は去年詐欺罪で起訴されています。
    日本政府から保証金をとると戦争被害者や当時生きていた人間に対して資金を集めた詐欺罪です。
    ですので慰安婦も植村ではなく、この義母が考えた詐欺だった可能性があります。
    去年に梁の事件を韓国政府に突き付けて慰安婦にも疑問があると言えば良いのに、
    日本政府は遺憾の意があるとだけしか言ってませんね。
    せっかくの切り札を使えてない状態です。もったいない。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ynaruseさん 2012/03/01 07:32:03

    ...戦前、戦中とも日本は法治国家だったと思うんだがなぁ...
    どう言う法の下に従軍慰安婦なるものが規定されていたのか.
    朝鮮半島に対する徴用令って確か終戦の前年だろ?それ以前のはなんだ?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ともくんさん 2012/03/01 09:40:29

    なんかB層が〜
    とか言ってる方がおいでるが、自分には行ってる本人がB層にしか感じませんね。
    どんだけ情弱なんだか…

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2012/03/01 11:34:51

    B層というよりも半島系在日なんじゃない? こう言う連中は、サッサと日本から出て北でも南でも良いから朝鮮に帰れば良いのに。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 豆さん 2012/03/01 12:35:38

    自民時代、宮沢内閣当時の河野洋平内閣官房長官が韓国の一方的な調査書と慰安婦だったと言う一人の老女の証言書のみで(日本政府が調べ上げた調査書と異なる内容・・・政府の調べでは国が関与した従軍慰安婦問題は存在しない。民間による慰安婦募集はありそれに応じた慰安婦は存在するが金銭で親が娘を売ったのが真実。待遇は非常に良かったそうで客の中で日本軍服を着た韓国兵が残忍なので非常に嫌がっていたとの話が伝わっています)韓国の調査が正しいとして従軍慰安婦問題があったと認めてしまったこと、○新聞社がさも事実であるかのごとく報道したことが韓国にたかられる基になってしまった。おとなしいだけでは日本人は中国と朝鮮人の奴隷になり滅亡するまで虐げられます。この事実を皆で世界へ発信しましょう。当時の自民党内にはこの河野発言を非常に怒った議員も多数います。その議員たちを動かしましょう。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 消しゴムさん 2012/03/01 22:20:54

    nami01@寒波さん様

    良いヒント有難うございました。
    調べてみます。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

の新着トピック

の新着コメント

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

ねこの日さん2020/07/08 11:17:14

反日シナチョンこと安倍支持に呼吸する資格はない

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

ねこの日さん2020/07/08 11:16:25

まあなあ。あべしじがあ?苦しんでえ?死ぬ分にはあ?メシウマやもんなあ。ザマアいやいいんだろ

してますよ!ぜったいだー!(3)

ねこの日さん2020/07/08 11:11:41

あなた日本人ですか?糖質文章にしかみえんですけど

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

うさぎさん2020/07/05 10:25:50

え…乾燥わかめで… 

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

ぱぴさん2020/07/04 23:21:39

乾燥海苔でノロウイルスってのがちょっと前に有りました

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る