P
R

これ、ほんとに国道自転車走るの?

田舎なのか、こっちでは歩道走るほうが安全だとおもうのですが、
みんな走るのかなぁ〜車道、勇気いるなぁ〜

  • 投稿者:康平健太さん

    投稿日:

  • カテゴリ:  閲覧数:12259
  • 票数:5

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:22

  • KIMIのブタちゃんさん 2011/11/13 05:01:30

    車道に制限速度があるように(住宅街の制限速度を守る車をあまり見かけませんが・・・)、どうしても歩道を通りたいという自転車に対しての制限速度が欲しいところです。
    自分の住んでいる地域では、自動車と似たり寄ったりなスピードを出して歩道を駆け抜けていく自転車がいるので。
    そして不思議なのがそういう彼らの頭の中に、歩道を歩行者が歩いている、交差点で自動車や自転車に出くわす、といった考えがないことですね。
    今まで事故に遭ったことがないからなのかもしれませんが、自転車は被害者にも加害者にもなることがあるので気をつけたほうがいいと思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • マローンさん 2011/11/13 06:57:20

    歩道は歩行者のためのもの、自転車は車道を走るのが当然です。 
    それが危険ならば、自転車専用道路とか、次善の策をとるべきでしょう。

    車道を走る、交通法規を守らない自転車が事故を起こすのは自業自得で、運転免許のように自転車にも交通法規や実技の習得の機会があればいいのです。

    ただし、幼児・高齢者・幼児を乗せたお母さんのような、スピードを出せない自転車は歩行者に準じた扱い。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • yomoさん 2011/11/13 07:19:45

    歩道を歩いている歩行者はビュンビュン走る自転車に勇気が要るのでは?
    携帯を片手に(意識は完全に携帯に・・・)歩道を走っている若者、歩行者を傷つければ大変だよ。
     20・30代の主婦も子供を前に乗せ携帯見ながら歩道を走っているって最悪!結構見かけます。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • あきちゃんさん 2011/11/13 08:15:24

    便利だからと言う事で自転車に乗っている人が多い。元々軽車両なのだが、今の人は知らない人が多い。車両として認識して自転車に乗って貰う必要があるので、今の皆さんの議論は必要と思う。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 康平健太さん 2011/11/13 08:28:50

    いろいろな意見ありがとうございます、私はウオーキングもしてますし、自転車も2台もってますし、車も持っています、みんながマナーを守っていればこういう話もでなかったのかもしれませんね、ありがとうございました。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ynaruseさん 2011/11/13 11:20:24

    全ての車両がルール守ってりゃ良いんだけどね.
    車が路註するは、自転車は右走るは、歩道から飛び出すは、携帯平気で操作するは...
    そりゃ事故も起きるし、走行自体が怖いでしょw

    まずルールの徹底、それをしないと無理でしょ.

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • シュウマイさん 2011/11/14 11:41:41

    一部の悪質な自転車運転する人がいるから、事故が増えて道路の路側帯を走るようになるだよなぁ。国道を路側帯は狭いし、雨水のマスで段差あるし、怖いですね。路側帯を走るようになれば、自転車の逆走 無灯火自転車、飛び出しで、車と自転車の事故が増えるでしょうね。事故が起きれば車の運転手だけが逮捕され、可愛そう。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 一匹のひつじさん 2011/11/15 04:53:02

    ルールを作っても取り締まりができなければ、結果としては意味がありません。
    自転車に車道を走らせる環境づくりも整わないままではすべてに危険です。
    実際自転車で走ってみると、私はバイクが一番怖いです。ものすごい勢いで車と自分との間を抜けるように追い越されます。車より当て逃げしやすいですし無保険車も多いと聞きます。
    自転車マナーが悪いから法律通りに車道に追い出せと言うのは安易です。取り締まりのできる環境づくりをして(車にナンバー登録があるように)取り締まればマナーも身に付くでしょう。車だっていまだに携帯電話使ったり捕まらなければいいやという人もいますが、取り締まり以前よりは激減していると思います。
    それから、子供を乗せた自転車がすべて合法になったわけではないと思うのですが…・確か条件付きだったような…

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • minoriさん 2011/11/16 00:04:48

    私もルールだけ作っても仕方ないと思います。飲酒運転も罰則が厳しくなってきてやっと減ってきたと思います。
    人間最後は自分が一番かわいいから"自分は大丈夫"とか"自分は関係ない"とか勝手に決めつけていると思います。
    相手があることなので絶対はないのですから、歩行者だけ、自転車だけ、自動車だけが気をつけても事故は減りません。
    歩行者だって横断歩道以外の好きなところを堂々とゆっくり横断する老人をよくみかけます。
    何人も横に並んで通行を妨げてる歩行者(学生)もいます。
    自転車は無灯火は当たり前で、猛スピードで対向車へ接近して目前でよけたり、交差点では一時停止もせず、音楽聞いていたり、携帯いじってたり。
    自動車もベビーカー通れないほど乗り上げて駐車したり、タクシーはいきなり停まったりドア開けたり(ドアに衝突しかけたことあります)、左折の横断歩道に猛スピードで進入しようとしたり(歩行でも自転車でも青信号横断中に何度もひかれかけかけました)、遅い時間帯の信号無視の車両は山ほどいるし(青になっても横断し始められない)。
    自動車なのて罰則あっても守ってないモラルの欠けている人も多いのに、罰則設けず自転車走行車にルールを守らせるなんて不可能ではないでしょうか。

    何にしても歩行者は飛び込んでくる凶器から身を守る術はないのだから、ルールを作ったのなら、もっと具体的に法規制や道路の整備をすべきですね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ケラツィンさん 2011/11/16 03:05:08

    サイクルレーンは作ったほうがいいですよね。
    自転車人口の増加が一時的ではなく、これからの社会の傾向、というレベルのものならば、当然車両や歩行者との棲み分けは必要になってくると思います。ただ、当方も田舎なのでわかるのですが、いわゆる幹線道路沿いの殆んど歩行者のいない歩道、というのも割りとあるんですよね。
    下手すると軽トラックとか走ってるもんな(笑)。
    そういうところまで「公共事業だー」言って工事始められたりすると、その費用はもちろん税金なわけで、「え〜〜〜!?」ってなっちゃいますよね。
    やりかねないんだよなー、国は。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

の新着トピック

の新着コメント

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

ねこの日さん2020/07/08 11:17:14

反日シナチョンこと安倍支持に呼吸する資格はない

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

ねこの日さん2020/07/08 11:16:25

まあなあ。あべしじがあ?苦しんでえ?死ぬ分にはあ?メシウマやもんなあ。ザマアいやいいんだろ

してますよ!ぜったいだー!(3)

ねこの日さん2020/07/08 11:11:41

あなた日本人ですか?糖質文章にしかみえんですけど

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

うさぎさん2020/07/05 10:25:50

え…乾燥わかめで… 

「乾燥わかめ」で、集団食中毒か?(13)

ぱぴさん2020/07/04 23:21:39

乾燥海苔でノロウイルスってのがちょっと前に有りました

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る