P
R

生肉を食べる習慣は無くしましょう

富山の焼き肉チェーンで食中毒で2人のお子様が亡くなられたニュースを聞き、心よりご冥福をお祈りいたします。
テレビの報道を聞いて愕然としました。
それは、生食用の肉の加工に関して器具を常に熱湯消毒するなどの国の基準満たしている処はないとの報道が有った事です。
今日、蓮舫・消費者および食品安全担当大臣が店に行ったら子供や老人は控えてくれ、生食用の肉かどうか確認をして安全を確認して食べるようにして欲しい旨、話をしていたが報道が正しいとすれば矛盾を感じる。
そもそも生で食べられる肉が無いのであれば、どこの焼き肉店でも売っている「ユッケ」はなんなんだろう?
何故、ずっと厚生省や保健所は黙認していたのだろうか?
行政の怠慢である。
これを機に規制強化されるであろうが、もう信用できない。
これからは生肉を食べる習慣は無くしていきましょう。

  • 投稿者:うぉーキングさん

    投稿日:

  • カテゴリ:身近なニュース  閲覧数:10036
  • 票数:11

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。

読み込み中...
PR 本広告はポイント獲得対象外です

【お知らせ】コメントへの返信機能がつきました。皆でコメントして盛り上がろう!

みんなのコメント コメント数:40

  • MMKさん 2011/05/05 21:52:26

    言われてから土下座したのね・・・まあ、焼肉店社長の土下座も途中から見たから前後は分からないけどね、報道してるマスコミ自体が信用できないし・・・

    実家の母が大の肉嫌いだったせいか、生肉は絶対ダメって言われて育った。
    唯一食べれるのが馬刺しですが、言うと母に怒られるから内緒にしてる。
    いくつになっても母は怖し・・・?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • sawaさん 2011/05/06 14:20:52

    ふぐは食いたし命は惜しし

    このトピを見て思い浮かんだ先人のことばです。
    それだけです、ごめんなさい。

    時に食中毒にはわさびの感が強い私ですが、
    今回の菌はわさびを食べてもだめだったんですかね?
    ふぐの毒には無効でしょうけど。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 人生が変わる深イイ話さん 2011/05/06 22:09:10

    4人を死亡させた焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」及び同チェーンを経営するフーズ・フォーラス社が、広告代理店「電通」に金を出して作ってもらったTV番組(宣伝番組)の­一部がこの動画です。

    人生が変わる深イイ話【殺人焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」】

    You Tube / http://www.youtube.com/watch?v=jYqX3b4VMbY

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • クレしんさん 2011/05/08 04:50:37

    食べ物にいちいち行政の責任を問うのは疑問です。蒟蒻ゼリーしかり、餅を喉に詰まらせたしかり、何でも行政の責任にしていたらキリがありません。食物については食べる人、食べさせる人の自己責任です。あまり行政・行政と言っているとその内、食べる物が無くなりますよ。考えてみてください、肉を生で食べるなんて考えがそもそもオカシイのです。今回お亡くなりになった方には申し訳ありませんが生肉以外の物を食べて命を落とした人もたくさんおりますし、行政で取り締まっている「ふぐ」で亡くなった人もいます。まず自己責任であることを肝に銘じるべきです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • うぉーキングさん 2011/05/08 17:03:34

    クレしんさんへ
    自己責任と一言で片づけてしまえば簡単ですが、全てが行政の責任であるなんて一言も言っていません。
    蒟蒻ゼリーや餅の件は、健常者が食べる時は確かに自己責任です。
    しかし、「ふぐ」の毒にあたった場合は、自分で釣ってきて調理したものではなく、飲食店で食べたのであれば、自己責任ではありません。都道府県知事の許可を受けた「ふぐ」の調理に関しての有資格者である、調理人の責任です。
    同様に、食中毒を飲食店が出した場合も同様に店の責任であって、自己責任などではまったくありません。
    ここで言いたい事は、食中毒を出した焼き肉屋さんは勿論、当事者として重大な責任が有ります。
    しかし今回の場合、生食用の肉そのものが流通していないにもかかわらず、生肉を出している店を黙認、あるいはチェックもしていないのは、保健所なり所轄官庁の怠慢が有った為に、このような事態になったのではないか?という問題提起をしたのです。
    消費者は「食の安全」に関して、法律と同様に様々な規制や規則によって守られています。
    消費者の権利ばかりを声高に主張するつもりなど毛頭ありませんが、「自己責任」などと、簡単に言える事では無い筈です。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/05/08 17:30:21

    取り合えず、「自己責任」の店は、看板にハッキリとそう書けば良いんじゃない。(メニュー毎に、その表示が有るのでも良い。) 死んでも食べたい物は食べたいのが人情。店に入る前に選択出来る仕組みが確立されていたら、個人的にはOKだな。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • きびしいさん 2011/05/08 20:28:10

    私の意見
    人間である以上、焼肉を食べるなとは言いませんが、
    焼肉をたとえ、一生食べなくても、死なないよ。
    私に対する批判が出るかもしれませんが、
    だって、食べなければ、行かなければ、
    死ななくても済んだはずと思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 一文字さん 2011/05/08 22:49:08

    生肉が問題ではなく、今年は食中毒の当たり年の可能性も。
    梅雨入りしたら、他の食べ物でも続々発症しません様に。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • クレしんさん 2011/05/09 05:45:02

    うぉーキングさんへ
    私が言いたかったのは、もともと生肉を食べることは最近のことでしょう。私が若かった時代にはそのような習慣はありませんでした。終戦後の食糧難の時代には野草を食べ、昆虫まで食べ命をつないできました。でも、どれが食用に適しているか、いないかは先人たちの知恵で会得したものです。行政からの情報などありませんでした。先人達の知恵を信じるか信じないかは「自己責任」でした。
    今回、幼い子供に「生肉」を与えるなんて信じられません。子供は犬や猫とは違います。一生「生肉」を食べなくても死ぬことはありませんよ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • saorinさん 2011/05/10 13:04:26

    namakemonoさんの意見に同感。
    食べさせた親にも責任があると思います。
    ねだられて…というなら、せめて子供の前では食べないようにすべき。

    私も3人子供がいますが、生肉を食べさせるなんてビックリです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

P R(ポイント対象外)

身近なニュースの新着トピック

身近なニュースの新着コメント

最近地域猫の話を見なくなったな〜(4) NEW

terraさん2018/07/18 01:48:58

ナオマーさん、情報をありがとうございます〜♡

百貫デブホラフキン、これどうぞw(5) NEW

転勤族さん2018/07/18 00:51:05

そして『赤っ恥の百貫デブホラフキン』は、掲示板から・・・w

最近地域猫の話を見なくなったな〜(4) NEW

foxさん2018/07/17 22:44:36

★他人を待たなくても、自分で投稿スレーば、いいんじゃねー

最近地域猫の話を見なくなったな〜(4) NEW

foxさん2018/07/17 22:27:02

★中小 (笑)

最近地域猫の話を見なくなったな〜(4) NEW

ナオマーさん2018/07/17 17:13:16

色々いやがらせ書き込まれて、ここには出していないよ。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

P R(ポイント対象外)

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る