P
R

TPPはどうなる

協定が成立すれば農家の駄劇が大きい

  • 関連ワード
  • カテゴリ:政治・経済  閲覧数:8256
  • 票数:1

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

【お知らせ】コメントへの返信機能がつきました。皆でコメントして盛り上がろう!

みんなのコメント コメント数:35

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/14 17:32:12

    満足なセーフティネットが用意されていなければ、百姓一揆を起せば良い。言うまでも無い事だが、矛先は民主党だ!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 通りすがりさん 2011/01/14 23:03:22

    残念ながら、先日農林水産省が発表した2010年世界農林業センサスの結果からすると、
    <http://www.maff.go.jp/j/tokei/sokuhou/census10_gaisuu/index.html>参照
    総農家数は252万9千戸で、5年前に比べて32万戸(11.2%)減少した。
    このうち、販売農家数は163万2千戸で5年前に比べて33万2千戸(16.9%)減少し、・・・
    販売農家の農業就業人口は260万6千人で、5年前に比べて74万6千人(22.3%)減少した。

    とありますので、規模的に一揆はおこせないでしょうね。
    JAさんは、集荷減+農家を漬物にしていた原料の肥料や農薬が売れなくなるので必死でしょうが・・・

    TPP云々ということではなく、農業を今後どうするのか。どこまで税金を注ぎ込めるのか。その財源はどこから稼ぐのか。
    ということを考えないと・・・・
    基本的に企業からの税金を農業に注ぎ込むのでしょ。
    その税金が入らなければ元の木阿弥ですよ。
    消費税にしてもその多くは企業が負担してますし・・・

    それに「百姓」という言葉は、農業をされている方には失礼な言葉だと思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • nami01@ねぶた祭さん 2011/01/15 02:10:12

    じゃあ輸出すれば良いじゃないって言ってた経済界のアホは死んで良いよ。
    お前ら円高でどれくらい苦労してるんだよ。
    日本の高い作物を買えるのは一部の金持ちだけだろうに。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/15 16:44:50

    >それに「百姓」という言葉は、農業をされている方には失礼な言葉だと思います。

    農民(農家)による「一揆」を表す日本語で、「百姓一揆」以外、思いつかんからな。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/15 19:39:48

    世界で全く通用しない民主党内閣も、サッサと辞めた方が良いんじゃないか!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/16 13:02:28

    民主党よりは、通用してただろ!

    (前政権の時は、北方四島の返還交渉の余地も有ったし、尖閣諸島の件でも中国も最近の様な強硬姿勢を示していなかった。政権交代から1年あまりで、日本の国際的地位はボロボロになった。)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • hota1868さん 2011/01/17 07:35:57

    是々非々を踏まえて、推進すべき

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ブリさん 2011/01/17 09:24:10

    いい加減効率の悪い農業の改革をする良い機会だろ
    保護保護って農家は障害者か
    輸出あきらめて目指すところってどこにあるんだよ

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/17 15:59:51

    政府が、輸出でも競争力のある農場の見本を、国営農場として示せば良いんじゃないか? 利益が上がるのだろうから(?)、まさか税金の無駄遣いにもならん筈だ、・・・ろうな?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • クマリンさん 2011/01/17 16:12:02

    農林副大臣が、林業の成れの果てがTTP後の農業だと説明する。これは、単純で分かりやすいですな〜

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 通りすがりさん 2011/01/18 00:31:18

    わかり易いのはいいですが、それで日本経済を崩壊させてまで守る価値ありますか?
    という問いにはどう答えるかが問題。

    どういう方針で、どこまでなら税金をかけられるか?

    韓国のように、利益をうる企業に負担を求める手はありますが、それも程度問題でしょうしネ!

    理屈の整理さえ付けば、チロさんのおっしゃる国営農場もありでしょうね。
    どこぞのような強制収容所にはならないと思いますので、雇用対策にはなります。
    但し、過疎地や福祉職場、地方の旅館などなら、今でも人手不足ですから、同じかも知れませんが・・・・

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • こたつでPCさん 2011/01/18 01:45:57

    いまさら世界の流れに乗らない訳にはいかないだろう。
    それとも日本はふたたび鎖国しますか。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/18 11:14:47

    農業(漁業もか・・・)が、国家の安全保障上、あるレベル以上に維持する必要のある産業で、TPP以後それが民間で無理なのなら官で行うしかない。農業を続けられない農家から安値(昔、社会党が地主から買い取った価格程度)で農地を買い取り、国営農場として維持すれば良い。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/18 16:10:45

    民間でも大きな問題も無く出来そうな郵政は、サッサと民営化しなくていいのか?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • よねちゃんさん 2011/01/18 17:02:08

    保護ばかりしてきたから今の事態を招いてしまったのでは!?
    子供だって、過保護にし過ぎてきてとんでもない子供が増えてしまったのに・・・。
    現状からは早々に脱却すべきだと思いますけどね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 通りすがりさん 2011/01/18 23:31:37

    保護というか、過干渉というか、昔の銀行と同じ護送船団方式で
    みんな考えなくても云われたとおりやっていれば儲かる方法を農協と自民党がタッグをくんでやってきたことが今の元凶。

    もっとも、戦後オイルショックのあたりまでは、そうでもしないといけなかったのも多分本当でしょうが・・・・

    それを利権にして、ずっとしがみついてきたから、世界の流れにのれなかった。

    もうこの話は通用しないのだから、考え方を変えないといけません。
    しかし、今この手の話をきちんとまとめられるのは、農水官僚しかいない気がするのがつらいところですね。

    決して素人政治家が、政治主導でやってはいけません。
    利益誘導が専門の政治家が口を挟んでもダメだけど。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/19 13:18:25

    まあ、上手くいかなかった時の責任は、今なら民主党に成るのだから、サッサとTPPを受け入れれば良いんじゃないか! 最重要と思うなら、衆議院で強行採決すれば良い。(現状、若干無理かな・・・) 野党としては、反対して置けば間違いない。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • キムジョンイルさん 2011/01/19 15:45:01

    そもそもこの問題を菅首相が突然推進し始めて、マスコミもこぞって賛成していることに
    胡散臭さを感じます。
    日本への農産物輸出増加を狙うアメリカの意向が働いている可能性があります。
    TPPへの参加は慎重な議論を経て決定されるべきだと思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ケンケンさん 2011/01/21 09:15:33

    アメリカが日本を食い物にしているって言うけど日本だって世界を食い物にして成長したんだろ 現状だって外需依存
    アメリカが嫌で独自路線っていうならプランがないと只の仲間はずれになるだけ
    韓国にやられたニュースばかり目にするでしょ?FTAとか明確に目標もって動いているからだろうね 日本は完全に受身 

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/21 11:46:23

    >米国様のご意向なら、 米国追従信者の皆さんは  賛成  でいいんじゃないの?

    反対だが、民主党の大失策を期待して、静観じゃ! (まあ、一旦、日本の農業が壊滅した方が、大規模国営農場が造り易いかも知れんしな。)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • キムジョンイルさん 2011/01/22 15:20:51

    オバマ大統領はリーマンショック後の不況で輸出を増やさなければならなくなり、
    中国にも頭を下げているのが現状です。
    自民党政権下とは状況が変わっているのです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/23 10:05:56

    >大嫌いな黒人を大統領にまでして、チェンジしたかったのかわかりませんか?

    某国のインチキ政党見たいに、バラ色の夢物語を餌に「試しに1度やらせて・・・」 とか言ったんじゃない?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • t82さん 2011/01/23 10:47:02

    TPP結んだら、ばら色の未来が開かれるとでもお思いでしょうか?あと韓国みたいに閉鎖的な国が何を結んだって輸入する気が無いんだから意味ありません。相手国も百も承知ですよ。日本はどうする気なのかと間接的な圧力を掛けたかったのでしょう。それが分からない振りするのが日本クオリティー。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • キムジョンイルさん 2011/01/24 16:30:51

    リーマンショック前後で米中経済同盟による金融業・輸入重視から製造業・輸出重視へと
    アメリカの方針は大きく変わっています。
    中国に対してはパートナーからライバルへと180度転換しました。
    そのため外交・軍事的には日本無視から日本重視へと変わりつつあります。
    ただ経済的には日本もライバルの一つに変わりはない訳です。

    TPP加盟は国益を考えて慎重に判断しなければなりません。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/24 19:30:40

    >無能を立証する事になるので、自民党さんは反対でしょうね。

    民主党の政策(前政権から続けられている物を除く)には、だいたい反対しておけば、現政権の無能を立証できるからな!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2011/01/25 11:26:54

    子供手当などのばら撒きを止めたら、10%ぐらいの消費税増税には賛成なんじゃないか?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

政治・経済の新着コメント

基幹鉄道は、全国1社でやりましょう(6) NEW

絶対匿名さん2019/05/27 00:05:25

多くの会社で、正社員が極端に少ないのは、1993年〜2005年入社組。2009年〜2015年入社組。後者はリーマンショックの影響によるもの。後輩を指導する適任者...

基幹鉄道は、全国1社でやりましょう(6) NEW

絶対匿名さん2019/05/26 23:50:07

最近、電車で、見習い運転士と同乗している指導運転士が年配の人ばかりだ。60歳くらいの人は、現場を退き、事務所などで管理職となっていたが、指導出来る30歳代後半〜...

OK Google except Chi...(42) NEW

興賢さん2019/05/26 19:49:58

佑賢

OK Google except Chi...(42) NEW

興賢さん2019/05/26 19:40:24

これ、覚えているよね?

OK Google except Chi...(42) NEW

興賢さん2019/05/26 19:28:25

私は、日本人・三国人・欧米人でも”自身の事だけを考えて、ホラを平気でふりまく奴”には厳しくするけどね。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る