P
R

マイケル・ジャクソンと紅軍のビート・イット!ちょっと異色な組み合わせの面白映像!

先月の6日に、香港の人がYou Tube動画へアップしたある中国人が作った動画で、元々、土豆網より転載された面白映像のようです。

この作者は、この動画に映っている紅軍(人民解放軍)のオーケストラに登場している人物達の動作を、故人である『Michael Jackson』さんのヒットソングで「Beat It」に合わせてMIXさせて作り上げたようです。結構上手な編集と思われ、ちょっと面白い感じがしたので紹介しました。

下記のチャイナ・スマックの記事(英語)でも、土豆網の動画などが紹介されています。

                              ↓

  ttp://www.chinasmack.com/2010/videos/red-army-orchestra-parody-internet-meme.html

  • 投稿者:China Smackさん

    投稿日:

  • カテゴリ:音楽・アーティスト  閲覧数:11709
  • 票数:7

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:3

  • きいとさん 2010/08/13 22:25:03

    上手く作られてますね。
    また、ギャップが面白い。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • China Smackさん 2010/08/14 12:49:57

    ほんとですね。マイケル・ジャクソンの”Beat It”と、人民解放軍のオーケストラとコラボした編集映像なんて、想像すらつかないですからね。

    好評だったようなので、お盆期間中は、この紅軍を編集した動画特集で行こうかと考えております。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • China Smackさん 2010/08/20 01:07:44

    この動画は、当初は台湾で話題になっていたそうで、今年の7月2日にマイケル・ジャクソンの命日(6月29日)に合わせて、中国の動画共有サイトの「土豆網」に投稿されたそうです。編集に使用されているこの映像は、1976年の映画「長征組歌」の中の「四渡赤水出奇兵」が由来らしく、歌っている男性は”馬国光”という人物らしいです。

    blogmag → ttp://blogmag.ascii.jp/tokyocurrydiary/2010/08/post_179.html

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

音楽・アーティストの新着トピック

音楽・アーティストの新着コメント

(雨音はショパンの調べ - 小林麻美)掲...(1) NEW

ゆうきちゃんさん2022/05/27 11:28:27

I like Shokupan.

(洋楽)掲示板の廃止まで1曲でも心に残れ...(1) NEW

バイクマスタ─さん2022/05/27 09:42:09

ノッティングヒルの恋人で使われた曲ですね。

(k-POP)掲示板の廃止まで1曲でも心...(2) NEW

横浜の星さん2022/05/27 04:43:33

ユーミンさん コメントありがとうございます

(k-POP)掲示板の廃止まで1曲でも心...(2)

ユーミンさん2022/05/26 07:26:03

大好きなグループ!中毒性のある曲・・・

(バラード)掲示板の廃止まで1曲でも心に...(1)

横浜の星さん2022/05/24 04:32:10

本当に心にしみる曲です

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る