ビニールハウス栽培被害

最近ビニールハウス栽培に携わってる人にかなり深刻な病気が有るそうです。
長年ビニールハウス栽培では長年同じ土では作物を作ってると作物が育たない為、薬を使って
土壌改良をしてるそうです。其の影響で農家の方色々病気に掛ってるそうです。
色んないみで大変だそうです。
皆さん野菜は形、姿にとらわれず全部食べましょう。
作った人の苦労を考えたら無駄は止めましょう。

  • 投稿者:namakemonoさん

    投稿日:

  • カテゴリ:身近なニュース  閲覧数:3676
  • 票数:12

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:1

  • 猫のゆりかごさん 2009/05/15 12:49:29

    野菜農家の立場から。
    野菜は出荷の段階でサイズや形が細かく分けられ、また年間取引が可能にするためにビニールハウスは多用されています。
    虫や傷、病気なんかはもってのほか、市場取引すらないと思います。
    また形がいびつなものは売れないことと調理がしにくいとのことでこちらも集荷・出荷段階でチェックされます。
    薬品についてはどの成長段階でどんな薬品を使ったか、また製品になった段階で農薬の成分が残らないようにあれこれ指導され、また最近はそれらを文書化して生産団体に提出し出荷したものを無作為に検査するので市場や店頭には安全・安心な農産物が提供されています。
    でも出荷できないいびつな野菜も0ではないのでそれらの処分方法を尋ねられると『勿体無い!!』との声もしばしば訊かれます。
    いびつで出荷できない野菜の上手な二次利用法の確立は生産者にとっても興味あることです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

身近なニュースの新着コメント

「マスク不要」のスタンスに変化か、新型コ...(3) NEW

イッチーさん2020/04/03 01:14:06

その通りですねあ

「マスク不要」のスタンスに変化か、新型コ...(3) NEW

さっぱりきっとさん2020/04/02 23:41:08

>所得制限(800万以下)で現金給付と、個人店舗等への補償

マスク不足の原因の一部(7) NEW

さっぱりきっとさん2020/04/02 23:10:46

アイリスオーヤマのアイリスプラザでのマスク販売

マスク不足の原因の一部(7) NEW

よたろうさん2020/04/02 07:55:08

マスクの原料は不織布で、不織布の原料は化学繊維。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る