カードローン

在籍確認なしのカードローンはあるのか?審査の電話を回避する方法と電話連絡なしの業者を紹介

在籍確認なしのカードローンはあるのか?画像
「カードローンで借入したいけど在籍確認が不安・・・」

カードローンに申し込みすると在籍確認があり、勤め先に電話がかかってきますよね。

勤め先にカードローン会社から電話があると、「借金しようとしていることが他人にバレないか?」などの不安がでてきます。

そのため、「在籍確認なしで借入できるカードローンを知りたい!」という人も多いようです。

では、そんな在籍確認なしのカードローンは存在するのでしょうか?

そして、どのようにしたら電話での在籍確認を回避できるのか、その方法についても詳しく説明していきます。

原則在籍確認なしのカードローンは存在しない

いきなり結論を書いていしまいますが、原則在籍確認なしのカードローンはないと知っておきましょう。

カードローンの審査で在籍確認は重要な項目であるため、どの会社であっても必ずされます。

なぜなら、在籍確認をしないと本当に申告通りの職場で働いているか確認がとれず、無職などの収入のない人にお金を貸してしまう危険があるからです。

また、本当はすでに会社を退職しているのに、まだ働いていると虚偽申告の申込に対しても融資をしてしまうリスクがあります。

そうした人にお金を貸すと、支払い能力が乏しく、返済してもらえないリスクがあります。

このため、カードローンの審査ではどの会社も必ず在籍確認をするのです。

カードローンの在籍確認は電話以外の方法も存在します

カードローンで在籍確認は必要と説明しましたが、在籍確認は電話で取る方法と、電話以外の方法があります。

カードローン会社は電話での在籍確認が一般的ですが、仮に電話で在籍が取れない場合は、書面等で本当に勤務しているのか、確認を取ります。

この電話と電話以外の方法も含めて「在籍確認は必ずある」ということになります。

なにも在籍確認をしなければ、本人申告が仮に一部上場会社の部長で、年収2,000万円と言えば、それが与信判断となり、本来以上に大きな限度額で貸付をしてしまう恐れがあります。

もし、無職の人が上記のような虚偽申告で100万円借りた場合、当然無収入なので返済することができません。

それに加えて、虚偽申告する人の多くは、お金を借りたいだけであって、返済することは二の次です。なので、一度お金を借りてしまえば高確率で滞納となり、貸倒になるケースが多いのです。

電話以外の在籍確認はどのように取るのか?

電話以外の在籍確認方法は、書面で取る場合が多いです。

会社に勤務していると証明できる書面を、申込者から提示してもらいます。主に下記の書面の提示を求められます。

電話以外在籍で求められる書類

  • 直近の給料明細(2ヶ月分)
  • 会社の健康保険証
  • 社員証
  • 名刺

会社に在籍している証明として確実に求められるのは、直近の給料明細書と会社の健康保険証になります。

それに加えて社員証や名刺も提示を求められる場合があります。

もし電話での在籍確認が取れず、給料明細と健康保険証の提出ができない場合は、高い確率で審査落ちになります。

最初から電話以外の在籍確認で依頼することは可能なのか?

在籍確認には2通りあり、電話と電話以外の方法と説明しました。

電話以外の方法に関しては、あくまで在籍確認の電話を会社にしたものの、何らかの事情で在籍が確認できなかった場合に行われるものです。

そのため、最初から電話以外の方法で在籍確認を取って欲しいと業者に依頼しても、応じてくれるところと、応じてくれないところに分かれます。

カードローン業者から見れば、電話の在籍確認を嫌がる人ほど、会社を退職していたり、第三者になりすまして申込している可能性が考えられます。

このため、電話以外の在籍に応じてくれるかどうかは、その人の申込内容、与信の程度など、審査次第としか言えない部分があるのです。

専業主婦の場合は在籍確認なしで借りられる

例外的に、専業主婦の場合は在籍確認をされないことが多いです。

一部の銀行カードローンであれば、収入のない専業主婦でも利用可能となっていますが、そもそも専業主婦は働いていないため、在籍確認のしようがありません。

そのため、専業主婦は在籍確認をされないことがほとんどです。

ただし、専業主婦が銀行カードローンを利用するには、配偶者に収入があることが条件です。

また、銀行によっては配偶者の職場に在籍確認をされるという噂がありますが、原則配偶者の勤務先に電話をすることはありません。

なぜなら、配偶者は契約とは関係なく、配偶者に内緒で申込している人がほとんどだからです。もし、配偶者の勤務先に電話をして配偶者が電話に出たら、どうするのでしょうか?

消費者金融は専業主婦に貸付ができないため、融資をするなら銀行カードローンになります。

銀行カードローンが配偶者の了承なく、勝手に在籍確認をすることは考えられません。

このことから、専業主婦が銀行カードローンで借りる場合は、勤務先の在籍確認に関してはありません。

大手消費者金融なら在籍確認の電話を回避することは可能か!?

ここまでお伝えしたように、カードローンの在籍確認(電話または書面)を完全になしにすることはできません。

しかし、次の大手消費者金融4社なら、会社への電話ではなく「電話以外の方法」にする相談が可能となっています。

消費者金融業者 電話での在籍確認 在籍方法の相談
アコム
アイフル
SMBCモビット WEB完結なら無し
レイクALSA

先ほど、最初から在籍確認を電話以外の方法で依頼することは難しいと書きました。

しかし、これもあくまで審査次第と言えます。

審査次第とは、仮に信用情報も全く問題なく、自宅が本人名義の持ち家、配偶者や親と同居していて、無職や勤務先を退職している可能性が極力低い申込者であれば、業者側は無理に電話での在籍確認を取らずとも、書面で応じてくれる可能性があります。

逆に、信用情報で負債が多く、勤務先も不審点がある申込者であれば、業者は必ず電話での在籍確認を実行します。

このように、すべては与信次第なのです。与信が低ければそれだけ電話以外の方法で在籍確認を受けてくれる確率は低くなるでしょう。

在籍確認が不安な人はSMBCモビットの「WEB完結」がおすすめ

電話での在籍確認の回避したいなら、SMBCモビットの「WEB完結」が最もおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結とは、その名のとおり、すべての契約手続がネット上で完結するというサービスになります。

連絡手段はメールのみとなるため、電話連絡は一切なく、勤務先への電話も入りません。

在籍確認は無くなるわけではありませんが、電話以外での在籍確認で対応するため、社会保険証もしくは組合保険証を提出するという形になります。

SMBCモビットのWEB完結は、電話連絡・郵送物なしを最初に行ったカードローンで有名です。

電話連絡を一切なしにするため、SMBCモビットは他社よりもWEB完結条件を厳しく設定しています。

SMBCモビットのWEB完結条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている
  • 本人確認書類として運転免許証またはパスポートの写しを提出
  • 収入証明として源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書のいづれかを提出
  • 勤務先確認として社会保険証もしくは組合保険証と、直近1ヶ月分の給与明細書(収入証明で給与明細以外を提出の場合は必須)の提出

上記がSMBCモビットのWEB完結条件となります。

逆に言えば、社会保険証もしくは、組合保険証の取得がない人、または三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいづれかの口座を持っていなければSMBCモビットのWEB完結は申込ができません。

その場合は、通常の「カード申込」となり、郵送またはローン契約機でカード受取をすることになります。

アコム・アイフル・レイクALSAの電話以外の方法は特例

アコム・アイフル・レイクALSAは、電話以外の方法で在籍確認をすることが審査次第で可能ですが、あくまで電話以外の方法は特例ですので気をつけましょう。

SMBCモビットのWEB完結のように正式なサービスではなく、与信や審査担当者の判断次第になります。

よって、必ず電話以外で在籍確認を取ってくれるわけではありません。お金を借りる側において、在籍確認はかなり重要な要素となります。

実行されるか不明な、審査担当者決裁ではなく、SMBCモビットの正式サービスで申込する方が断然おすすめと言えます。

銀行カードローンはほぼ確実に電話で在籍確認されます

銀行カードローンの在籍確認は、ほぼ確実に電話でされると思っておいてください。

銀行カードローンの場合、消費者金融よりも審査が厳しいため、その辺の融通が効かない傾向にあります。

少なくても当サイトがいままで調査した範囲では、書類提出OKな銀行はひとつもありませんでした。

このため、銀行カードローンの申し込みすると、ほぼ確実に勤め先に在籍確認の電話があると思って間違いありません。

そして、銀行カードローンは大手消費者金融のように自宅への郵送物なしも行っておりません。

勤務先へは電話で在籍確認をとり、自宅へカードを郵送することによって在宅の確認も兼ねているのです。そして銀行カードローンは封筒に銀行名が普通に印刷されています。

消費者金融は借り手のプライバシー保護を考え、封筒に社名は印刷されていません。

確かに、銀行と消費者金融では郵送物1つ見ても、印象が全然違います。銀行ならキャッシュカードの郵送かもしれませんし、即借金にはつながりません。

しかし、消費者金融の社名封筒が送られてくれば、それは即借金につながります。

銀行名の印字がされた封筒でも、同居家族等に見られたくないのであれば消費者金融に申込することをおすすめします。

カードローンの在籍確認は怖いものではないと知っておこう!

在籍確認は勤め先に電話されるため、恐れる気持ちはわかりますが、カードローンの在籍確認は決して怖いものではありません。

それはなぜかと言いますと、以下の3つの理由があるからです。

  • 電話は「非通知・担当者の個人名」でされる
  • 電話内容は簡易なものとなり1分程度で終わることが多い
  • 他人に在籍確認であることは決して言わない

電話は「非通知・担当者」の個人名でされる

在籍確認の電話は、「非通知・担当者」の個人名でされるのが基本です。

このため、電話番号からカードローン会社とバレてしまうこともありませんし、社名も名乗るようなこともありません。

よって、万が一、他人に対応されてしまったとしても、カードローンの在籍確認とバレてしまうようなことはほとんどないんですね。

電話内容は簡易なものとなり1分程度で終わることが多い

カードローンの在籍確認の内容は、非常に簡易なものであることが多いです。

以下のように簡単なやり取りで終了することがほとんどなため、早ければ1分程度で完了します。

カードローン会社:「こちら鈴木と申しますが、○○様(申込者)はいっらしゃいますでしょうか?」

申込者:「○○は自分です」

カードローン会社:「ご本人様でしたか。この度は当社に申し込みありがとうございます。これにてお勤め先の確認を完了させて頂きます」

カードローンの在籍確認はこのように簡易なものであるケースがほとんどであるため、難しいことはひとつもありません。

他人に在籍確認であることは決して言わない

カードローン会社は、他人に在籍確認であることは決して言わないので安心してください。

そもそも、あなたがカードローンに申し込みしたという事実は、プライバシー保護の観点から第三者にわからないようにしなくてはいけません。

このため、カードローン会社は申込者以外には在籍確認であることは明かしません。

たとえ用件などを聞かれた場合であっても、そこはプロのオペレーターであり、そうした状況への対応マニュアルもあるかと思いますので、上手く誤魔化してくれます。

在籍確認なしのカードローンはあるのか?まとめ

在籍確認なしにできるカードローンはありませんが、電話でなく「書類提出」という形にできる会社ならあります。

それは以下の4つの大手消費者金融です。

  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

とくにSMBCモビットには「WEB完結」というサービスがあり、正式に在籍確認を書類提出という形にできるため、「会社へ電話をしてほしくない!」という人にはおすすめできます。

-カードローン

Copyright© お金借りるならどこ?本当におすすめのお金を借りる方法10選! , 2021 All Rights Reserved.