マリッシュ(marrish)のサクラ・業者対策の教科書!特徴を理解し安全な使い方を伝授

マリッシュ サクラ アイキャッチ

「マリッシュには、サクラや業者がいるって聞いた!それって本当?どうやって見分けるの?」

この記事では、上記のようなお悩みを解消します。

最後まで読めば、マリッシュにサクラや業者がいるのかといった点から、安全に出会いを楽しむコツまでわかります。

「マリッシュ以外の、人気アプリについて詳しく知りたい!」という人は、こちらの記事を参照してください。

  1. マリッシュ(marrish)はサクラ・業者だらけ?
    1. 【結論】サクラはいないが業者はいる
    2. 業者の目的と被害例
    3. 【重要】業者は誰でも見分けられる
  2. マリッシュ(marrish)に潜む業者の特徴と見分け方【プロフィール編】
    1. モデル級の美男美女の写真を設定している
    2. 自己紹介文に使い回し感がある
    3. お金持ちアピールをしている
    4. 特定のキーワードを使っている
  3. マリッシュ(marrish)に潜む業者の特徴と見分け方【メッセージ編】
    1. 怪しいサイトのURLを送ってくる
    2. マッチング直後に連絡先を聞いてくる
    3. やり取りの内容がかみ合わない
    4. 幸せかどうか聞いてくる
  4. マリッシュ(marrish)で業者に遭遇した場合の対処法
    1. ①運営に通報する
    2. ②連絡先をブロックする
    3. ③すぐにその場から逃げる
  5. マリッシュ(marrish)でサクラと勘違いしやすい人の特徴
    1. アプリに慣れていない人
    2. 会うのに慎重な人
    3. 恋愛に受け身な人
    4. 暇つぶし目的の人
  6. マリッシュ(marrish)のサクラ・業者以外の要注意人物と危険人物リスト
    1. ①ヤリモク
    2. ②パパ活・ママ活
    3. ③既婚者
  7. マリッシュ(marrish)のサクラ・業者に関するよくある質問
    1. すぐに連絡先を交換するのは危険?
    2. どの程度やり取りしてから会うべき?
    3. 男性・女性かによって注意すべきポイントは違う?
    4. 年収証明をしている人は安心?
  8. マリッシュ(marrish)のサクラ・業者対策をして安全に出会いを楽しもう

マリッシュ(marrish)はサクラ・業者だらけ?

「マリッシュは、本当にサクラ・業者だらけなのか?」まずはこの疑問から解消していきます。

【結論】サクラはいないが業者はいる

結論から言うと、マリッシュにサクラはいないが業者はいます

「サクラと業者って、同じようなものじゃないの?何が違うの?」という人も多いでしょう。

サクラと業者の違いを正しく理解していないと、この記事で説明する内容も理解できないはずです。

サクラとは・・・運営側が用意した架空ユーザー
業者とは・・・会員を騙して利益を得ることが目的の悪質ユーザー

この両者の違いを、まずはしっかりと理解してくださいね。

サクラはいないと言い切れる理由

マリッシュにサクラがないと言い切れる理由は、雇うメリットがないからです。

一般的に、サクラがいると言われているアプリは、ポイント購入型のもの。

異性とやり取りするためにポイントが必要で、そのポイントは適宜購入する必要があります。

サクラがいればその分儲かるので、アプリ運営側はサクラを雇うメリットが大きいです。

一方マリッシュは、一定料金を支払えば特定の期間使い放題の定額制

登録している多くの会員はすでに有料プランに課金済みで、サクラを雇っても大きく儲かる可能性は低いです。

万が一、サクラを雇っている事実が確認されたら、マリッシュの評判は急落するでしょう。

サクラを雇うメリットよりもデメリットの大きいため、マリッシュにサクラはいないと言い切れます。

サクラ・業者に関する口コミ

マリッシュ経験者は、サクラ・業者についてどのように感じているのでしょうか。

サクラ・業者関連の口コミを調べてみると、下記のようなものが見つかりました。

男性の口コミ
男性の口コミ

マリッシュやっててサクラにまだ出会ったことないです。

男性の口コミ
男性の口コミ

最初から怪しいと思っていたマリッシュのライン交換女が、やはり業者で乙。ID情報返せ。fc2のホームページで飛ばせてたけど、晒すところないかな?

女性の口コミ
女性の口コミ

マリッシュ真面目なアプリだと思ってたけど、業者ばっかりじゃん。

サクラと会った人の口コミは発見できませんでした。

その一方で、業者と遭遇した人の口コミは複数発見

以上より、マリッシュにサクラはいないが業者はいる、と言えるでしょう。

業者の目的と被害例

サクラがいないマリッシュですが、その一方で業者は一定数潜んでいる可能性が高いです。

業者はアプリ運営側が関与しておらず、完全に対策するのは難しいからです。

マリッシュなど多くのマッチングアプリの場合、簡単な登録を済ませればすぐに利用できます。

簡単に言えば、「電話番号やメールアドレスがあれば、すぐにアカウントを作れる」といった具合。

登録時に業者かどうか確認する仕組みがないため、悪質な目的がある業者も簡単に登録できてしまいます。

その手軽さがマッチングアプリのメリットですが、業者が多くなっている原因の1つとなっています。

もちろんマリッシュ運営側も対策は行っていますが、100%確実に業者を見分けるのは難しいのが現状です。

では、業者はなぜマリッシュのようなマッチングアプリに潜んでいるのでしょうか。

業者の代表的な3つの目的と被害例を紹介します。

  • 宗教やビジネスへの勧誘
  • 有料サイトへの誘導
  • 個人情報を盗む

①宗教やビジネスへの勧誘

宗教やビジネスへの勧誘目的で、マリッシュに潜んでいる業者がいます。

「仲良くなった相手に、怪しい集会に勧誘された」というケースが被害例です。

業者の多くは、実際に会わずにアプリ内で目的を達成しようとします。

一方、宗教やビジネスの勧誘の場合、実際に会って勧誘活動をしようと企む傾向があります。

実際に会った方が冷静に判断できず、自分たちの目的を実現するよう騙しやすいからです。

なので、異性からデートを提案されたとしても、手放しに喜んではいけません。

このケースの場合、騙されると周囲の人まで巻き込む大きなトラブルになる可能性もあるので要注意です。

②有料サイトへの誘導

有料サイトへの誘導が目的の業者も一定数潜んでいます。

「このアプリはあまり見ないので、別のサイトでやり取りしませんか?」と別サイトに登録を促してきます。

大抵の場合送られてくるのは有料サイトで、登録してしまうと膨大な料金を請求される羽目に。

アダルト目的を口実に、うまくサイトの登録に誘導してくるケースもあります。

もちろん、サイトに登録してもその相手とやり取りできる可能性はないので、騙されないよう注意しましょう。

③個人情報を盗む

個人情報を盗む目的の業者と遭遇する可能性もあり得ます。

「仲良くなった相手とLINEを交換したら、次々に変な人から連絡が来るようになった」というケースが被害例です。

世の中には、他人の個人情報を買い取ってくれる業者があります。

その業者に個人情報を売るために、その相手探してマリッシュを使う会員が潜んでいます。

個人情報とは、住所や電話番号といった代表的なものから、LINEのIDやメールアドレスなど様々。

メールアドレスが悪用され、迷惑メールが届いた結果、何かしらの不利益を被る可能性も0ではありません

「メールアドレスぐらい」と甘く考えず、個人情報はしっかりと守る必要があります。

【重要】業者は誰でも見分けられる

業者の目的や被害例を把握し、ある種の恐怖心を抱いた人もいるでしょう。

安心してほしいのが、業者には共通する特徴があり、それを理解すれば誰でも簡単に見分けられます

事実、多くの人がマリッシュを使って素敵な出会いを満喫しています。

男性の口コミ
男性の口コミ

1か月ほど利用して工場勤務の女性と知り合いました。プロフ通りの女性で顔もタイプ。初回のデートで意気投合してお付き合いを始めました。正直、この年で青春時代のような恋愛が出来ると思っていませんでした(笑)。

女性の口コミ
女性の口コミ

初めて1ヶ月経たずに色んな方々と会話させて頂き、その中でも本当に素敵な男性に出逢え、今では結婚前提でお付き合いしてます!本当にマリッシュ様様です。

最初は怖いと思いますが、慣れてしまえば恐れるに足らない存在である点を理解できるはずです。

次の章から、マリッシュに潜む業者の具体的な特徴と見分け方を紹介していきます。

それを参考にすれば、あなたもマリッシュで安全に出会いを楽しめるでしょう。

マリッシュ(marrish)に潜む業者の特徴と見分け方【プロフィール編】

ここからは、マリッシュに潜む業者の具体的な特徴とその見分け方を紹介していきます。

まずは、業者のプロフィールについて。

プロフィールを見た時点で業者を見分けられれば被害を被る可能性はないので、この項目で紹介する内容は特に重要です。

業者に共通するプロフィール上の特徴と見分け方を4つ紹介します。

  • モデル級の美男美女の写真を設定している
  • 自己紹介文に使い回し感がある
  • お金持ちアピールをしている
  • 特定のキーワードを使っている

モデル級の美男美女の写真を設定している

最もわかりやすいのが、モデル級の美男美女の写真を設定しているケース。

どの業者も、いかに効率的に多くの人を騙せるかを考えています。

モデル級の美男美女の写真は多くの人の目を惹くため、騙す相手探しにはもってこい。

インスタグラマーや実際のモデルの写真を悪用し、プロフィール写真に設定する傾向があります。

モデル級の美男美女の写真とは、具体的には以下のようなものを指します。

業者の男性のプロフィール写真の例

引用:Instagram

※上記の人物はマリッシュを利用しておらず、あくまでも参考例として紹介させていただいております

業者の女性のプロフィール写真の例

引用:Instagram

※上記の人物はマリッシュを利用しておらず、あくまでも参考例として紹介させていただいております

この業者を見分けるためには、別の写真を送ってもらう方法が有効です。

「〇〇さんについてもっと詳しく知りたいので、別の写真を交換しませんか?良ければ、自分から送りますね!」

このように、別の写真を送ってもらうようリクエストしましょう。

頑なに嫌がる場合や同じような画格の写真を送ってくる場合、他人の写真を悪用している業者の可能性があります。

20代~30代の人であれば、TwitterやInstagramなどのアカウントを教えてもらう方法も有効。

顔写真や雰囲気のわかる別の写真を見れば、自分の写真を使っているかどうか判断するのに役立つでしょう。

自己紹介文に使い回し感がある

自己紹介文に使い回し感がある会員も、業者の可能性があります。

業者はグループ単位で活動していて、一度に複数のアカウントを運営するケースが多いです。

いちいち細かい部分までこだわらない傾向があり、自己紹介文も使い回します。

使い回しの自己紹介文の具体例がこちら。

最近家で過ごすことが多く、新しい出会いを探すために始めました!

楽しいことがしたいです!
ダラダラやり取りするよりは、まずは会って仲良くできたらいいな。

まずはメッセージで話しましょう!

具体的な人物像がイメージできずに、誰でも該当するような文章が特徴です。

この業者を見分けるためには、いろいろな会員の自己紹介文を見る回数を増やしましょう

たくさんの自己紹介文を読めば、使い回し感のある文章が感覚的に理解できるはずです。

精力的にアプリを使って気になる相手を探すようにもなるので、一石二鳥です。

自己紹介文を読んで「あれ?なんかこの文章見たことがあるぞ」と感じたら、業者の可能性を疑いましょう。

お金持ちアピールをしている

露骨にお金持ちアピールをするのも、業者の代表的な特徴の1つです。

この場合、ビジネスへの勧誘が目的の業者の可能性が高いです。

ビジネスに勧誘するためには、自分がお金を持っていて、稼いでいる姿を見せる必要があるから。

露骨にお金持ちアピールをして「あなたも稼げるチャンスがありますよ」と誘導する狙いがあります。

【お金持ちアピールをしているプロフィールの例】

・外車の写真を設定している
・ブランドバックの写真を設定している
・会社を運営している点を自己紹介文に記載している

対策は、お金持ちアピールをしている人を相手にしないのが一番無難です。

ですが、できるならならお金持ちとも仲良くなりたいですよね。

なので、気になるお金持ちの会員がいたら、プロフィールについてかまをかけてみましょう

「写真の外車って、〇〇のですよね!見た感じ旧式のモデルですが、どうやって手に入れたんですか?」

このように適当にかまをかけて話を合わせてきた場合、相手は偽物のお金持ちである業者の可能性が高いです。

お金持ちと仲良くなりたい気持ちはわかりますが、簡単に相手を信じないよう注意しましょう。

特定のキーワードを使っている

業者は効率的に騙せる相手を探すため、特定のキーワードをプロフィールに記載する傾向があります。

特定のキーワードとは、具体的には以下のとおり。

・幸せ、幸福
・人生とは何か
・お金、自由

これらの単語に反応する相手を宗教やビジネスに勧誘するのが目的の、業者の可能性が高いです。

宗教やビジネス勧誘が目的の業者は口がうまく騙すのに長けているため、やり取りする機会を極力避けるべき。

なのでこのケースの業者を見分けるためには、上記のような胡散臭い単語を使っている会員を相手にしないのが一番です。

どうしても気になる相手がいた場合、下記のように興味のある素振りを示して反応を見ましょう

「人生とはって、すごい気になるワードですね!〇〇さんは、どのようにお考えですか?」

相手が勧誘目的の業者の場合、確実に集会やパーティーなどに誘ってくるはずです。

マリッシュ(marrish)に潜む業者の特徴と見分け方【メッセージ編】

プロフィールに特徴がなくても、メッセージで本性を表す業者もいます。

仮に業者とマッチングしても、やり取りの早い段階で見分けられれば実被害は出にくいです。

ここで紹介する業者のメッセージの4つの特徴を理解して、怪しい人物かどうか見分けましょう。

  • 怪しいサイトのURLを送ってくる
  • マッチング直後に連絡先を聞いてくる
  • やり取りの内容がかみ合わない
  • 幸せかどうか聞いてくる

怪しいサイトのURLを送ってくる

わかりやすい業者のメッセージの特徴が、怪しいサイトのURLを送ってくること。

「このサイトに登録してよ!」という旨の文章と一緒に、別サイトのURLを送ってきて登録させようとします。

この場合、有料サイトへの誘導か個人情報を盗むのが目的の業者なので注意が必要です。

怪しいサイトのURLを送ってくる業者対策は簡単で、送られてきたサイトを絶対に開かないこと。

送られてきたURLのサイトを開かなければ、被害に遭う可能性はありません。

マリッシュは、特定の相手とのやり取りを遮断するブロック機能があります。

怪しいサイトのURLを送ってきた相手はすぐにブロックし、安全を確保しましょう。

マリッシュのブロック機能の詳細は、こちらの記事を参照してください。

マッチング直後に連絡先を聞いてくる

マッチング直後に連絡先を聞いてくる会員にも注意が必要で、個人情報を盗むのが目的の業者の可能性があります。

無駄なやり取りを省いて、いかに効率的に騙せるかを業者は考えてますからね。

マリッシュはほかのアプリに比べ、真剣婚活目的の会員が非常に多いです。

真剣な会員は、相手をしっかりと理解するために慎重にやり取りを進める傾向があります。

なので、業者でない会員のほとんどは、いきなり連絡先を交換しようとしないはず。

マリッシュでこのパターンの業者は目立ちやすいので、簡単に見分けられるでしょう。

目安としては、マッチング後に10通未満のやり取りで連絡先を聞いてきた場合、業者の可能性を疑いましょう。

このケースの業者の見分け方は、丁寧に断って反応をみるのが有効

「以前、連絡先を交換して嫌な思いをしたので、もう少しやり取りしてからぜひお願いします」

連絡先を聞かれたら、このように丁寧な態度で断りましょう。

相手が業者でなければ、こちらの意向を汲み取り、その後も誠実にアプリ内でやり取りを続けてくれるはずです。

やり取りの内容がかみ合わない

相手が業者の場合、やり取りの内容がかみ合わないケースもあります。

紹介したとおり、業者は一度にたくさんのアカウントを運用し騙せる相手を探す傾向があります。

なので、マッチングした相手とのやり取りの内容もいちいち考えません

いくつかのテンプレがあり、それを利用して複数人と同時並行でやり取りを進めます。

テンプレで対応できる範囲には限界があり、やり取りをしていくうちにかみ合わなくなってくるわけです。

この業者かどうかは、慎重にやり取りを続ければ簡単に見分けられます

以下の例のように、明らかにやり取りの内容がかみ合わないため、高確率で違和感を抱くはずだから。

あなた「はじめまして、素敵な雰囲気の方とマッチングできて嬉しいです!〇〇さんは、どのような人がタイプですか?」

相手「マッチングありがとうございます。私は〇〇市に住んでいる28歳です。IT関係の仕事をしていて、映画鑑賞が趣味です。どちらにお住まいですか?」

あなた「私は〇〇市に住んでいますよ!映画鑑賞が趣味なんですね!最近お気に入りの映画とかありますか?」

相手「私は彼氏と先月お別れをして、まずは気軽に会える相手が欲しくてアプリを始めました!タイミングが合えば、今度会いませんか?」

テンプレを使う業者がいる事実を理解し、相手にその可能性がないか意識しながらやり取りを進めるのが重要です。

幸せかどうか聞いてくる

宗教やビジネスへの勧誘が目的の業者の場合、幸せかどうかメッセージで聞いてくるケースがあります。

「あなたの考え方次第で、いくらでも幸せになれますよ」という流れで、宗教に誘ってくるケースがあります。

「楽して稼げる方法があれば、もっと簡単に幸せになれますよね?」という流れで、ビジネスに誘う場合も。

いきなり幸せについて聞いてくるのは明らかに不自然なので、初心者でも業者かどうか見分けやすいでしょう。

確実に見分けたいなら、興味があるふりをして反応を見る方法があります。

「幸せになりたいです!どういった考え方をすればいいんですかね?」

このような形で、興味のある素振りを見せましょう。

ほぼ確実に集会やパーティーなどに誘って実際に会おうとしてくるので、その兆候が見られたら業者確定です。

ただし、うまく言いくるめられないよう注意してくださいね。

マリッシュ(marrish)で業者に遭遇した場合の対処法

紹介した特徴と見分け方を理解していれば、ほぼ確実に業者の被害を未然に防げます。

ですが、業者に遭遇する可能性も0ではありません。

業者に遭遇した場合、適切な対処ができれば被害を最小限に抑えられます

マリッシュで業者に遭遇した場合の対処法を、3つの手順に分けて紹介します。

  1. 運営に通報する
  2. 連絡先をブロックする
  3. すぐにその場から逃げる

①運営に通報する

まずは、マリッシュのアプリ運営側に通報しましょう。

マリッシュには、違反行為をした会員を伝えるための通報機能があります。

マリッシュの通報機能

通報すれば、アプリ運営側がその会員の言動を調査し、適切な形で対処してくれます。

たまに、「連絡を返さなければいいや」と考え、業者を見つけても通報しない人がいます。

ですが、あなたが騙されなくても、ほかの人が騙される可能性も0ではありません。

マリッシュを使う全員が安全に出会いを楽しむためにも、業者らしき会員を見つけたら通報機能を活用しましょう。

「もし業者じゃなかったら、相手に申し訳ない」と考え、通報をためらう人もいるはずです。

ですが、通報したからと言って必ず処分されるわけではありません。

運営側が確認し、違反行為が確認された場合のみ、その会員は何かしらの処分を受けます。

なので相手のことは考えずに、怪しい言動が見つかった時点で早めに通報して問題ありません。

②連絡先をブロックする

もし、マリッシュ以外の連絡先を交換していた場合、すぐにブロックしましょう。

業者から連絡が来ても、無視すれば大きな問題にはならないでしょう。

ですが、厳しい言葉を吐かれて、嫌な思いをする可能性も0ではありません

そのような思いをする可能性をなくすためにも、業者だと確定した時点で連絡先をブロックするのをおすすめします。

③すぐにその場から逃げる

万が一、業者と実際に会ってしまった場合、すぐにその場から逃げましょう。

実際に会おうとする業者は、宗教やビジネスへの勧誘が目的の可能性が高いです。

そのような業者は、数で圧倒してペースを握るために、複数人で行動する傾向があります。

最初は1人でも、後から偶然を装い仲間が合流するケースも少なくありません。

相手の人数が多くなるほど、逃げる隙が見つけられず、被害に遭う可能性も大きくなります。

目の前の相手に業者の可能性が浮上した時点で、手遅れになる前にその場から逃げましょう

業者も警察沙汰になるのは避けるため、無理やりその場にとどまらせようとはしないはずです。

マリッシュ(marrish)でサクラと勘違いしやすい人の特徴

紹介したとおり、マリッシュにサクラはいないと言い切れます。

ですが、サクラのように感じてしまう会員がいるのも事実です。

マリッシュでサクラと勘違いしやすい会員の特徴を4つ紹介します。

  • アプリに慣れていない人
  • 会うのに慎重な人
  • 恋愛に受け身な人
  • 暇つぶし目的の人

上記の特徴に該当する人物はサクラではなく、同じ目的で仲良くなれる可能性のある相手です。

なので、「サクラだから相手にしないでおこう」と考えずに、誠実にやり取りを続けましょう。

アプリに慣れていない人

アプリを使うのに慣れていない人は、サクラと間違いやすいです。

マリッシュの使い方を理解していないため、怪しいと感じる部分が少なくないからです。

例えば、マリッシュにはマッチングした相手と通話できる機能があります。

アプリに慣れていない場合、「使った経験がないから抵抗がある」という人もいるはず。

相手が「通話を嫌がり仲良くしようとしないのは、サクラだからだ」と考えるのは仕方ないでしょう。

このケースに該当する会員を相手にする場合、優しくアプリの使い方を教えてあげましょう

2人の間に信頼感が生まれて、距離が縮まりやすくなるはずです。

会うのに慎重な人

会うのに慎重な人も、よくサクラと間違いやすい会員の特徴です。

マリッシュは婚活の意識が高い会員が多く、会うのに慎重な姿勢を見えるケースが多いです。

その姿勢が、「やり取りは続くが、一向に会う約束ができない」というサクラの特徴に一致します。

なので、「この人から好意を感じないから、きっとサクラだ!」と勘違いする人が少なくありません。

ある程度マリッシュを使うとわかりますが、多くの会員はほかのアプリの会員よりも会うのに慎重な姿勢を見せます。

それを考慮したうえで、やり取りを通じて少しずつ距離を縮めていく意識が重要です。

恋愛に受け身な人

恋愛に対して受け身体質な人も、サクラと間違いやすいです。

恋愛に受け身な人は、自分から気になる相手に積極的にアプローチできません。

相手側からしたら、「この人は、自分に興味があるのだろうか?」と不安に感じるでしょう。

仲良くなっても一向にその不安が解消されないため、サクラと勘違いしてしまいます。

マリッシュの主な会員の年齢層は30代~50代で、ほかのアプリに比べ高めです。

大人の会員が多く慎重に恋愛を進めたいと考える傾向があるため、受け身の人も少なくありません。

仲良くなりたいと思える相手がいたら、エスコートしてあげる意識を持つとよいでしょう。

暇つぶし目的の人

マリッシュに一定数いる暇つぶし目的の会員も、サクラと特徴が似ているため勘違いしやすいです。

暇つぶし目的の会員は、マッチングした相手と適当にやり取りできればそれでOK。

他愛もない話は続きますが、一向に会う素振りは見せないため、サクラと間違いやすいです。

暇つぶし目的の会員のなかにも、一応出会いを探している人もいます。

なので、仲良くなりたい相手が暇つぶし目的だと感じたら、出会いを探しているか確認する必要があります

下記のように、直接的に相手の気持ちを尋ねてみましょう。

「○○さんとのやり取りは非常に楽しく、ぜひもっと仲良くなりたいと思っています。〇〇さんは、どんな出会いを探していますか?」

相手に会う気持ちがあれば、あなたの気持ちを尊重し、会うことに対して前向きに検討してもらえるはずです。

マリッシュ(marrish)のサクラ・業者以外の要注意人物と危険人物リスト

マリッシュを使う際、警戒しなければいけないのはサクラ・業者だけではありません。

それ以外にも、関わると大きなトラブルに発展しかねない要注意人物も潜んでいます。

マリッシュの潜む3種類の要注意人物の特徴を紹介するので、しっかり理解して自分の身は自分で守りましょう。

  • ヤリモク
  • パパ活・ママ活
  • 既婚者

①ヤリモク

女性が気をつけなければいけないのが、ヤリモクです。

ヤリモクとは、肉体関係を持つ相手を探すのが目的の会員。

騙されてしまうと、都合の良いように扱われて精神的に大きなダメージを負う可能性があります。

ヤリモクの男性は女性の扱いに慣れているケースが多いので、恋愛経験の少ない人は要注意です。

【ヤリモクの特徴】

・露骨な下ネタを振ってくる
・やたら外見を褒めてくる
・自分の都合の良い時しか連絡をしてこない

ヤリモクを見分けるためには、絶対に関係を持てないデートを提案するのがおすすめ

ヤリモクは、会わなければ目的を実現できないため、早い段階でデートに誘ってきます。

その際、以下のような条件に該当するデートを提案しましょう。

・お酒を飲まない
・個室のお店でない
・解散の時間が決めてある

相手がヤリモクの場合、肉体関係が持てない相手だと判断し、連絡が途切れるでしょう。

反対に上記のデートを快諾してくれる相手は、真面目に仲良くなりたいと考えている男性である可能性が高いです。

真剣な会員が多いマリッシュにも、ヤリモクのような不誠実な男性もいるので、しっかりと見極めましょう。

その他、マリッシュのヤリモクの特徴と見分け方の詳細は、こちらの記事で紹介しています。

②パパ活・ママ活

パパ活やママ活目的の会員にも遭遇する可能性があります。

パパ活とは、女性がパパと呼ばれる男性と食事やデートをし、その対価としてお金をもらう活動。

ママ活は男性がママと呼ばれる女性に対して行う活動で、パパ活の逆バージョンです。

パパ活・ママ活目的の会員は、真面目に仲良くなる気持ちは毛頭ありません。

やり取りするだけ時間の無駄なので、仲良くなる前にしっかりと見極めましょう。

【パパ活・ママ活の特徴】

・「支援」、「余裕のある人」などの単語を使っている
・デートのお店を細かく指定してくる
・仕事や貯金についてさりげなく探ってくる

パパ活・ママ活目的の相手は、金欠アピールをすると高確率で見分けられます

パパ活・ママ活目的は自分でお金を払う気がないので、お金がある人しか相手にしません。

「デートのお誘い嬉しいですが、今月は少し金欠なので、来月でも大丈夫ですか?」

デートに誘われた際、このように金欠である点をさりげなく伝えましょう。

パパ活・ママ活目的なら、奢ってもらえないと判断しその時点で連絡がなくなるはずです。

③既婚者

マリッシュを使っていると、既婚者と遭遇する可能性もあるので注意しましょう。

ほかの大半のアプリと同様、マリッシュは登録時に独身を証明する書類の提出が必要ありません。

なので、独身の人に扮して、不誠実な目的の既婚者も一定数潜んでいます。

仲良くなってしまうと、知らないうちに大きなトラブルに発展する可能性もあるので要注意です。

【既婚者の特徴】

・顔写真を載せていない
・自分の話をしたがらない
・連絡を取れる時間帯が決まっている

既婚者を見分けるコツは、通話を提案して反応を見ること。

マリッシュは、マッチングした相手と通話できる機能があります。

それを活用し、既婚者の可能性がある相手に通話を提案してみましょう。

既婚者の多くは家にパートナーがいるので、バレる可能性の高い通話は嫌がるはずです。

職場からの退勤時など外出時のタイミングで通話を提案してくる場合も、既婚者の可能性を疑いましょう。

マリッシュの既婚者に関する情報については、下記の記事でまとめて紹介しているので参考にしてください。

マリッシュ(marrish)のサクラ・業者に関するよくある質問

最後に、マリッシュのサクラ・業者関連のよくある質問にお答えします。

すぐに連絡先を交換するのは危険?

「アプリ内で連絡するのは面倒だから、早い段階で連絡先を交換したい」という人もいるでしょう。

紹介したとおり、個人情報を盗むのが目的の業者がマリッシュには潜んでいます。

相手が業者である可能性を考慮すると、すぐに連絡先を交換するのは避けるべきです。

面倒な気持ちはわかりますが、安心できる相手だと確信できるまではアプリ内でやり取りを続けましょう。

どの程度やり取りしてから会うべき?

業者や要注意人物と会ってしまうと、トラブルに発展してしまう可能性があります。

なので、相手がどんな人物なのかある程度把握できるまでは、会わないのが無難です。

目安としては、15通程度メッセージでやり取りした段階で、会うかどうかを判断しましょう。

それぐらいやり取りを続けていれば、相手の人物像を程度把握でき、安心できる相手か判断できるはず。

男性・女性かによって注意すべきポイントは違う?

マリッシュを安全に活用するための注意すべきポイントは、性別により多少異なります。

男性の場合、特に有料サイトへの誘導などの業者に注意しましょう。

多くはありませんが、パパ活目的の女性にも注意が必要です。

女性が最も気を付けるべきなのが、ヤリモクの男性です。

宗教・ビジネスへの勧誘が目的の業者や既婚者の男性と遭遇する可能性もあるので、その点を意識しておきましょう。

年収証明をしている人は安心?

マリッシュには、一定の年収がある点をアピールできる年収証明機能があります。

年収証明をクリアするためには、年収を証明できる書類を提出する必要があります

業者がそこまで手間をかけるケースは少ないので、年収証明をしている会員は業者でない可能性が高いです。

ただし、ヤリモクや既婚者のなかには、年収証明を利用している人もいるので安心はできないでしょう。

マリッシュ(marrish)のサクラ・業者対策をして安全に出会いを楽しもう

紹介したとおり、マリッシュにサクラはいませんが業者はいます。

ですが、業者や要注意人物には共通する特徴があり、それを理解すればほぼ確実に見分けられるでしょう。

ここで紹介した内容を参考に、マリッシュを使って安全に出会いを楽しんでください。

マリッシュについてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を参照してください。

タイトルとURLをコピーしました