高学歴な出会いに特化!「ブライトマッチ」の気になる全容をご紹介

ブライトマッチ

「高学歴同士でお付き合いがしたい!」

「相手の学歴情報が信頼できるマッチングサイトってある?」

高学歴にこだわるなら、「ブライトマッチ」がおすすめ!

学歴の審査基準が設けられ、高学歴同士の出会いを応援してくれるハイレベル層向けマッチングサイトです。

この記事では「ブライトマッチ」の特徴から料金まで、気になる全容をご紹介します。

入会できる大学名もリアルにお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

「ブライトマッチ」の特徴

「ブライトマッチ」には、主に3つの特徴があります。

  • 男女ともに高学歴である
  • 自動で相手を紹介してくれる
  • 審査が厳しいから安心できる

など、手軽に利用できるアプリとは大きな違いがありそうです。

一つひとつ見ていきましょう。

男女ともに高学歴

「ブライトマッチ」は男女ともに高学歴という点が、他のマッチングアプリと違う大きな特徴です。

一般的に高学歴の相手を求める女性が多い傾向ですが、「ブライトマッチ」では女性も高学歴でないとそもそも利用できません。

さらに高学歴といっても「ブライトマッチ」が定める基準があります。

特に男性の出身大学には厳しく、有名国公立大学や偏差値の高い私立大学に限られています。

女性においても同等ですが、男性に比べると若干範囲が広い傾向です。

いずれにせよ男女お互いが高学歴を条件に相手探しができるという点で、他のアプリとは一線を画しています。

自動的に紹介してくれる

相手を自動的に紹介してくれるのも「ブライトマッチ」の特徴のひとつです。

一般的にマッチングアプリの相手探しは、「いいね」をしたりされたりしてマッチングの機会をつかむもの。

「ブライトマッチ」には「いいね」をするシステム自体がなく、毎月自動で相手を紹介してます。

しかも厳正な審査を通過した方しか紹介されないので、経歴詐称などのトラブルも起こらないでしょう。

「ブライトマッチ」は、相手を紹介してくれるという結婚相談所の良いところも取り入れたマッチングサイトです。

審査があるから安心な出会い

厳正な審査に合格しなければ利用できない点も「ブライトマッチ」の特徴です。

「ブライトマッチ」は、フェイスブックの情報を基にして信頼のおける人かどうかを判断しています。

そのため利用したくてもできない人も多く、高学歴同士の出会いを希望する方にとっては信頼できるアプリと言えるでしょう。

また学歴だけでなく、年齢も公的証明書で確認したり通報システムを導入して安全性を確保しているので安心感がありますよ。

「ブライトマッチ」の紹介について

「ブライトマッチ」の紹介は、安心できるという声が多いです。

  • 紹介基準がある
  • 年齢に配慮する

などから、「ブライトマッチ」は高学歴の出会いや価値観が近い相手を希望する方々の支持を集めています。

それぞれについて、お話ししていきます。

紹介基準がある

「ブライトマッチ」は高学歴の方が紹介されるのはもちろん、他にも紹介基準が設けられています。

例えばフェイスブックの友達や勤務先が同じ方は、紹介の対象外です。

特に有名大学出身で大企業に勤めている場合、勤務先に同じ大学や同等の大学出身者がいるのも珍しくありません。

同じ勤務先の方が紹介されると、気まずいこともあるでしょう。

「ブライトマッチ」なら同じ勤務先の方は紹介されないので、周りに知られないまま出会いを楽しめるので安心です。

年齢に配慮する

「ブライトマッチ」の紹介は、相手との年齢にも配慮して行われます。

具体的に説明すると、男性の年齢は女性の-2歳から+5歳が目安です。

若い女性を希望する男性は少なくありませんが、年齢が離れているとさまざまな問題に直面する可能性も。

一方世代が同じ者同士だと、お互いを理解しやすく価値観も近いことでしょう。

話題に悩むことも少ないので、デートも楽しく過ごせますよ。

「ブライトマッチ」の安心ポイント

「ブライトマッチ」の安心できるポイントについて説明していきます。

  • 実名が公表されない
  • フェイスブックに投稿されない
  • 公的な年齢確認や通報システム

順番に見ていきましょう。

実名が公表されない

「ブライトマッチ」の安心ポイントのひとつに、実名が公表されないことが挙げられます。

名前はニックネームで登録が可能です。

万が一知り合いが「ブライトマッチ」の利用者だとしてもバレる可能性が低くなるでしょう。

またプロフィールにおいては、紹介相手だけに公開されます。

「ブライトマッチ」は個人情報に配慮しているので、安心して婚活ができますよ。

フェイスブックに投稿されない

「ブライトマッチ」はフェイスブックから入会できるマッチングサイトですが、フェイスブックには一切の投稿がされないので安心です。

また「ブライトマッチの紹介について」でお話しした通り、フェイスブック上の友達が紹介されることもありません。

フェイスブックは、対象となる大学を卒業しているのかなどの審査に使用されるだけです。

決して「ブライトマッチ」に関する投稿はされないので、周りにバレる心配をせずに利用できるでしょう。

公的な年齢確認や通報システム

「ブライトマッチ」では、運転免許証やパスポートなどの公的な証明書類で年齢確認が行われるので信頼性が高く安心です。

また「警視庁インターネット異性紹介事業」として、届け出もしています(受理番号30180062000)。

さらに通報システムを導入しているので、不正ユーザーや悪質な素行があれば警告や強制退会。

まさに安心の環境で利用できるマッチングサイトと言えるでしょう。

「ブライトマッチ」の審査基準について

「ブライトマッチ」の審査基準となるのは出身大学です。

対象の大学を卒業しているかどうかが、「ブライトマッチ」では重要。

ここからは、審査基準の対象としている具体的な大学名やそのほかの審査基準についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

対象となる大学一覧

「ブライトマッチ」を利用できる出身大学をご紹介します。

男性と女性で違いがあるので、男女別に記しました。

男性の出身大学一覧

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 東京大学
  • 名古屋大学
  • 大阪大学
  • 京都大学
  • 九州大学
  • 東京工業大学
  • 一橋大学
  • 筑波大学
  • 神戸大学
  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国公立医学部など

女性の出身大学一覧

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 東京大学
  • 東京外語大学
  • 東京農工大学
  • 名古屋大学
  • 名古屋工業大学
  • 金沢大学
  • 大阪大学
  • 大阪府立大学
  • 京都大学
  • 広島大学
  • 九州大学
  • 東京工業大学
  • 一橋大学
  • 筑波大学
  • 神戸大学
  • 千葉大学
  • 横浜国立大学
  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 東京理科大学
  • 明治大学
  • 中央大学
  • 同志社大学
  • 上智大学
  • 国公立医学部など

高学歴の方が対象のマッチングサイトなだけあり、偏差値の高い大学ばかりです。

対象の大学を卒業されている方は、ぜひ「ブライトマッチ」に登録してみてはいかがでしょう。

学歴以外の審査基準

「ブライトマッチ」は学歴が何よりも重要ですが、他にも審査基準としてみられているものがあります。

  • 年齢
  • 住んでいる地域
  • フェイスブック

年齢

  • 男性:24~45歳
  • 女性:22~39歳

高学歴の大学をクリアしているのに「ブライトマッチ」の審査に通らない場合は、年齢が問題の可能性があります。

住んでいる地域

  • 関東圏:東京・神奈川・埼玉・千葉
  • 東海圏:静岡・愛知・岐阜
  • 関西圏:大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫

「ブライトマッチ」は全国が対象ではありません。

高学歴が一番大きな審査基準ですが、地域という物理的な要素も重要です。

卒業大学や年齢がクリアできていても、住んでいる地域によっては審査に通らない可能性が高いでしょう。

上記の地域以外に住む方にとっては残念ですが、「ブライトマッチ」の今後の展開に期待しましょう!

フェイスブック

「ブライトマッチ」はフェイスブックの情報を元に、学歴以外の内容なども審査しているようです。

学歴に問題がなくても、フェイスブックに出身大学や勤め先、顔写真を載せていない場合は審査に通らない可能性が高くなります。

「ブライトマッチ」を利用すると決めたら、フェイスブックの内容を充実させておきましょう。

「ブライトマッチ」会員の卒業大学データ

「ブライトマッチ」の会員の方々は、実際どこの大学卒業生が多いのでしょうか?

出典:ブライトマッチ

左側の青いグラフが男性、右側のピンク色が女性です。

男性は、東京大学と慶応義塾大学の卒業生が半分近くを占めています。

女性は、慶應義塾大学と早稲田大学の卒業生が圧倒的に多いようです。

女性の場合、私立大学のトップと言われる2大学の卒業生の多くが自分と同等またはより高学歴の相手を求めています。

男性に比べると、高学歴の女性は自分たちの望む出会いが少ないのかもしれませんね。

高学歴の女性こそ、「ブライトマッチ」をうまく利用してみましょう!

「ブライトマッチ」の料金

「ブライトマッチ」の料金やサービス内容についてご紹介します。

男性と女性とで違いがあるので、しっかり確認してくださいね。

男性の場合

月1人紹介4,940円/月
月3人紹介8,940円/月
(1人当たり2,980円)
月5人紹介12,000円/月
(1人当たり2,400延)

男性の料金プランは、1ヶ月に紹介される人数によって料金が定められています。

なお紹介された女性から返信がない場合は、紹介人数にカウントされません。

女性の場合

加入月(3人以上紹介)0円
翌月以降(月3人以上紹介)2,980円/月
(1人当たり990円)

女性の場合は男性に比べて料金が安く、しかも初月は無料なので利用しやすいでしょう。

「ブライトマッチ」利用者の声

「ブライトマッチ」を利用した方々の成功体験が気になりますね。

ここでは、「ブライトマッチ」で出会い、実際にカップルになった方々の体験談を簡単にまとめてご紹介します。

これから「ブライトマッチ」を利用してみたいと考えている方々へのアドバイスなどもあるので、参考にしてくださいね。

20代 女性|早稲田大学卒業 /お相手 20代 男性|東京大学卒業

高学歴の女性が恋愛対象にならないのが悩みで『ブライトマッチ』を利用しました。

実際会うのに不安はありましたが、会ってみると楽しくてあっという間に3時間経っていました。

相手の男性は、将来のことをしっかり考えていて頭がよく物知りです。

『ブライトマッチ』は、普段巡り合えない方と会ってじっくり話ができるのが良いと思います。

『ブライトマッチ』でたくさんの人に会い続けるのが、婚活をうまく運ぶコツです。

30代 男性|慶応義塾大学卒業 /お相手 20代女性|筑波大学卒業

今までの婚活アプリでは大学や出身地の違いで価値観が合わず、『ブライトマッチ』を利用することに。

何度か会ううちに次第に相手の良さに惹かれ、交際を申し込みました。

ほかのアプリと違い、女性もある程度の会費を払うので真剣さが伝わります。

『ブライトマッチ』は、内面を見てもらえるのでうれしいです。

卒業大学もひとつの判断材料ですが、人となりが重要だと思います。

30代 男性|東京大学卒業 /お相手 20代女性|慶応義塾大学卒業

他サイトでは、バックグラウンドの違いから会話のリズムが合う方と出会えず『ブライトマッチ』を利用しました。

『ブライトマッチ』ではメッセージのやり取りと実際に会った時の印象が違うこともあり、まずは直接会う方がスムーズに進みます。

『ブライトマッチ』は会話のレベルが近い方と多く出会えるので、実際に会って会話に困る方はいませんでした。

「ブライトマッチ」でマッチングするには

「ブライトマッチ」でマッチングするには、まずは会ってみるのがポイントです。

メッセージのやり取りに時間をかけて判断するのも大事かもしれませんが、メッセージの印象と会った時の印象に違いがあることも。

「メッセージの印象が良かったけれど、会ってみたら違った!」

「メッセージのやり取りが今一つだったけれど、会ってみたら話が合う!」

など、いずれの場合もメッセージに時間をかけるよりもまずは会う方が効率的です。

「ブライトマッチ」を利用するには

「ブライトマッチ」を利用するには、フェイスブックのアカウントが必要です。

また、フェイスブックに加えて電話番号による登録も可能になりました。

審査については、入力したプロフィールを元に審査が行われます。

審査に合格した後、クレジットカードの登録と年齢確認を済ませてから利用が可能です。

「ブライトマッチ」の申し込みはこちらから

「ブライトマッチ」で理想の出会いをつかもう!

高学歴同士の出会いに特化した「ブライトマッチ」についてご紹介しました。

  • 男女ともに高学歴である
  • 自動で相手を紹介してくれる
  • 審査が厳しいから安心できる

などの特徴から、「ブライトマッチ」は高学歴の男女にぴったりのサービスです。

価値観や話の合う相手に出会える機会が増えるでしょう。

今まで思うような出会いができなかった高学歴の方は、ぜひ「ブライトマッチ」で理想の出会いをつかんでください!

「ブライトマッチ」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました