TradingView(トレーディングビュー)が人気の理由や使い方を詳しく解説!

FXの基礎知識

トレーダーにとって、取引ツールは発注やポジションの照会、チャート分析などをする、トレードの成否を握るといっても過言ではないほど重要なものです。

今回は、数ある取引ツールのなかでも、世界中のトレーダーから支持を得ているTradingViewのメリットやデメリットを詳しくご紹介します。

まだ見たことがない、聞いたことがない、気にはなっていたという方は、ぜひご覧ください。

TradingViewとは

TradingViewとは、アメリカのシカゴに拠点を構えるTradingView Inc.が運営している、投資家を繋ぐソーシャルネットワークサービスです。

つまり投資家向けのSNSとも言えます。

TradingViewはチャート機能も提供していて、これが非常に高性能で使いやすいので、広く知られていますが、世界中のトレーダーのトレードアイデアがたくさん投稿されています。

高性能なチャートを利用できるうえに、多くのトレーダーのアイデアを閲覧でき、コミュニケーションがとれる、トレーダーにとっては非常にうれしいサービスです。

また、TradingViewはインストール不要のウェブブラウザ版ツールなので、デバイスを選ばずネット環境とログイン情報さえあれば、どこからでも自分のアカウントでアクセスできます

スマホ用には、ウェブブラウザ版と同等の機能を利用できるアプリが用意されています。iPhoneとAndroid両方に対応しているので、スマホ派トレーダーも納得のツールといえるでしょう。

なお、PC用のインストール版も用意されているので、インストールして利用したい方は、そちらも選択できます。機能はウェブブラウザ版と変わりません。

TradingViewが人気の3つの理由

TradingViewは、トレーダーにとって非常に多くの利点をもたらしてくれます。そのなかでも多くのトレーダーから支持を得ている、3つの人気の理由をお伝えします。

  1. 豊富なインジケーターと描画ツール
  2. 銘柄が豊富
  3. 有益なトレードアイデアを無料チェックできる

①豊富なインジケーターと描画ツール

TradingViewには、非常に豊富なインジケーターが標準で搭載されています。

その数はざっと数えただけでも100種類以上です。

定番の移動平均線やボリンジャーバンドなどのトレンド系、RSI、MACD、ストキャスティクスなどのオシレーター系、一目均衡表なども備わっているので、基本的なチャート分析に困ることはありません。

更に、TradingViewのユーザーがカスタマイズしたオリジナルインジケーターや、特定のローソク足シグナルを見つけ出すインジケーターなど、ユニークなものも多数搭載しています。

描画ツールも、ライン類、フィボナッチ、テキストはもちろん、エリオット波動のカウントやフィボナッチを組み合わせたハーモニックパターン、ギャンなどが搭載されています。

使ってみると分析の幅が広がる可能性を感じるでしょう。

②銘柄が豊富

TradingViewはさまざまな市場にアクセスでき、非常に豊富な銘柄をチェックできます。

為替だけとってみても、米ドル、ユーロ、円、ポンドなどのメジャー通貨から新興国の高金利通貨で知られるトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドやロシアルーブル、中華人民元などマイナー通貨ペアの分析が可能です。

他にも国内、海外の個別株、世界の株式指数、金や銀、プラチナ、原油、コーンなどのコモディティ、VIX恐怖指数、国債利回りなどもあります。

直接取引することはなくても、通貨との相関性のある指標を見つけて分析に生かすことでトレードの幅が広がるでしょう。

③有益なトレードアイデアを無料チェックできる

TradingViewは、ソーシャルネットワークサービスとして利用されている面もあり、多くのユーザーが独自のトレードアイデアを投稿しています。

トレードアイデアを利用するメリットは以下の通りです。

  • 他のトレーダーがどのような視点で相場を見ているのかわかる
  • どのようなインジケーターが使われているのかわかる
  • コメントのやり取りでコミュニケーションを取ったり情報交換ができる

また、ユーザーの名前にはバッジがついていて、その種類によってどのようなユーザーなのか、一目で見分けることが可能です。

  • 「MOD」 モデレーターという意味でTradingViewの社内の人間
  • 「BROKER」 FX業者
  • 「TOP」 一定期間内にユニークな投稿を多くしているユーザー

なお、TOPバッジは取引の成績が優秀であることを意味するものではありません。

また、「PRO」「PRO+」「Premium」のバッジは、有料プランを利用しているユーザーであって、取引の腕前を証明しているわけではありません。

投資はあくまでも自己責任で、どのアイデアを参考にするかも自分で判断しましょう。

TradingViewのメリット

上記で挙げた人気の理由以外にも、メリットがあります。

  • 高い操作性
  • デバイスや場所を選ばない

それぞれ紹介します。

高い操作性

TradingViewは直感的に操作できる、操作性の高さに特徴があります。

その操作性の高さを最も感じる場面の1つが、チャートの拡大・縮小です。

TradingViewと同様に多くのトレーダーから支持を得ているMT4/MT5では、チャートを拡大・縮小するには、下部の横軸目盛をドラッグし横にスライドさせるか、上部ツールバーにある+、- ボタンをクリックするか、ショートカットキーを利用する方法があります。

一方、TradingViewの拡大・縮小は、チャート上でマウスホイールを回すだけです。

取引スタイルにもよりますが、トレーダーは多くの銘柄をさまざまな時間軸で分析し、チャートを拡大させたり縮小させたりしながら、あらゆる視点でトレードチャンスをうかがいます。

また、過去の値動きや取引の検証をする際も、同様の作業を繰り返します。

何度も同じ操作を繰り返すことが多いので、チャート操作のストレスは極力軽減できた方がよく、TradingViewはそういったトレーダーの要望に見事に応えています。

マウスホイールでチャートを拡大・縮小できる取引ツールは他にもありますが、TradingViewほど滑らかに操作できるツールは多くはないでしょう

デバイスや場所を選ばない

冒頭でもお伝えした通り、TradingViewはインストール不要のウェブブラウザ版の取引ツールです。

インストール版もあり、Windows、Macどちらにも対応していますが、ウェブブラウザ版と機能は変わりありませんので、好みで利用できます。

ウェブブラウザ版であれば、ネット環境とログイン情報さえあれば、どこからでも自分のアカウントにログインできます。

また、スマホ用に提供されているアプリはPCで利用するツールと比較しても遜色ないほどの高性能で、十分に高度な分析が可能です。

チャートの拡大縮小は、指を使ってピンチアウト・ピンチインでできますし、利用できるインジケーターや描画ツールもPCと同様で、豊富な銘柄もチェックできます。

TradingViewアプリの最大の特徴は、PC用の取引ツールで設定したチャートをアプリに同期できる点です。

チャートレイアウトはもちろん、銘柄のウォッチリストも同期できるので、アプリであらためて設定し直す必要はありません。

仕事や子育て、家事、人付き合いなどで忙しい方でも、利用しやすいツールといえるでしょう。

TradingViewのデメリット

多くのメリットがあるTradingViewですが、デメリットもあります。

  • 一部有料
  • 利用できる FX業者が少ない

使用し始めてから戸惑わないように、あらかじめ把握しておきましょう。

一部有料

TradingViewには非常に多くの機能があります。口座開設やデモ口座登録もなく利用できますが、一部有料となっています。

無料で制限される主な機能は、以下の通りです。

  • 秒足は使えない
  • 1つのチャートに表示できるインジケーターは3つまで
  • 保存できるチャート設定は1つまで
  • 利用できないカスタマイズインジケーターがある
  • 複数チャート表示ができない
  • ウォッチリストは1つまで
  • 広告が表示される

無料でも十分に高度な分析ができるので、無理して有料プランにする必要はありません。どうしても有料プランが気になる方は、まずは30日間の無料プランで試してみましょう。

利用できる FX業者が少ない

TradingViewは無料で誰でも利用できる取引ツールですが、2021年3月現在、提携している業者が少ないのが実情です。

提携業者で口座開設しなければ、実際の取引は行えません。

TradingViewで取引できる業者は以下の通りです。

  • OANDA Japan
  • サクソバンク証券
  • FOREX.com

いずれも外資系のFX業者ですが、日本の金融庁から許可を得て営業している優良業者です。

興味のある方は、当該業者の公式サイトをのぞいてみてください。

また、TradingViewは非常に優れたツールですから、取引できなくても、分析専用ツールとして利用する価値は十分にあります。

取引用ツールとの併用を検討しても良いでしょう。

こんな人におすすめ

多種多様な分析ツールを利用したり、さまざまな市場から情報を獲得したり、特殊なインジケーターで分析したりしたいという方には特におすすめです。

さまざまな機能があると聞くと、初心者の方は使いづらそうと感じるかもしれませんが、お伝えした通り操作しやすい点もTradingViewの特徴ですから、まずは必要な機能に絞って使ってみましょう。

こんな人にはおすすめできない

特定の業者を気に入っていて、その業者がTradingViewと提携していなくて、取引環境を変えるのがどうしても嫌だという方にはおすすめできません。

TradingViewは多機能で使いやすいツールですが、慣れた環境で取引した方が良いという考え方もあります。

TradingViewについてのよくある質問

TradingViewについて寄せられる、よくある質問をまとめました。

TradingViewの機能やツールの使い方を知りたい

TradingViewには、よく利用されるインジケーターやストラテジーについて詳しく解説されているヘルプセンター(https://jp.tradingview.com/support/)があります。

自分のトレード戦略にそれらをどのように適するかは、チュートリアルのページ(https://jp.tradingview.com/u/TradingView/)を確認しましょう。

またもし、利用したいけどリストにないインジケーターや機能、ツール、ストラテジーがあれば、TradingView公式サイトからフィードバックを送信しましょう。

TradingViewは常にリストを調整し、インジケーターやストラテジーなどの追加をしています。

さらに、投稿されているトレード方法(https://jp.tradingview.com/education/)をチェックすることで、TradingViewの使い方など、多くの情報が得られます。

ぜひ活用してみましょう。

お気に入りの取引ツールが、TradingViewで利用できるか確認したい

TradingViewは無料で利用できるツールです。まずは試しに使ってみましょう。

もし無料で利用できる範囲でお気に入りのツールがなければ、30日間お試し無料プランを利用してみてください。

無料お試しプランでは、すべての機能を利用できる「Premiumプラン」を体験できます。

「Premiumプラン」にもお気に入りのツールがなければ、現在の取引ツールを利用しながら、TradingViewにお気に入りのツールが追加されるのを待ちましょう。

TradingViewのアプリがダウンロードできない

iOS、Androidそれぞれのデバイスで、サポートされているバージョンであるか確認してください。

TradingViewアプリをダウンロードしようとする際に「ご利用のデバイスはサポートされていません」といったメッセージが表示される場合は、利用中のiOSデバイス、Androidデバイスのバージョンが古い可能性があります。

TradingViewアプリはiOSバージョン11以降、Androidバージョン6以降でサポートされているので、必要に応じてバージョンアップしてください。

TradingViewの有料プラン

TradingViewには、3つの有料プランがあります。

無料で利用できるBasicプランに加え、「Pro」「Pro+」「Premium」があり、Premiumプランでは、TradingViewに搭載されているすべての機能が利用可能です。

それでは、以下の表でそれぞれのプランの主な特徴を確認していきましょう。

機能 Basic Pro Pro+ Premium
表示可能チャート 1枚 2枚 4枚 8枚
秒足 なし なし なし 1,5,15,30秒足
100以上の標準
インジケーター
利用可 利用可 利用可 利用可
1つのチャートに表示可能なインジケーター数 3 5 10 25
50種以上の描画ツール 利用可 利用可 利用可 利用可
バックテスト 利用可 利用可 利用可 利用可
設定可能アラート数 1 10 30 400
世界経済データ 利用可 利用可 利用可 利用可
経済指標カレンダー 利用可 利用可 利用可 利用可
保存可能チャート設定数 1 5 10 制限なし
広告表示 あり なし なし なし
月額料金 無料 14.95ドル 29.95ドル 59.95ドル

2021/03/25時点

なお、支払いはクレジットカードまたはペイパルで可能です。

表示はドル建なので、その時のドル円レートにより円換算された料金で支払います。

TradingViewのアカウント作成手順

これからTradingViewをはじめて利用する方のために、アカウント作成までの手順を解説していきます。

アカウントを作らなくてもチャートの操作や分析は可能です。

ただ、アカウントがないとチャート設定や銘柄のウォッチリストを保存したり、アプリと同期させたりできません

TradingViewを使うなら、無料アカウントを作っておくことをおすすめします。

TradingViewのアカウント作成手順は、以下の通りです。

  1. トップページからサインインページへ
  2. 「サインアップ」を選択
  3. サインアップ方法を選択
  4. ログイン情報を入力

①トップページからサインインページへ

TradingViewのトップページの上部にある「サインイン」をクリックし、サインインページに移動します。

②「サインアップ」を選択

サインインページの下部に、まだアカウントを持っていない方向けに「サインアップ」のボタンがあるので、クリックしましょう。

③サインアップするアカウントを選択

次のページで、サインアップするアカウントを選択できます。

Google・Facebook・Twitter・Yahoo!・Apple・Linked inもしくは、新たにメールアドレスでアカウントを作るかを選択しましょう。

④ログイン情報を入力

アカウントを選択したら、ログイン情報を入力します。

メールアドレスでアカウントを作成する場合は、使用するメールアドレスと任意のパスワードを入力しましょう。

入力後、利用規約などに同意し、「私はロボットではありません」にチェックを入れたらアカウントを作成できます。

なお、「マーケティングのEメールをオプトアウトしたい」は、TradingViewからの配信メールを拒否したいときにチェックボックスを入れてください。

受け取りたい方は、チェックせずそのままアカウントを作成しましょう。

TradingViewを使えるおすすめFX業者

すでにお伝えした通り、そもそもTradingViewを使える業者は限られていますが、先にご紹介した業者のなかでも、おすすめのFX業者をご紹介します。

  • OANDA Japan
  • サクソバンク証券

OANDA Japan

OANDA Japanは世界7都市に拠点を構え、それぞれの国の金融ライセンスを取得し運営しているグローバルなFX業者です。

OANDA Japan公式サイトで公開されている「OANDA FX ラボ」「OANDA FX エデュケーション」には、さまざまな観点から分析されたトレードに生かせる情報や、FX初心者向けのツールの解説などが満載なので、一見の価値があります。

また、1通貨からの少額取引もできるので、「本番口座で取引をしてみたいけど最初から大きな金額で取引するのは少し心配」という方にもおすすめです。

OANDA Japanは、TradingViewとあわせて、ロシアで発足したMeta Quotes社が開発した取引ツール「MT4」や、独自取引ツールも提供しています。

TradingViewを利用して、OANDA Japanの本番口座で取引するには、TradingViewのアカウントとOANDA Japanの本番口座の開設が必要です。

どちらも用意したら、TradingViewの「チャート」下部にある「トレードパネル」を選択しましょう。

表示されるFX業者の中から「OANDA Japan」を選択し、ログインしましょう。

ログイン情報は、OANDA Japanのものを入力します。

次に、アカウントを選択し、「許可する」をクリックすれば、取引が可能です。

なお、2021年3月現在、OANDA Japanの「ベーシックコース(NYサーバ)」と「プロコース(NYサーバ)」がTradingViewに対応しています。

また、OANDA Japanを利用してTradingViewで取引できるのは、71通貨ペアです。

その他の銘柄もチェックはできますが、取引はできません。

加えて、OANDA Japan以外の取引所の通貨ペアも取引できませんので、通貨ペアを表示させる際は、どこの取引所の通貨ペアなのかを必ず確認しておきましょう。

OANDAの左にあるチェックボックスにチェックを入れておけば、OANDA Japanで取引が可能な通貨ペアのみ表示されます。

サクソバンク証券

サクソバンク証券は、デンマークのコペンハーゲンに本社を構えるオンライン銀行「サクソバンクA/S」の100%子会社です。

ただ、サクソバンク証券は日本の金融庁の許可を得て、日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会に加入し、運営している国内FX業者ですし、信託保全で顧客の資産を分別管理しているので安心して取引に集中できます。

取り扱い通貨ペアが150種類以上と非常に豊富で、高いスワップポイントや狭いスプレッド、高い約定力など、魅力的な取引環境を提供しています。

サクソバンク証券を利用して、TradingViewで取引をするためには、まずTradingViewチャート下部の「トレードパネル」を選択しましょう。

次に、表示されるFX業者からサクソバンク証券を選択してください。

注意事項を確認し、チェックボックスにチェックを入れたら、「続ける」をクリックして次に進みます。

あとはサクソバンク証券のログイン情報を入力し、利用規約などを確認後承認すれば、サクソバンク証券の口座とTradingViewの連携が完了です。

(監修:牧野章吾)

タイトルとURLをコピーしました