おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
クレジットカードの国際ブランドおすすめ一覧!特徴や選び方を徹底解説
クレジットカード

クレジットカードの国際ブランドおすすめ一覧!特徴や選び方を徹底解説

クレジットカードを発行するとき、カード初心者は「どの国際ブランドを選べばいいか分からない」と思うはずです。実はクレジットカードとは別に、国際ブランドの選択も使い方に大きく影響することを知っていますか?この記事では、国際ブランドについて徹底解説します。

この記事の監修者

クレカタウン編集長 : 高橋

クレジットカードタウン編集長。今までに作ったクレジットカードは楽天カードやイオンカードなど10枚に渡り、日常生活の支払いは全てクレジットカードという徹底ぶり。多くのクレジットカードを使いこなしたからこそ分かる、お得なクレジットカード情報をお伝えします!

もっと読む

クレジットカードの国際ブランドとは?|初めてならVISAがおすすめ!

Amade_国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドとは、世界中で現金の代わりに決済ができるシステムを提供している会社のこと。国際ブランドは主に7つがメインとして使われており、それぞれ発祥国や加盟店数が異なります。

もっと読む
国際ブランド 発祥国 特徴
Visa アメリカ 世界シェアNo.1
Mastercard アメリカ ・ヨーロッパ圏に強い
・世界シェアNo.2
AMEX アメリカ ・ステータス性が高い
・旅行やホテル特典が充実
JCB 日本 日本発祥の国際ブランド
Diners Club アメリカ ・ステータス性が高い
・レストラン優待が充実
銀聯 中国 中国で圧倒的知名度を誇る
Discover アメリカ 日本では発行されていない
すべて見る

クレジットカードに記載されているマークが掲示されているお店は、加盟店と呼ばれます。基本的にクレジットカードは、加盟店で使用可能です。

もっと読む
クレカタウン編集長 : 高橋
クレカタウン編集長 : 高橋
日本で発行されているカードは、主に券面の右下に国際ブランドのマークが記載されています。

国際ブランドによって利用できるお店が異なる

free_オンラインショッピング

一口に国際ブランドと言っても加盟店数が異なるため、使い勝手や利用しやすい地域に違いがあります。自分が持っているクレジットカードに、お店側が対応していなければ利用することはできません。

国際ブランドは、お店だけでなく国や地域によって対応している種類が違うため、海外旅行に行った際に「持っているクレジットカードが使えない」ことが起こる可能性があります。

クレジットカード・国際ブランドの選び方

もっと読む
クレカタウン編集長 : 高橋
クレカタウン編集長 : 高橋
これからクレジットカードの国際ブランドを選ぶ方は、自分が主にどの国で利用するかをしっかり考えましょうね!

クレジットカードの5大国際ブランドを紹介

ここでは、日本人に馴染みの深い5大国際ブランドについて紹介します。

もっと読む
  1. JCB
  2. Visa
  3. Mastercard
  4. AMEX
  5. Diners Club
もっと読む

日本国内では、クレジットカードでこれらの国際ブランドが選べます。自分に合った国際ブランドを見つけてみてください。

もっと読む

①JCB

ロゴ_JCB

JCBは日本発祥の国際ブランドであり、国内においては圧倒的な知名度と加盟店数を誇ります。世界的に見ればVisaやMastercardに加盟店数は劣りますが、国内では不自由を感じることはありません。

プロパーカードと呼ばれるJCBが自社発行しているクレジットカードもあるため、安心&安全でステータス性の高いカードを選ぶならJCBはおすすめです。

もっと読む

②Visa

VISA_ロゴ

Visaは世界シェアNo.1の国際ブランド。圧倒的な加盟店数を誇り、日本国内だけでなく海外でも使い勝手が良いのが特徴です。

また、国際ブランドとしての信頼性も高く、セキュリティの心配がなく安心して使うことができるのも人気のひとつ。自社で発行するプロパーカードはありませんが、1枚目の国際ブランドを選ぶならVisaが最有力候補でしょう。

もっと読む

③Mastercard

Mastercard_ロゴ

Mastercardは世界シェアNo.2の国際ブランド。Visaと同様に、日本国内だけでなく海外でも使えるのがメリットです。

Mastercardは特にヨーロッパ圏で加盟店が多いのが特徴であり、レストランやホテルなど様々な場所で利用可能。ヨーロッパによく行く機会がある方は、VisaよりもMastercardが良いでしょう。

もっと読む
クレカタウン編集長 : 高橋
クレカタウン編集長 : 高橋
プロパーカードはありませんが、Mastercardも1枚あれば多くのシーンで便利です。

④AMEX

ロゴ_アメックス

American Express(通称、AMEX)は、富裕層に人気のステータス性が高い国際ブランド。クレジットカードの中では、Diners Clubと並ぶステータス性を誇ります。

旅行やホテル、空港サービスに関する様々な優待が受けられるAMEXは、他の国際ブランドよりもワンランク上のサービスを提供しています。しかし、気になるのがVisaやMastercardのように加盟店数が多くない点。

日本国内においては、JCBと加盟店相互解放をしているため、JCBが使えるお店であればAMEXが使えます。国内を中心にステータス性の高いカードを選ぶなら、AMEXが良いでしょう。

もっと読む

⑤Diners Club

ロゴ_ダイナース

Diners ClubはAMEXと並び、2大ステータスカードと評される国際ブランド。以前は弁護士や医師しか発行できなかったカードですが、現在は昔ほど取得が難しいわけではありません。

グルメ特典に強みを持つDiners Clubは、レストランでのツケ払いの役割で使えるカードとして誕生したため、カード名に「Dinners(食事をする人)」がつけられています。

AMEXと同様に、一律の限度額が設けられていないので、クレジットカードの限度額を気にしたくない方やステータス性を意識した方におすすめです。

もっと読む

国際ブランドをVISAで作れるおすすめクレジットカード5選

国際ブランドにはいくつかの種類がありますが、最も使い勝手が良いのは「Visa」といっても過言ではありません。クレジットカードの利用目的はあくまで決済であるため、加盟店数が多い国際ブランドを選ぶのが重要。

ここでは、国際ブランドでVisaを選べるおすすめのクレジットカードを5つ紹介します。

もっと読む
  1. 三井住友カード(NL)
  2. 楽天カード
  3. エポスカード
  4. JAL普通カード
  5. セゾンカードインターナショナル
もっと読む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①三井住友カード(NL)

券面_mitsuisumitomo_三井住友NL_券面ぴったり切り取り
三井住友カード(NL) 詳細
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
すべて見る

三井住友カード(NL)はポイント還元率が常時0.5%であるものの、対象のコンビニとマクドナルドでタッチ決済を利用すると、5%還元を受けられます。

大手銀行系カード会社が発行するカードであるため、セキュリティの強さも魅力であり、不正利用された可能性があるときの対応は、他社カードと比べても強化されています。表面にカード番号の印字がないのも、安全ですね。

「Visaカードといえば、三井住友カード(NL)」といっても過言ではないため、総合力の高いカードが欲しい方は申し込んでみてください。

もっと読む

②楽天カード

rakuten_楽天カード
楽天カード 詳細
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Visa・Mastercard
JCB・Amex
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
すべて見る

楽天カードは年会費無料ながら、ポイント還元率が1.0%と高く、ポイントアップの機会も豊富なクレジットカード。言わずと知れた人気カードであり、多くの方におすすめできます。

また楽天カードは2枚目のカードが無料で発行できるのも独自の特徴。1枚目にVisaを選んだとしても、2枚目にMastercardやJCBの国際ブランドが発行できます。

楽天カードがあれば、世界中で利用できること間違いありません。

もっと読む

③エポスカード

epos_エポス
エポスカード 詳細
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
すべて見る

エポスカードは年会費無料カードの中では珍しく、海外旅行保険が自動付帯されたクレジットカード。海外旅行に行く際は、エポスカードを持っているだけでもしもの時に補償が受けられます。

ポイント還元率は常時0.5%とあまり高くありませんが、旅行好きの方はエポスカードを持っておくと安心ですね。

もっと読む

④JAL普通カード

JAL普通カード
JAL普通カード 詳細
年会費 2,200円※初年度無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
すべて見る

JAL普通カードはJALカードの中でも最もベーシックな1枚。JALグループ便の利用だけでなく、普段の買い物でもマイルが貯まります。

クレジットカードで貯めたポイントは、マイルに交換したいという方におすすめ。年会費は2,200円ですが、初年度は無料で持てますよ。

もっと読む

⑤セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル 詳細
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
申し込み対象 満18歳以上
(高校生は除く)
すべて見る

セゾンカードインターナショナルは、ポイントの有効期限が無期限のクレジットカード。他社カードだとポイントの有効期限が2年程度ですが、セゾンカードインターナショナルなら長期的にポイントを貯められます。

ポイントの管理が苦手、貯めたポイントはまとめて大きく使いたいという方におすすめです。

もっと読む

【Visa以外で選ぶ!】国際ブランド別のおすすめクレジットカード

国際ブランドの様々なメリット・デメリットを知れば、Visa以外で選びたいと思う方もいるでしょう。ここでは、国際ブランドをVisa以外で選べるクレジットカードを紹介します。

もっと読む
  • JCB CARD W
  • 楽天カード
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • ダイナースクラブカード
もっと読む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

【JCB】JCB CARD W

jcb_jcbカードw
JCB CARD W 詳細
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
申し込み対象 満18〜39歳
すべて見る

JCB CARD Wは、国内有数の国際ブランドであるJCBが発行するカードであり、ポイント還元率の高さが魅力。年会費無料ながら、ポイント還元率は1.0%を超えます。

入会後3ヶ月はポイント4倍で還元率は2.0%になる他、Amazonやスターバックス、セブンイレブンなどをはじめとする店舗では、ポイントアップが受けられます。

JCBブランドなので、国内では使い勝手抜群ですよ。

もっと読む

40代以降の方はJCB一般カードへ

jcb_JCB一般法人カード
JCB一般カード 詳細
年会費 1,375円※初年度無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
すべて見る

JCB CARD Wは39歳以下限定のカードであるため、40代以降の方はJCB一般カードがおすすめ。JCBが発行するプロパーカードであり、ステータス性の高さが特徴です。

継続して利用すれば、上位カードへの切り替え案内が届くこともあるので、将来ゴールドカードやプラチナカードにランクアップもできますよ。

もっと読む

【Mastercard】楽天カード

rakuten_楽天カード
楽天カード 詳細
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Visa・Mastercard
JCB・Amex
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)
すべて見る

楽天カードは4つの国際ブランドから好きなものを選べます。2枚目のカードも無料で発行できるため、VisaやMastercardの2枚を発行すれば世界中で利用に困ることはないでしょう。

通常のポイント還元率が1.0%と高還元率なうえに、楽天市場で利用すると還元率は3.0%にもなるため、ポイントを貯めたい方は必携ですよ。

もっと読む

【AMEX】アメリカン・エキスプレス・カード

amex_アメックスグリーン
アメリカン・エキスプレス・カード 詳細
年会費 13,200円
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Amex
申し込み対象 満20歳以上
すべて見る

アメリカン・エキスプレス・カードは、AMEXのプロパーカードとして多くの方から人気があります。定番のステータスカードなので、AMEXの入門カードとしてもおすすめ。

通常のポイント還元率が1.0%と高還元率なうえに、貯めたポイントの使い道もマイルや他社ポイントなど豊富です。緑の券面デザインも爽やかでカッコいいですね。

もっと読む

【Diners Club】ダイナースクラブカード

diners_ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 詳細
年会費 24,200円
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Diners
申し込み対象 満27歳以上
すべて見る

ダイナースクラブカードは、グルメ特典が充実しているのが特徴。クレジットカードに一律の限度額ないため、限度額を毎月気にしたくない方におすすめ。

年会費はかかりますが、ステータス性抜群なので、様々なシーンで「あっ!」と驚かれること間違いありません。

もっと読む

クレジットカードの国際ブランドの選び方

クレジットカードの国際ブランドの選び方を紹介します。

もっと読む

海外でも利用するならVisa・Mastercard

free_世界地図

まず最初に言えるのが、海外でも利用するならVisaとMastercardがおすすめだということ。加盟店数が他の国際ブランドに比べても圧倒的であるため、利用に困ることがありません。

特に、Visaは世界シェアNo.1を誇るので、初めてのクレジットカードにはおすすめですよ。

もっと読む

国内での利用が中心ならJCB

ロゴ_JCB

クレジットカードを日本国内でしか使わない方は、JCBを選ぶと良いでしょう。日本発祥の国際ブランドであり、知名度の高さに定評があります。

また、JCBブランドは旅行やホテル予約で優待が受けられたり、ディズニー関連の特典があったりと独自のサービスも豊富。JCB独自の特典を受けたい方は、JCBブランドがおすすめです。

もっと読む

ステータス性重視ならAMEX・Diners Club

amade_ステータスランク

AMEXとDiners Clubは、ステータス性の高さに定評があります。カードの年会費が割高であり、独自の審査基準が設けられていることから、持っているだけで社会的信頼がある人と思われるでしょう。

2社ともJCBと加盟店相互開放をしているため、JCBが使えるお店であればAMEXとDiners Clubも利用できます。

もっと読む

クレジットカードの国際ブランドにまつわるQ&A

最後に、クレジットカードの国際ブランドにまつわるQ&Aをまとめます。

もっと読む

国際ブランドは途中で変更できる?

国際ブランドはクレジットカードを申し込む際に、選択肢の中から決定します。基本的に国際ブランドの途中変更はできませんが、以下のカードなら変更可能。

  • イオンカード
  • MUFGカード
  • ライフカード
  • 楽天カード

特に、楽天カードは2枚目のカードを無料発行できるのが便利。国際ブランドを変更するにしても、再発行手続きが必要となるためカード番号まで変わってしまいます。

その点、楽天カードならカード番号を変更することなく、新たな国際ブランドでカードを発行するだけなので引き落とし口座の再設定の手間が省けます。

もっと読む

2枚持ちに便利な国際ブランドの組み合わせは?

2枚持ちに便利な国際ブランドの組み合わせを強いて挙げるとすれば、VisaとMastercardでしょう。どちらも1,2を争う加盟店数の多さなので、組み合わせて発行すれば利用に困りません。

しかし、Visaカードが1枚あれば多くのお店を網羅できるため、1枚目にVisaを選んでいれば2枚目は好きな国際ブランドで良いと言えます。

日本発祥の国際ブランドが好きなのであればJCB、ステータスの補填として国際ブランドを選ぶならAMEX・Diners Clubから選びましょう。

もっと読む

初めてのクレジットカードなら国際ブランドはVisaで決まり!

国際ブランドは主に7つありますが、日本国内で使われているのは5大国際ブランドと呼ばれる以下の5つです。

  • JCB
  • Visa
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners Club

いずれもメリット・デメリットがありますが、初めてのクレジットカードなら国際ブランドはVisaがおすすめ。世界中のお店で使えるため、海外旅行でも利用に困らないためです。

自分好みのクレジットカードと国際ブランドの組み合わせで、カードライフをより豊かなものにしていきましょう。

もっと読む
クレカタウン編集部

クレカタウン編集部