おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
リクルートカードは還元率最強!気になるメリット・デメリットも紹介
おすすめゴールドカード比較

リクルートカードは還元率最強!気になるメリット・デメリットも紹介

リクルートカードは還元率最強の、メリット豊富なクレジットカードです。クレジットカード界の中でも有数の、1.2%還元。ホットペッパーやじゃらんでは、さらにポイント還元率がアップします。

お得なキャンペーン、気になるデメリット、作り方も解説するのでぜひ参考にしてくださいね。

リクルートカードはコスパ最強カード!

recruit_リクルート
カード名 リクルートカード
年会費 永年無料
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
貯まるポイント リクルートポイント
還元率 1.2%
申し込み資格 18歳以上(高校生除く)
すべて見る

リクルートカードのメリットはポイント還元率。クレジットカード界でもトップクラスの、1.2%を誇ります。ポイントを貯めてお得にショッピングしたい方におすすめです。

年会費は永年無料なので、費用をかけずにポイントのお得だけをゲットできる、コスパ最強クレジットカードと言えます。

もっと読む

リクルートカードの4つのメリット

h2_リクルートメリット

リクルートカードのメリットは、大きく分けて4つです。ポイント還元率はもちろん、手厚い保険もメリット。年会費無料とは思えない特典が揃っています。

  1. どこで使っても高還元
  2. 電子マネーをチャージするだけで1.2%還元
  3. 保険が充実している
  4. 国際ブランドが選べる

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

もっと読む

①どこで使っても高還元

h2_高還元

リクルートカードは、どこで使っても還元率が高いクレジットカード。多くの他社クレジットカードの還元率が0.5~1.0%の中、リクルートカードの還元率は1.2%です。

さらに、リクルートカードの最大の特徴は、使う場所によってさらに還元率が上がること。特に食品・日用品・コスメなど幅広く取り扱うポンパレモールでの4.2%還元は、他社のクレジットカードと比較しても有数の高さです。

  • ポンパレモール:4.2%
  • じゃらん:3.2%
  • ホットペッパービューティー:2.0%
  • ホットペッパーグルメ:2.0%

旅行サイトのじゃらんやホットペッパーサービスを使っている方も多いのではないでしょうか?リクルートカードで支払うと、さらにポイントをゲットでき、貯めたポイントを次の支払いに使えてお得。

もっと読む

②電子マネーをチャージするだけで1.2%還元

h3_電子マネーチャージ

リクルートカードから電子マネーにチャージすると、ポイントが1.2%還元。ただし国際ブランドがJCBだとポイント還元率は0.75%のため、注意が必要です。

とはいえ買い物だけでなく、電子マネーへのチャージでポイントが貯まるのは嬉しいですよね。チャージできる電子マネーは国際ブランドによって異なるため、公式サイトをチェックしてみてください。

もっと読む

③保険が充実している

h2_各種保険

リクルートカードは年会費が永年無料にも関わらず、手厚い保険がついています。

もっと読む
保険 金額
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
国内・海外ショッピング保険 年間200万円まで
すべて見る

もしもの時のために、万全の保険があるのは安心ですよね。国内も海外も補償してくれるのが嬉しいポイント。詳しい補償対象は、公式サイトから確認しておきましょう。

もっと読む

④国際ブランドがVISA・MasterCard・JCBの3社から選べる

h3_国際ブランド_選べる

リクルートカードは、国際ブランドをVISA・Mastercard・JCBの3社から選べます。

国際ブランドによって、チャージできる電子マネーやチャージ時の還元率が変わるため注意が必要です。国際ブランドにこだわりがない方、迷っている方は、幅広く使えるVISAを選びましょう。

もっと読む

気になるリクルートカードのデメリットは3つ

h3_リクルートデメリット

リクルートカードは使いやすさとコスパがメリットと紹介してきましたが、デメリットが存在するのも事実です。

調査してわかった、リクルートカード発行前に知っておきたい3つのデメリットを解説します。

  1. リクルートポイントのままでは使いにくい
  2. 保険や補償が自動付帯ではない
  3. 電子マネーチャージのポイント付与に上限がある
もっと読む

①リクルートポイントのままでは使いにくい

h3_リクルートポイント

リクルートカードで貯まるリクルートポイントは、そのままだと使えるサービスや場所が限られます。リクルートポイントがそのまま使える主なサービスは、以下の通り。

  • じゃらん
  • じゃらんゴルフ
  • ホットペッパービューティー
  • ホットペッパーグルメ
  • ポンパレモール
  • オイシックス(有機野菜宅配サービス)

グルメやショッピング、美容まで様々なサービスを簡単に探せて予約できるサービスが多数ありますが、普段あまり使わない方もいるでしょう。

リクルートポイントに魅力を感じない方は、Pontaポイントもしくはdポイントへ交換するのがおすすめ。1.2%のポイント還元率の高さをうまく利用して、比較的使い勝手の良いPontaポイントやdポイントに交換するのがお得の鍵です。

もっと読む

②保険や補償が自動付帯ではない

h3_利用付帯

リクルートカードに付帯している傷害保険やショッピング保険は、自動付帯ではありません。旅行費やショッピング時の代金をリクルートカードで支払うことが保険適用の条件なので注意しましょう。

もっと読む

③電子マネーチャージのポイント付与に上限がある

h3_電子マネーチャージ上限

リクルートカードは、電子マネーにチャージすることでリクルートポイントが1.2%還元されます。しかし、2018年4月16日より、利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象に。30,000円以上チャージしてもリクルートポイントは還元されないので気をつけましょう!

もっと読む

リクルートカードはwebから3ステップで作れる

h3_リクルート3ステップ

リクルートカードのメリットとデメリット、どちらも紹介してきました。メリットデメリット比較して、発行を検討する方に向けて、リクルートカードの作り方を紹介します。

リクルートカードは、Webから3つのステップで簡単に発行できます。

  1. リクルートID取得して申し込み
  2. 必要な情報を入力
  3. カード受け取り&ポイントゲット

詳しく解説するので、一緒に手順を見ていきましょう。

もっと読む

①リクルートIDを取得して申し込み

h3_リクルートID

リクルートカードを作るには、webからリクルートIDの取得が必要です。リクルートIDを取得しログインしたら、国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBの3つから選びましょう。

もっと読む

②必要な情報を入力する

h3_情報入力

会員規約を確認したら、次に必要な情報を入力しましょう。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 職業
  • 勤務先の所在地
  • 電話番号 -資本金
  • 従業員数
  • 入社年月
  • 年収

オンライン口座振替サービスを利用する場合、支払い口座の設定手続きも必要になるので確認しておきましょう。

もっと読む

③カード受け取り&ポイントゲット

h3_受け取り_ポイント

必要な情報を入力したら、カードが届くのを待ちましょう。およそ1~2週間ほどで手元に届きます。

もっと読む

リクルートカードでポイントをお得にゲットしよう

h3_リクルート_まとめ

リクルートカードの、いつでも、どこで使っても1.2%還元は他のカードにはない特徴です。また、ポンパレモールやじゃらん、ホットペッパーでのポイントアップもかなりお得。

リクルートカードは年会費無料なので、初めてのクレジットカードとしても、サブカードとして作っても損はなし。まずは気軽に申し込んでみましょう!

もっと読む
クレカタウン編集部

クレカタウン編集部