車査定のベストタイミングは3月と9月!時期を逃すと自動車税発生の恐れ

車査定をするなら3月」というのは、車が高く売れる季節だから本当の話だ。

  • なんで3月は車が高く売れるのか知りたい
  • 3月に車を売ると税金が戻ってこないって本当?
  • 3月に限らず、車を高く売る方法を知りたい

この記事は、3月に車を売ると高く売れる理由はもちろん、どうして3月が良いのかについて解説している。

そして注意しなければならない「売るタイミングを間違えると3月とはいえ自動車税が発生する」という問題についても解説している。

仮に今が3月ではなかったとしても、時期に関係なく車を高く売る方法についても紹介しているので、最後までしっかり読み進めてほしい。

1.3月に車を売るなら「上旬」までに契約を済ませるべき

3月に車を売ると良いと言われているのは、以下2つの理由があるからだ。

  • 中古車が売れる時期であるため、車が高く売れる
  • 3月中に車を売れば、自動車税を納めなくて良い

車が高く売れる理由については次章でお話しするが、まずは注意点である「自動車税についての注意事項」をお伝えするので読んでほしい。

売るタイミングを間違えると、あなたに納税の義務が発生してしまうことがあるので、これからその回避方法を紹介する。

3月に車売るメリット「自動車税を回避できる」

自動車税についてお話すると、毎年4月1日時点で車検証に記載されている所有者が、翌年3月までの税金を納める必要がある。

つまり、3月中に車を売ってしまえば、自動車税を納める必要がなくなるのだ。

自動車税の税額については、以下の一覧表の通りだ。

排気量(㏄) 年額(円)
軽自動車 10,800
普通乗用車 ~1000 25,000
1,001~1,500 30,500
1,501~2,000 36,000
2,001~2,500 43,500
2,501~3,000 50,000
3,001~3,500 57,000
3,501~4,000 65,500
4,001~4,500 75,500
4,501~6,000 87,000
6,001~ 110,000

上記の金額を納めなくても良くなるのであれば、3月中に車を手放したいと思うのは当然だ。

しかも、3月なら中古車の需要が高まり、高く売れるのであればなおさらである。

しかし「車が高く売れる」という部分に注目すると、実はベストな時期は「1?3月上旬」と「9月」の2つと言える。

3月は3月でも「上旬」までの理由

先程お話ししたが、自動車税の納税義務は「毎年4月1日時点の所有者」だ。

そして、車は売却しても買取店側が名義変更をしない限り、名義はあなたになっている。

つまり、3月の下旬に車を売ると、名義変更が遅れて4月1日以降になってしまう可能性がある。

そのため車査定をする車買取店や自動車ディーラー側としては、「3月上旬まで」に車査定を完了して、スムーズに名義変更を完了させたいと思っているのだ。

つまり3月上旬までに車査定を完了させると「無駄に損する可能性が低くなる」ということになる。

「3月に車を売ればいい」と安心している人は、自動車税については気をつけてほしい。

もちろん、3月中に売買契約を済ませてしまえば、あなたに納税書が届いても買取店側が対応してくれる。

しかし一度はあなたが納付しなければいけないので、面倒を避けたいのであれば3月上旬までに車を売るのがベストだろう。

自動車税については、以下の記事で詳しく解説しているので、是非ご覧いただきたい。

自動車税についての注意事項をよく理解したら、次章ではいよいよ本題の「3月に車を売ると高い」と言われる理由と車売却のベストタイミングについて紹介していく。

2.3月に車を売ると高い理由と「9月」もオススメな理由

3月に車を売ると高いと言われる最も大きな理由が「車が売れる時期だから」ということだ。

これは、4月からの新生活シーズンに向け、通勤や通学用に車を買う人が増えるからである。

しかし、それは3月だけに限った話ではなく、実は「9月」も同じ理由で車が高く売れるのだ。

早速、どうしてなのか客観的なデータを用いて解説していく。

新車は1月~3月、9月期間の需要が高くなってくる

新車は1~3月に需要が高くなる。

あなたも知っているかと思うが、実際に様々な自動車ディーラーが1~3月期に「決算間近!車の買い替えはお早めに!」などというPRをしている。

これはすべて「需要が高くなるから、自動車ディーラーとしても売りたい時期」といえるのだ。

9月もディーラーの間では、準繁忙期と呼ばれており、車が売れる傾向にある。

そこで下記に筆者がまとめた過去3年分のデータを載せておくので、ご覧いただきたい。

※出典:一般社団法人日本自動車販売協会連合会のホームページ「新車登録車合計」より

この表をご覧いただくと分かるかと思うが、実際に1~3月にかけて新車の登録台数が急増している。

そのため1~3月期に関しては、本当に高い需要があるということになるのだ。

また3月ほどではないが、9月も同様に新車が売れていることが分かる。

新車が売れるということは、中古車も売れることを意味しており、1月?3月と9月は、車が最も売れるシーズンと言える。

中古車も同様に需要が高くなる

1~3月期は新車の需要が高いのだが、言い換えると「新車だけではなく中古車も含めた“車全体の需要が高い”」ということができる。

そのためこの期間は中古車の販売台数も増加し、販売店ではそれを見越して、中古車在庫をこの期間までにしっかり揃えておきたいのが本音なのだ。

つまり「3月で最高潮となる中古車需要に合わせて、商品となる良質な中古車を仕入れておきたい」ということになる。

需要に合わせると「1月?3月上旬」「9月」に車を売るのがベスト

結論として、こうした点を考慮すると「1月?3月上旬」「9月」に車を売ると、最も高く売れる可能性がある。

売れる期間であれば車が長期在庫化するリスクも低くなり、結果的に在庫管理コストをカットすることが可能だ。

その分買取価格に上乗せすることができるため、この時期は車を高く買い取っても利益を出せるのだ。

しかし、車は買い取ってからすぐに再販できるわけではなく、不具合の修理や内外装の清掃処理をしなければいけない。

3月に売りたい車を3月に仕入れたら、準備している間に高需要の期間が終わってしまう可能性がある。

そうならないためにも、3月に車を売るよりも前に売却することを、筆者はオススメしている。

需要期前に売却するともっと車が高く売れる可能性

3月または9月に車が売れるということは、その時点で販売店に車が商品として並んでいる必要がある。

そのため3月や9月に入って車を売ると時期を逃してしまう可能性があるため、筆者はそれより少し前のタイミングで車を売ることをオススメしている。

先程のグラフを見ると、4月の新車販売台数は1年で最も落ち込んでいることが分かる。

これは3月に需要の先食いが発生しているためで、4月は反動から車が売れない時期になっているのだ。

つまり「3月に車を売ろう」と考え、なんだかんだと月末になってしまった場合、最も売れない時期に店頭に並ぶ商品となってしまう。

これでは確実に高価買取はされない上、前述の通り自動車税が発生するリスクがある。

筆者としては、3月上旬を逃したら車を売るベストタイミングは逃したと言っても過言ではない。

高価買取を確実なものにするためにも、高需要期の1ヶ月前には売却することをオススメする。

しかし筆者としては、正直なところ「車買取店の需要を気にしなくても高く車査定をしてもらえる」というのが本音である。

というのも、車の相場は毎月下がっていく一方なので、時期にこだわって結果的に損をする可能性があるからだ。

3月を待つ間にモデルチェンジや強力なライバル車が発売されたら、それだけで買取相場はグッと下がってしまい「こんなことならすぐに売ればよかった」と後悔する結果になる。

「3月または9月が良い」というのは、あくまでその時期がすぐにやってくる場合である。

それ以外の時期であれば、他の車を高く売る方法を実践した方がいい結果が得られる。

そこで次章では、確実に高く車査定される方法として「車一括査定」というサービスを紹介していく。

このサービスは本当に簡単な申込みをするだけで、間違いなく最高額の車査定結果を引き出すことができるため、ぜひ今車査定を悩んでいるあなたは解説をご覧になって利用することをオススメする。

3月または9月に車を売る人でも有効な方法なので、最後までしっかり読んで後悔のない車売却を実現してほしい。

3.車一括査定を使えば時期関係なく高く売れる

ハッキリ言って、車を売る時期は「もう少しでその期間に被るなら待った方が良い」という程度だ。

車を手放すなら1日でも早い方が相場も高いため、筆者としては「売りたいと思った時」がベストタイミングと断言する。

どうしてそんなことが言えるのかというと、実は車を高く売るためには時期よりも気にするべきことがあり、それを実践するだけで確実に最高額で車を売ることができるからだ。

車を高く売るなら「相見積もり」するだけで良い

もし時期に関係なく車を高く売りたいなら、複数社に車を査定してもらい、その結果を比較するのが一番だ。

これを「相見積もり」と言い、それがカンタンにできてしまうのが車一括査定だ。

実際に、相見積もりで得した人の口コミをいくつか抜粋して紹介していく。

この差を見ると「時期を気にするよりも複数社に査定してもらった方が良さそうだ」と思うだろう。

しかし同時に、複数社に査定をしてもらうことを非常に面倒に感じることだろう。

そこでオススメしたいのが、車一括査定を使って複数社に査定依頼をすることだ。

たった一度の申し込みで複数の買取業者に査定申し込みが完了してしまうので、あとは自宅で査定を受けて結果を比較するだけで良い。

とはいえ車一括査定は同様のサービスが多数あるので、筆者がオススメを厳選した結果をこれから紹介しよう。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ナビクル車査定は買取業者を厳選している

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定TOP3を紹介する。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

依頼でポイントがもらえる「楽天オート」

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

買取業者からの電話なし「ユーカーパック」

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、5,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

早く最高の結果を得たいなら、全ての業者を同日同時刻に呼ぶ

車一括査定がどんなサービスか理解し、便利そうだと思っても、複数社の査定を受けるのは面倒と思う人もいるだろう。

そこで筆者がオススメしている方法が、全ての業者を同日同時刻に呼ぶことだ。

あなたの自宅に3?5社の営業マンを呼び「名刺の裏に査定価格を書いて渡してほしい」と伝えるだけで良い。

各社はなんとしても自社に売却してほしいと思うため、駆け引きなしの最高額を名刺の裏に記載してくるはずだ。

あなたはその結果を比較し、最も高い金額を提示した1社と交渉すれば良い。

この方法なら、何社に査定を依頼しても1日で片付いてしまうため、急いでいる人や面倒をなるべく少なくしたい人にオススメだ。

詳しい方法は以下の記事に記載している。

4.まとめ

  • 3月に車査定をすると、名義変更が間に合わず自動車税の請求が来る可能性
  • 3月や9月は車が多く売れている時期なので、販売店は特需に向けた仕入れを積極的に行う
  • 3月に販売する車が高く売れるので「1月~3月上旬まで」に車を売るべき
  • 時期にかかわらず高く車査定してもらうためには「車一括査定」を利用すべし
  • 複数社の査定が面倒なら、全車を同日同時刻に呼ぶのがオススメ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事