【持ち込み査定VS出張査定】どちらがいいのかメリットデメリット比較

車査定を依頼するとき、自分の車を持ち込めばいいのか、もしくは出張査定を依頼すれば良いのか迷ってしまうだろう。

それもそのはず、あなたには下記のような悩みがあるからだ。

  • 持ち込みor出張査定で、査定額に違いは出るのだろうか
  • 出張査定を依頼すると、余分な費用を取られてしまわないだろうか
  • 絶対に最高額で車を売る方法を知りたい

これから車を売るあなたにとっては、どれも絶対に抑えておきたいポイントばかりである。

先に持ち込み査定と出張査定のメリット・デメリットをまとめた表をお見せする。

比較 メリット デメリット
持ち込み査定 ・予約不要なケースが多いため、自分の都合で利用できる
・自宅に知らない人を招かなくて良い
・データを確認しながら細かく査定するため、正しい査定結果が出る
・時間がかかりすぎる(混雑時は待たされる)
・営業マンと1対1の交渉をしなければならない
・帰宅手段がなくなる可能性がある
出張査定 ・時間がかからない
・競合させるのが非常にラク
・任意の場所で査定してもらうことができる
・自力で予約を取らなければならない

今回は、ディーラーの中古車査定士をしている筆者が、持ち込みによる車査定について詳しく解説していこう。

この記事さえご覧になっておけば、持ち込み査定で損することなく、確実に最高額で車査定されるということは間違いないだろう。

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値を知っているだろうか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いだ。

ディーラーや買取店は、ただただあなたから買い取った車を横流しして利益を上げているだけなのだ。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることができる。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒だと思うだろう。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うことだ。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出る。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKなのだ。
だまされたと思った一度利用することをオススメする。

おそらくあなたは出てきた査定額にビックリするだろう。

大手優良業者に厳選、申し込みと同時に愛車の相場がわかる「ナビクル車査定」 →  ナビクル車査定

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービス「 ズバット車販売 」がある。

中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

相談はどんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://www.zba.jp/car-hanbai/

目次

1.持ち込み査定と出張査定の違い

車査定をしてもらう方法は下記2つだ。

 

  1. 「買取店」で行う持ち込み査定
  2. 「自宅」で行う出張査定

先に結論をお伝えしておくと、持ち込み査定も出張査定も、金額が変わることはない。

その点だけクリアにした上で、両者の違いを確認していく。

方法1.「買取店」で行う持ち込み査定

持ち込み査定はその名の通り、店舗に車を持って行って車査定をしてもらう方法である。

持ち込み査定

持ち込み査定

そして車査定をする場合には、特に予約をせずとも受け付けてくれるケースが多い。

そのため一般的な持ち込み査定の流れとしては、以下の流れになる。

  1. 予約(なしでも受け付け可能なケースが多い)
  2. 車の持ち込み
  3. 店舗にてデータなどを確認しながら車査定
  4. 車査定をしてもらっている間、待合室などでゆっくり待つ(30分程度)
  5. 査定額の提示

そしてこの中で覚えておいてもらいたいのが、「データの確認」と「待たされる」という点であり、大きなメリット・デメリットにつながっている。

ちなみに今でも持ち込み査定は一般的であり、実際に筆者のディーラーや、筆者の友人が勤務する車買取店でも、お客様が突然「車査定をお願いしたい」とやってくるケースは多い。

そして「営業をかけなくてもお客様が来てくれた」というのは非常にありがたいため、快く車査定をしてくれると思っても問題ない。

方法2.「自宅」で行う出張査定

出張査定は車買取店やディーラーに連絡をして、指定した場所や日時に合わせて査定をしてもらう方法である。

自宅による出張査定

自宅による出張査定

車買取店やディーラーの担当者も常に対応できるとは限らないため、先に予約しなければ査定をしてもらえないケースが多い。

そのため下記のような流れで、出張査定をしていくことになる。

  1. 電話連絡および査定場所・日時の予約
  2. 指定した場所に来てもらい車査定
  3. 10~15分ぐらい後に査定額の提示

ご覧いただいた通り、実は持ち込み査定よりも手順は簡略化されている。

つまりこちらの出張査定の方が楽なのだ。

また覚えておいてもらいたいのだが、出張査定を依頼された車買取店やディーラーは「直接車を見ていないため、先にある程度の金額を決めてくる」という特徴がある。

そのため持ち込み査定が「直接データと照らし合わせて査定額を提示する」というのに対し、出張査定では「金額がある程度先に決められている」ということになる。

ちなみにどの車買取店やディーラーでも、出張査定に関しては「無料」としているところが圧倒的に多い。

というのも出張査定は営業活動の一環であるため、例えば新車商談などと同様に無料で対応して当たり前なのだ。

そのためよほどの僻地や山間部などではない限り、無料で対応されると思っても間違いない。

※有料と言われた場合は悪徳業者の可能性が高いので、すぐに断りを入れることをオススメする。

以上、持ち込み査定と出張査定の特徴をお伝えした。

主に異なるのは「査定場所」「査定方法」の2つだが、あなたは「査定方法が違うのにどうして結果は同じになるのか?」と思っただろう。

カンタンに説明すると、持ち込み査定は車の情報を確認し、概算の査定額を算出してから実車のチェックとなる。

対する出張査定は、予約時に車の情報を伝えているため、事前に概算の査定を済ませて当日は実車のチェックのみとなる。

つまり、査定内容としては結局同じことをしているため、肝心な金額は変わらないということになるのだ。

疑問が解決したところで、持ち込み査定・出張査定それぞれのメリットとデメリットについて、詳しく紹介していこう。

2.持ち込み査定3つのメリット・デメリット

前章で説明した特徴をご覧になると、あなた自身でもメリット・デメリットはイメージすることができただろう。

ここで冒頭で紹介した一覧表を、もう一度紹介しよう。

比較 メリット デメリット
持ち込み査定 ・予約不要なケースが多いため、自分の都合で利用できる
・自宅に知らない人を招かなくて良い
・データを確認しながら細かく査定するため、正しい査定結果が出る
・時間がかかりすぎる(混雑時は待たされる)
・営業マンと1対1の交渉をしなければならない
・帰宅手段がなくなる可能性がある
出張査定 ・時間がかからない
・競合させるのが非常にラク
・任意の場所で査定してもらうことができる
・自力で予約を取らなければならない

持ち込み査定3つのメリット

持ち込み査定のメリットは下記に箇条書きした通りである。

持ち込み査定の3つのメリット
  1. 予約不要なケースが多いため、自分の都合で利用できる
  2. 自宅に知らない人を招かなくて良い
  3. データを確認しながら細かく査定するため、正しい査定結果が出る

メリット1.予約不要なケースが多いため、自分の都合で利用できる

持ち込み査定の最大のメリットは「当日空いた時間に飛び込みで利用ができる」という点だ。

予約をしなくても利用ができるため、思い立った時点で買取店に足を運べばそのまま査定を受けられる。

先程もお伝えした通り、買取店の仕事は車を買い取ることなので、査定を嫌がるような営業マンはいない。

悪天候だと車査定がしにくくなり、満額の査定とならないケースがあるため、天候的にもベストコンディションな日に査定を受けられるのは大きなメリットと言えるだろう。

メリット2.自宅に知らない人を招かなくて良い

プライバシーが気になる人にとっては、見ず知らずの査定員を自宅に招くのは抵抗があるだろう。

家族や近所の人に車を売ることを知られたくない人は、特に自宅で査定を受けるわけにはいかない。

持ち込み査定なら買取店で査定を受けられるため、自宅に知らない人を招き入れる必要はない。

店内では待ち時間を快適に過ごすために、飲み物や雑誌などを用意しているケースがほとんどで、苦にならないよう配慮されている。

雨の日や炎天下、極寒の中の査定なら、なおさら快適な店内で過ごしたいと思うはずだ。

メリット2.データを確認しながら細かく査定するため、正しい査定結果が出る

持ち込み査定は店舗で行うため、査定に必要な材料や道具が全て揃っている。

例えば、車査定は以下の3項目が必須となっている。

  • 買取相場のデータ確認
  • 詳細な査定項目別の評価の確認
  • 上長による提示額の確認

この時、確認しづらい箇所があればスポットライトや専用の工具を用いて確認が可能だ。

また店舗内に上長がいるため、査定価格の交渉もスムーズに行える。

このように、確実に全てのポイントを取りこぼしなくチェックできるため、正しい査定額が提示されるのだ。

持ち込み査定3つのデメリット

一方、持ち込み査定のデメリットは下記に挙げた通りである。

持ち込み査定の3つのデメリット
  1. 時間がかかりすぎる(混雑時は待たされる)
  2. 営業マンと1対1の交渉をしなければならない
  3. 帰宅手段がなくなる可能性がある

デメリット1.時間がかかりすぎる(混雑時は待たされる)

持ち込み査定は予約なしで受けられるメリットがあるが、その分待たされる可能性がある。

例えば土日祝日は査定が混み合う可能性があるため、下手をすれば店舗で数時間待たされるケースがあるのだ。

特に新車が売れる2?3月や8?9月は、買い替えによる売却が増え、結果的に査定件数も増える。

またあまりに査定が混み合っていると、断られてその日は査定が受けられない可能性もある。

デメリット2.営業マンと1対1の交渉をしなければならない

後ほど詳しくお話するが、車を最高価格で売るなら複数社の査定結果を比較するのが一番良い。

そういう意味では、買取店の査定だと複数社による同時査定ができないため、1対1で交渉をすることになる。

営業マンは他社の査定を受けることを嫌うので、強引に契約を迫ってくる可能性も十分ある。

また上長なども交渉に参加し、復数対1になってしまい、結果的にあなたが不利な立場に陥る可能性もあるのだ。

店舗に出向くということは、相手のホームグランドで車査定をしてもらうということである。

つまり交渉をしていくときも、担当者からすると「仲間が多くいる環境だから強気でいられる」と思い、かえってリラックスされてしまうのだ。

その結果、交渉が難航する=高額査定に結びつかないケースが多いと言えるのだ。

デメリット3.帰宅手段がなくなる可能性がある

車の相場は日々変動するため、基本的には「契約成立=即日引き渡し」だと思った方が良い。

つまり持ち込み査定で契約成立すると、自宅に帰る手段がなくなってしまうのだ。

近所であれば買取店のスタッフが自宅まで送ってくれるケースもあるが、遠方だとそうはいかない。

最寄り駅までの送迎くらいはあるが、そこから公共交通機関を使って帰宅しなければならない。

また買い取ってもらう車に大量の荷物がある場合、これらも持ち帰らなければいけないのだ。

もし契約前提で持ち込み査定を受けるなら、家族に迎えに来てもらう等の交渉を事前にしておくべきだろう。

ここまで、持ち込み査定のメリットとデメリットを紹介した。

次章では、出張査定のメリットとデメリットを紹介していく。

3.出張査定3つのメリット1つのデメリット

タイトルを見てお気づきかもしれないが、出張査定はメリットに対してデメリットが少ない。

つまり、筆者は出張査定をオススメしており、これからメリットとデメリットをわかりやすく紹介していく。

出張査定3つのメリット

出張査定のメリットは、下記に挙げた3つである。

持ち込み査定の3つのメリット
  1. 時間がかからない
  2. 競合させるのが非常にラク
  3. 任意の場所で査定してもらうことができる

以下に分けて解説していくが、どれも重要なのでしっかりチェックしてほしい。

メリット1.時間がかからない

持ち込み査定と比較すると、出張査定はかかる時間が圧倒的に少ない。

その理由はこれまでにも説明してきた通り、事前に査定額をある程度決めているからだ。

出張査定は申込時に、車種や年式、走行距離を伝えるケースがほとんどで、担当者はその情報を基に査定額を算出しているのだ。

そのため実査定の際には「想定外のキズや凹みがあるかどうか」という点しか見ていないケースが多く、時間が全然かからないケースも多い。

ちなみに筆者がこれまで競合したことのある同業者の中には、特にキズや凹みについて確認することなく、すぐに価格交渉をするケースも多かった。

メリット2.競合させるのが非常にラク

前章でもお話した通り、最高額を引き出すためには複数社による競合が必須である。

その場合、持ち込み査定より圧倒的に出張査定の方が有利になる。

出張査定なら、複数社を競合させるためには以下の2つだけ守れば良い。

  • 同日同時刻にてアポ取りをする
  • 一気に複数社を集めて、その場で競合させられる

持ち込み査定だと複数店舗を回らなければいけないが、出張査定なら全くそんな手間がかからないのだ。

また持ち込み査定の場合「他社も回る」と話すと、営業マンはそれを阻止してこようとする。

そのため強引に契約を迫られるケースもあるが、出張査定なら複数社が同時に立ち会うのでそんな心配はない。

メリット3.任意の場所で査定してもらうことができる

実は出張査定を依頼するとき、自宅ではない場所でも指定することが可能である。

そのため例えば、以下のような場所でも査定を受けられる。

  • 職場の駐車場
  • 実家
  • 公園
  • スーパーの駐車場

普通であれば自宅で査定を受ければいいのだが、車検が切れている車を売る時には出張査定のメリットは大きい。

車検が切れていれば当然車を動かすことはできないため、持ち込み査定は受けられない。

しかし出張査定なら査定員が車の保管場所まで来てくれるため、車検切れの車でも売ることが可能になる。

自宅以外で出張査定を受ける場合、スーパーや公園から「不可」とされる場合には利用できないが、指定できる場所の範囲はかなり自由度が高いと思って問題ない。

以上、出張査定のメリットについて解説してきたが、一見するとすべて魅力的に映る。

しかし次に解説していくデメリットを解決できてこそ、メリットを最大限に享受できるため、きちんとご覧いただきたい。

出張査定1つのデメリット

出張査定のデメリットはただひとつ、「自力で予約を取らなければならない」ということである。

持ち込み査定なら空いている時間に買取店に出向けばいいが、出張査定は予約をした上で相手に来てもらわないといけない。

買取店に電話をしても「店舗まで持ってきてもらえませんか?」と言われてしまうケースもあるため、人によってはアポ取りが面倒だと思うかもしれない。

筆者が勤める店では、古い車で出張査定を申し込むお客様に対しては、なんとか来店願えないかと交渉をしていた。

出張査定は人件費がかかるため、古い車のような利益が望めないケースでは、正直あまり出向きたくないのが買取店の心情なのだ。

事実、買取店に出張査定を断られたという人は、Twitter上でも見かける。

出張査定を断られたら全てのメリットが台無しになってしまうため、店舗に直接出張査定の申し込みをするのは避けるべきである。

実際、出張査定は

  • 手間
  • かかる時間
  • 場所の自由度
  • 高額査定の引き出しやすさ

から見て、持ち込み査定より優れていることは明白だ。

そこで、確実に出張査定の申し込みができて、なおかつ複数社が同時に競合する環境を整えられる唯一の方法を紹介しよう。

4.車一括査定なら複数社へ出張査定の申し込みが可能

前章の説明から導き出された結論は、以下の3つだ。

  • 持ち込み査定より出張査定の方がメリットが多い
  • 出張査定は複数社が同時に競合することで最高額で車を売れる
  • 店舗に直接申し込むと出張査定を断られるケースがある

特に後半2つに関しては、クリアするためには「確実に複数社の出張査定を受ける」ことが必須だ。

そこで筆者がオススメしているのが、車一括査定を使って出張査定に申し込む方法だ。

サービスの詳細は下記にしていくが、誰でも簡単に申し込み可能であり、手間なく競合探しとアポ取りができるので、ぜひ利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ナビクル車査定は買取業者を厳選している

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定TOP3を紹介する。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

依頼でポイントがもらえる「楽天オート」

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

買取業者からの電話なし「ユーカーパック」

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、5,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.出張査定で損しないための心得2つ

車一括査定を使えば、出張査定の申し込みは何も心配いらない。

買取店からの連絡に応じ、全ての査定員を同日同時刻に集めてしまえばいいだけだ。

そうすれば、勝手に競り合いが始まってあなたの車の査定価格はどんどん上がっていく。

しかし、出張査定の当日に最高額を引き出すためには、以下2つの心得を覚えておきたい。

  1. 洗車をして車をキレイにしておく
  2. 査定員の営業トークに惑わされない

心得1.洗車をして車をキレイにしておく

「洗車をしておくと査定価格が高くなる」というのはウソだが「洗車をしていないと査定価格が下がる」というのは本当だ。

洗車をしていない車はホコリや汚れで傷の確認がしづらく、どうしても「傷や凹みあり」という前提で査定価格を算出しなければいけない。

そのため査定価格を上げるための洗車というより、査定価格を下げないための洗車が必要と言える。

内装に関しても同じことが言えるため、汚い車内は査定価格が下がってしまう。

そうならないためにも、出張査定前に内外装をキレイにしておくことは大事だ。

また査定員も人間なので、キレイにされている車の方が好印象であることは間違いない。

洗車をするメリットはあってもデメリットはないため、しておいて損はないだろう。

心得2.査定員の営業トークに惑わされない

強引に契約を迫ってくる査定員は、持ち込み査定、出張査定問わず実在する。

出張査定は査定員の出張費がかかっているため、契約不成立だと買取店の赤字に繋がる。

それを阻止するために、しつこく契約を迫ってくる査定員がいるため注意が必要である。

注意したい営業トークは、以下の2つだ。

  1. 「今契約してくれたら特別に数万円アップします」
  2. 「他社で査定を受けるなら、もうこの金額は付けられない」

どちらも今すぐに契約を迫るものだが、営業トークなので惑わされてはいけない。

出張査定と言えども、初回で最高額を提示することは絶対にない。

本当はもっと高く買い取れるのに、わざと低めの額を提示してこのような営業トークを繰り出すのだ。

初めから最高額を提示するよりも、小出しに金額を上げた方が「得した!」と思わせることができるため、こうした営業トークはよく使われている。

また「他社の査定を受けるなら特別額は無効になる」と脅してくる査定員もいるが、これはウソと思って良い。

買取ができなければ困るのは買取店側であり、あなたにとっては何も困ることはない。

そのためあなたが優位であることは確実なので、こうした営業トークは軽くあしらってしまって構わない。

中には契約するまで帰らない悪質な査定員もいるが、初めから複数社を同時に呼び「一番高い業者に売る」と伝えればそんな心配もなくなる。

6.まとめ

  • 持ち込み査定はかかる手間と得られる結果のバランスが悪く、オススメしない
  • 逆に出張査定に関しては、競合させやすさや時間・手間の面から見て、かなりオススメできる
  • 実際に最高額を引き出すには、出張査定で複数社を一気に競合させてしまうのがオススメ
  • 出張査定の申し込みは、競合探し&アポ取りが一気にできる「車一括査定」がオススメ
  • しつこい査定員や営業トークに惑わされないようにすることが大事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事