代理で車売却するために必要な書類と取得方法、用意できない時の対処法
  • 他人名義の車を理由があって売却しなければならない
  • 他人名義の車を売る書類や手続き内容を知りたい
  • 最もカンタンに代理で車売る方法を知りたい

あなたは今、訳あって他人名義の車を売らなければいけない状況にいるのではないだろうか?

車は高額なので法律上も財産となり、不動産などと同じ扱いになるので他人名義の車を売るのは非常に大変だ。

代理で車買取を依頼するということは、あなた自身に決定権がない場合もあるため「無理に進めていくと、後でトラブルになってしまう」という可能性が高い。

しかし不可能なことではないので、この記事では他人名義の車を売却する方法や、必要書類について詳しく解説していく。

必要書類を急いで知りたいという人のため、まずは必要なものを記載しておくので役立てて欲しい。

「車の所有者」が準備する7つの必要書類

  1. 車検証
  2. リサイクル券
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車税納税証明書
  5. 印鑑登録証明書
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

「代理で車売却する人」が用意する2つの書類

  1. 委任状
  2. 身分証明書

1.他人名義の車を売却する2つの方法と必要書類

冒頭でもお伝えしたが、車は財産なので所有者以外が売ることは「基本的にできない」というのが正解だ。

この場合の「所有者」というのは、車検証に記載されている「所有者氏名」に記載されている人物だ。

もしローンなどで車を購入している場合には、所有者はローン会社となるのが普通であり、売却する際にはローン会社に書類送付をお願いしいた上で、車買取の依頼をすることになる。

以上のことからも分かるように、あなた以外が所有者となっている車を、あなたの独断で車買取してもらうことはできないということになる。

少し長くなったが、これが前提となる。

ただし、車所有者が売却に同意しており、書類を用意してくれる場合に限り代理で車を売ること可能になる。

代理で車を売るのには2つのパターンがあるので、それぞれ紹介していこう。

  • パターン1.あなたが窓口となり代理で車を売却する
    流れ:車の所有者→ディーラーや車買取店→車の所有者がお金を受け取る
  • パターン2.あなたの所有物にした上で車を売却する
    流れ:車の所有者→名義変更で所有者変更→ディーラーや車買取店→あなたがお金を受け取る

これだけだと分かりづらいので、上記の関係を図解したものをご紹介しよう。

代理人に車買取をしてもらう場合

代理人に車買取をしてもらう場合

この図を見ると分かるように、名義変更によってあなた自身が所有者になってしまえば何ら問題なく車を売却することができる。

そうではなくても、所有者が書類を用意すればあなたでも車の売却が可能であり、これがパターン1の例だ。

そこでこれから、各パターンの手続きの流れと必要書類を紹介していこう。

パターン1.あなたが窓口となり代理で車を売却する

車の所有者が売却に同意して、書類を用意してくれればあなたが窓口となって車売却が可能になる。

ローンで購入した車を売却するのもこのパターンだ。

この場合は車の所有者、代理で車売却をする人2名がそれぞれ用意しなければいけないものがあるので、まずは一覧表でご紹介しよう。

必要な書類(もの) 普通自動車 軽自動車 用意する人
実印 車所有者
認印 車所有者
印鑑証明書 車所有者
自動車検査証(車検証) 車所有者
自動車税納税証明 車所有者
自賠責保険証 車所有者
リサイクル券 車所有者
譲渡証明書 車所有者
委任状 車所有者
代理人
身分証 代理人

車の所有者が用意しなければいけないのは、以下7つの書類だ。

「車の所有者」が準備する7つの必要書類

  1. 車検証
  2. リサイクル券
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車税納税証明書
  5. 印鑑登録証明書
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

それぞれ以下に分けて簡単に説明していこう。

【所有者が用意する】1.車検証

車検証は先ほども述べた通り「所有者の氏名」が載っている書類だ。

そして車買取をされるということは、言い換えると「車検証の内容を書き換える(名義変更をする)」ということになるため、本紙が必要になる。

また通常は車検証入れというケース内に保管されており、車検証入れ自体も車のダッシュボード内に保管されていることがほとんどである。

【所有者が用意する】2.リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中に保管されていることが多い書類であり、自動車を廃車にするときに必要となる料金(リサイクル料金)が記載されているものだ。

この書類は仮に無くしてしまったとしても、車買取店がインターネット上で料金の確認をするだけであるため、重要度はそれほど高くない。

【所有者が用意する】3.自賠責保険証明書

自賠責保険の証明書も車検証入れの中に保管されていることが多く、「車検付き」の状態で車買取をしてもらう場合には、自賠責保険の名義変更もされるため必要となる。

そのため車検切れで車買取をしてもらう際には、必要ない書類といえる。

【所有者が用意する】4.自動車税納税証明書

自動車税を納税していない車は、車買取をすることができないため納税証明書は必須である。

しかし一時抹消中である場合などに関しては、自動車税が発生しないため必要ない。

無くしてしまう可能性は十分にあるが、仮に無くしてしまったとしても都道府県税事務所の専用端末から代理人でも無料で発行可能であるため安心してほしい。

さらに言うと、車買取店の担当者が無料で代行してくれることも多いため、それほど心配する必要はない。

【所有者が用意する】5.印鑑登録証明書

印鑑証明書

※画像出典:岐阜市ホームページ「印鑑登録証明書が必要なとき」より

印鑑証明書は「名義変更をするために必要な書類」であり、所有者の本人確認や、後述する譲渡証明書などの書類に押印された実印によって「本人が希望している」ということを証明するために必要である。

もし、所有者本人が離れた場所に住んでいる場合には、郵送してもらおう。

また、車検証上の所有者がローン会社などである場合には、問い合わせて「ローン会社の印鑑証明を送付してもらう」という必要がある。

また所有者がローン会社である場合、問い合わせると後述する「譲渡証明書」や「委任状」にも実印が押されて送付されるため、売買契約を結ぶときには必須となる。

【所有者が用意する】6.譲渡証明書

譲渡証明書

譲渡証明書は車の名義変更に必須の書類であり、実印の押印が必要である。

そのため所有者本人に実印を押してもらった上で、住所や氏名の記入、そして印鑑証明の添付が必要となる。

また書類の入手は車買取やディーラーからもらえるため、心配することはない。

もし、所有者本人が離れた場所に住んでいる場合には、郵送して記載の上、返送してもらおう。

【所有者が用意する】7.委任状

委任状

今回のケースで所有者が用意する委任状は「代理人であるあなたに車買取に関する手続きを委任する」という意味を持っている。

そのためこの書類が無ければ、車買取を代理でしてもらうことができない。

また委任状に関しても車買取店やディーラーから入手可能であるため、買取の相談をするついでに担当者から入手することがオススメである。

もし、所有者本人が離れた場所に住んでいる場合には、郵送して記載の上、返送してもらおう。

以上が所有者本人に用意してもらう書類だが、次は代理人であるあなたが用意する書類を紹介していこう。

代理人が用意するものは、実は下記に箇条書きした、たった2つである。

「代理で車売却する人」が用意する2つの書類

  1. 委任状
  2. 身分証明書

こちらについても以下に分けて簡単に説明していこう。

【代理人が用意する】1.委任状

ここでいう委任状は「代理人であるあなたが車買取店に対して、名義変更などの手続きを委任する」という意味を持っている書類である。

基本的な考え方としてはこうだ。

  1. 所有者が手続きをあなたに委任
  2. 代理人であるあなたが車買取店に手続きを委任

という形になるため、委任状には以下の記載が必要になる。

  • 所有者本人の氏名、住所(実印押印)
  • あなた自身の氏名、住所(実印押印)
  • 「所有者があなたに代理依頼をした」という旨の記載

ちなみに委任状の書式は自由だが、車買取店でもらえるし、国土交通省のホームページからもダウンロードすることができる。

【代理人が用意する】2.身分証明書

車買取の依頼を代理人として遂行するために、あなたの身分証の提示が必要になる。

これは万が一のトラブルに対処するためなので、必須と思ってほしい。

身分証に関しては運転免許証やマイナンバーカードなど「公的な書類かつ顔写真付き」であることが望ましい。

パターン2.あなたの所有物にした上で車を売却する

こちらのパターンは、車売却前に名義変更を行い、所有者をあなたにしてしまう方法である。

「名義変更」「車売却」の2回手続きが必要になってしまうが、車買取店に対してはあなたの車として売却することが可能である。

旧所有者(現在の所有者)と、新所有者(あなた)が用意しなければいけない書類は以下の通りだ。

書類の種類 旧所有者 新所有者 備考
印鑑証明書 発行から3ヶ月以内のもの
委任状 新旧所有者の実印の押印が必要
譲渡証明書 旧所有者の実印を押印
車検証 有効期限内のもの
車庫証明 使用の本拠地が変更なければ不要
発行から1ヶ月以内のもの
住民票 車検証の住所が異なる場合のみ
戸籍謄本 車検証の住所が異なる場合のみ
希望番号予約済証 希望ナンバーを取得する場合のみ
理由書 ナンバープレートを紛失した場合のみ

印鑑証明書、委任状、譲渡証明書、車検証に関しては既に説明したものと同じである。

名義変更に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので時間がある時に確認して欲しい。

名義変更が完了したら、法律上もあなたの車になるため、買取店に対して一般的な方法で車を売却すれば良い。

車買取の流れは以下の記事を参考にして欲しい。

ここまでが、名義が違う車を売却するために必要な情報だが、これは全て所有者が日本国内に住んでいて書類の提出ができることが前提条件となっている。

中には所有者が海外に住んでいる場合や、認知症で書類の提出ができない場合などがあるため、次章ではこうしたイレギュラーなケースでの対応法を紹介していく。

2.所有者が書類の用意ができない場合の対処法

既に紹介してきた方法は、所有者が日本国内在住かつ、書類の提出がスムーズに行えるケースの説明だ。

中には書類を用意できない、以下のようなケースも考えられるだろう。

  1. 所有者が海外在住である
  2. 所有者が認知症である
  3. 所有者が亡くなってしまった

どのケースも、あなたは「代理で車売却をしなければならない」状況だろう。

そこで本章では、上記3つのケースの対処法と必要書類を解説していく。

ケース1.所有者が海外在住である

車の所有者が海外在住の場合、通常の代理人が車売却する書類に加え、以下2つの書類を用意する必要がある。

この書類は軽自動車を売却する場合は必要ないので、該当する方は読み飛ばしていただきたい。

  1. 署名証書
  2. 住民票の除票

署名証書は在住国の日本大使館で発行可能で、手数料は1,700円(現地通貨支払い可)となっている。

パスポートと拇印を押印する必要があるので、本人のみしか発行できない点は注意したい。

署名証書の発行方法は外務省のホームページでも紹介されているため、日本大使館に出向く前に確認しておきたい。

また海外在住者は日本国内に住民票がないため、それを「住民票の除票」で証明する必要がある。

住民票の除票は「車所有者が日本国内に住民票がない=海外在住である」ということを証明する書類だ。

この書類に関しては日本国内の役所でしか発行できないため、必然的に代理人が発行することになる。

その際に先程お話した署名証書が必要になるため、必ず上記した順番で書類の取得をして欲しい。

ケース2.所有者が認知症である

所有者が日本国内在住であっても、認知症であれば車売却に同意してもらえない可能性もある。

その場合の手続きは非常に手間がかかり、まずは所有者の法的な代理人となる「成年後見人」を立てる必要がある。

  • 成年後見人を立てるために必要な書類は、下記に記しておく。
  • 後見・保佐・補助開始申立セット
  • 提出書類確認シート
  • 後見・保佐・補助開始申立書
  • 代理行為目録
  • 同意行為目録
  • 申立事情説明書
  • 親族関係図
  • 財産目録
  • 収支状況報告書
  • 後見人等候補者事情説明書
  • 同意書
  • 本人情報シート
  • 診断書・診断書付票
  • 成年後見制度における診断書作成の手引き

これだけ見て「なんだこの程度の書類か」となる人はいないだろう。

診断書などは個人で用意できるものではなく、医者の協力が必須である。

手続きの順番も複雑で、役所で相談の上、家庭裁判所に申し立てをして認められる必要がある。

成年後見人を立てるためにも数ヶ月はかかるため、手間と時間がかかることは確実だ。

こうした背景を考慮して、筆者としては「認知症の程度が軽いうちに車売却をしておく」ことをオススメする。

もちろん、既に認知症が進行してしまっている場合は成年後見人を立てなければいけないが、まだ軽度の認知症であれば本人の意思がハッキリしているうちの売却を検討したい。

ケース3.所有者が亡くなってしまった

所有者が既に亡くなってしまった場合は、軽自動車を売るのであれば故人の認印だけがあればいい。

所有者が死亡したことを伝える必要もなく、代理で軽自動車を売却をする方法を実践すれば良い。

ただし普通自動車を売却する場合だけは必要な書類が異なってくるため、これから詳しく解説していく。

書類の種類 旧所有者 新所有者
戸籍謄本
遺産分割協議書
印鑑証明書
委任状
譲渡証明書

前章で説明した通常の車売却に加え、所有者が亡くなっている場合は上記の書類が必要となる。

戸籍謄本で所有者が亡くなったことを証明し、遺産分割協議書という「車の相続はあなた1人に任せるという同意書」が必要になる。

車は法律上財産という扱いになるため、遺産相続者全員に所有権が発生する。

そのため全ての相続者に「車に関する手続きは代理人に任せる」という同意を取り付ける必要があるのだ。

物々しい書き方をしたが、遺産分割協議書の作成自体はそんなに複雑ではない。

国土交通省のホームページでフォーマットが公開されているので、そこに遺産相続者の署名と捺印があればいいのだ。

ちなみに、遺産分割協議書は車の価値が100万円を下回っていれば必要ないため、まずは査定をしてもらって車の価値が100万円を超えた時だけ気にすれば良い。

その他に関しては、既にお伝えした「代理で車売却する時の書類」を持っていけばいい。

以上が、所有者が書類の用意ができない場合の対処法と必要書類の説明だ。

一般的な車売却に比べると若干手間がかかるかもしれないが、車買取店であれば代理人による手続きには慣れている。

筆者も車買取の現場で働いているが、正直なところ「代理で車を売りに来るお客様」というのは、そんなに珍しくない。

その場合筆者は、上記の説明を丁寧にお客様にしている。

つまり、買取店であれば必要書類を用意する方法など、全て教える準備があるのだ。

もし買取店の担当者に面倒な顔をされたら、そんな買取店は利用せずに他の店を利用することをオススメする。

買取店の数は少なくないため、こうしたサービス面も含めて複数の買取店を比較する必要がある。

そこで筆者としては「車一括査定」というサービスの利用をオススメする。

このサービスを利用すれば、プロのフォローを受けながら代理での車買取を依頼することができ、さらに高額査定をしてもらうことができるのだ。

そこで早速、次章にてサービスの内容を紹介していこう。

3.車を高くスムーズに売るなら「車一括査定」を利用するのがベスト!

車一括査定とはインターネット上のサービスのことであり、「所有者本人ではなくても申し込みできる」という特徴がある。

そして、車買取店は代理人で売却する人も年間に何日も対応しているため、基本相談しながら進めていけば何ら問題がない。

もう少し、車一括査定について説明していこう。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ナビクル車査定は買取業者を厳選している

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定TOP3を紹介する。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

依頼でポイントがもらえる「楽天オート」

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

買取業者からの電話なし「ユーカーパック」

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、5,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、代理での車買取について解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 車検証に記載されている「所有者」しか車買取を依頼できない
  • 代理で車買取をしてもらう場合には、所有者に7つの書類を用意してもらう
  • 所有者が書類を用意できない場合の対処法は買取店が熟知しているので問題ない
  • 買取価格以外にもサービス面で買取店を比較する必要がある
  • 代理での車買取をするなら、フォローと高額査定に期待できる「車一括査定」がオススメ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事