故障車の買取価格は意外と高い!減額を最小限に抑える方法を伝授

故障車を買取検討するとき、すでに望み薄だと諦めていないだろうか。

とはいえ、少しでもお金に変えたいと思うのが正直なところだろう。

  • 故障車だけど、少しでも高く買取してもらいたい
  • 次の車に買い替えるときに、少しでも資金を作っておきたい
  • 故障車だって、きっと高く売る方法があるはず

こんな風に考える人は少なくない。

そこで今回は、自動車ディーラーで中古車査定士をしている筆者が、故障車買取の現状と「確実に高く買取ってもらう方法」について詳しく解説していく。

結論を先にお伝えしておくと、故障車であっても正しい方法を知っておけば高く売ることが可能だ。

知らずに売って損をする前に、この記事に目を通すことをオススメしておこう。

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値を知っているだろうか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いだ。

ディーラーや買取店は、ただただあなたから買い取った車を横流しして利益を上げているだけなのだ。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることができる。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒だと思うだろう。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うことだ。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出る。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKなのだ。
だまされたと思った一度利用することをオススメする。

おそらくあなたは出てきた査定額にビックリするだろう。

大手優良業者に厳選、申し込みと同時に愛車の相場がわかる「ナビクル車査定」 →  ナビクル車査定

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

1.故障車でも買取可能な3つの理由

故障車の定義や高く売る方法を知る前に、どうして故障車でも買取可能であるのかを簡単に解説しておこう。

故障車は、以下3つの理由により需要があるのだ。

  1. 修理により再販可能な程度の故障車である
  2. パーツ自体に価値がある
  3. ボディや部品の鉄に価値がある

理由1.修理により再販可能な程度の故障車である

実は、個人が故障と感じるレベルと、業者が故障と感じるレベルには大きな乖離がある。

ディーラーで数十万円の修理代を請求されるような故障車であっても、自社工場を完備する買取業者であれば格安で修理が可能。

修理をすれば再販可能な車であれば、今故障していても買い取ってもらえるということだ。

理由2.パーツ自体に価値がある

車を頻繁に買い換える人もいれば、同じ車に長く乗る人もいる。

後者にとって、中古部品というのは非常に価値あるもので、中古部品として故障車が買取されるケースも多々あるのだ。

車は約3万点の部品が使われていると言われており、素人では判断できないような部品に価値があるのも珍しくはない。

理由3.ボディや部品の鉄に価値がある

車はボディや部品に多くの鉄が使われている。

こうした鉄はスクラップ工場で数万円の価値があるのだ。

車自体に価値はなくとも、鉄の価値は不変的なものなので、こうした理由で故障車が買取可能となっているのだ。

上記3つが、買取業者が故障車でも欲しがる理由だ。

しかし、故障車と言っても故障のレベルがあり、それぞれ査定額に影響する金額が変わってくる。

そこで次章では、故障車の定義と査定額への影響を詳しく解説していこう。

2.故障車の定義と査定額への影響

故障車とは読んで字の如く「大小問わず故障のある車」を指す。

ほんの少し電装部品が壊れているレベルから、エンジンが壊れて動かないレベルまで故障のパターンは様々だ。

大事なポイントは、それら全てを故障車として、格安で買取が実施されるわけではない。

というのも故障車は「故障の修理費用のみ」が減点対象となるからだ。

そして修理費用というのも、修理工場の請求額ではなく「実費分のみ」である。

これがどういうことか説明しよう。

修理工場の請求額と修理費用の実費分は違う

例えば故障車を修理しようと思い、修理工場に見積もり依頼をしたとする。

その際に請求される額というのは、修理にかかる金額+修理工場の利益分となっている。

しかし、買い取った車を再販するために修理するとなると話が変わってくる。

修理代金に利益を上乗せする必要はない上に、部品代は原価計算が可能になる。

そのため、実際にあなたが故障を修理した場合と比較して、圧倒的に安く済むのだ。

つまり、修理の見積もりが50万円だったからといって、買取価格が50万円下がるわけではないということが分かる。

ただ、ここで気になるのが「それでは一体どの程度の減額になるのか」ということだろう。

筆者が会員となっている、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の減点表を抜粋して、次に紹介していこう。

故障車の減額は4万円程度が多い

早速、よくある故障と、その部分にかかる減点について下記にまとめたのでご覧いただきたい。

JAAIとは、中古車買取の査定基準を作っている会社だ。

その査定基準は、業界全体の指標となっているため、ここではその内容を紹介していく。

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

故障個所 状態 大きさ 減点数
外装 フロントバンパー 凹み 30
フロントドア 凹み 50
内装 シート へたり 10
天井 たるみ 10
エンジン
足回り
ウォーターポンプ 交換 25
オルタネータ 交換 40
ラジエータAssy 交換 70
マフラー 交換 40
ブレーキオイル漏れ O/H 10
電装 ヘッドランプAssy 交換 30
バッテリー 交換 10
キーレスシステム 交換 40
※出典元:JAAI発行の加減点ハンドブックより

ご覧いただいたのは一部の項目ではあるが、基本的に上記一覧表の「減点数=1点で約1,000円分」が、ほとんどの項目に適用される。

つまり、故障していても実際に100点の減点=約10万円の減額になるようなケースは少ないのだ。

そしてボリュームゾーンとしては40点の減点=約4万円程度の減額に収まる。

例えば、故障するとエンジンが止まってしまうオルタネータは、修理費用が約10万円ほどかかる大きな故障だ。

しかし減額は40点、つまり4万円で済んでしまうことが一覧表からも分かる。

つまり、修理代が高額だからといって「廃車にしてしまった方が良いのでは?」と、勝手に判断しない方が良い。

とはいえ、例外的に買取価格が格安になってしまうケースが無いわけではない。

次は例外の具体例について紹介していく。

「超高額修理」の場合には廃車専門店がオススメ

先程の減点表は「一般的な故障」である。

そのため特殊で超高額修理の必要な故障車には該当しないケースが多い。

そして超高額修理が必要になるのは、以下のケースに該当する場合だ。

  • エンジンが完全に死んでしまった
  • 故障箇所が複数あり、既にボロボロの状態
  • 事故などによって部分的にグチャグチャの状態

このような「車としての機能を持っていない状態」は一般的な故障車とは言えない。

そしてこれらの場合、買取査定をしたとしても、修理金額の実費が差し引かれたときに「タダ同然」となるのが普通だ。

そのため筆者としては、上記に該当する場合のみ、最初から廃車専門店へ買取依頼をすることをオススメしている。

具体的には「 ハイシャル 」がオススメである。

というのもハイシャルでは、買い取った車を

  • 部品に分けて、中古部品として国内&海外で再販する
  • エンジンだけ中古品に載せ替えて、海外で再販する
  • そのままの状態で海外へ輸出する

というように、きちんと需要のある場所へ再販するルートを確保しているのだ。

しかも全国対応、どんな事故車・廃車でも0円以上で買取してもらえるのは大きい。

そのため超高額修理が必要な車であっても、非常に高く買取ってもらうことが可能になる。

ハイシャルの公式サイト

以上、故障車の減額について説明してきたが、一度まとめておこう。

  • 故障箇所が少ない場合は、車買取業者に売れば減額も少ないので安心
  • ただし超高額修理が必要な車のみ、廃車専門店に売った方がお得なケースが多い

結論としては、自走できるなら車買取業者、自走不可なら廃車専門業者に売ると覚えておけば良い。

実践編として、次章は高く買取ってもらうための手順について紹介していこう。

3.故障車を高く買取ってもらうための3ステップ

故障車を高く買取ってもらうための手順は、下記に挙げた3ステップで完了する。

故障車を高く買い取ってもらう3ステップ
  1. ディーラーで下取り査定をしてもらう
  2. 下取り査定額をもとに車買取業者を複数社競合させる
  3. 最後に廃車専門店にも一応聞いてみる

それぞれ以下に分けて説明していこう。

ステップ1.ディーラーで下取り査定をしてもらう

故障車はまずディーラーで下取り査定をしてもらうのがオススメだ。

「一般的にディーラーの下取りは安いといわれているのになぜ?」と思ったかもしれないが、きちんとした理由がある。

ディーラーというのは、良くも悪くも公平中立な判断をする。

つまり、冒頭で紹介した故障車でも売れる理由は考慮しない、単純に車の価値としての査定額が出るのだ。

車を高く売るために必要なのは、その車の本当の価値を知ることである。

まずはディーラーでその車の価値を十分に知った上で、今後の交渉に役立てるという方法を取りたい。

ステップ2.下取り査定額をもとに買取業者を複数社競合させる

下取り査定の結果が出たら、その後は複数の買取業者に査定をしてもらい、各社の査定額を競合させていくのがベストである。

これは一般的な中古車も故障車も変わらない。

買取業者は冒頭の説明通り、故障車でも高く買い取ってくれる。

自社で修理工場を持っている業者であれば、格安で修理ができるため減額も最小限で済む。

しかし、そうした買取業者を一発で見つけることは難しい。

その上、買取業者も慈善事業ではないため、故障車は色々な理由をつけて安く買い叩こうとする。

そこで複数の買取業者を競わせて、高く買い取ってくれる業者をあぶり出すという手法が必要になってくるのだ。

とはいえ、複数の買取業者を探して競合させていくのは面倒くさいだろう。

そこでオススメなのが「車一括査定」というサービスである。

詳細は下記にしていくが、誰もが簡単かつ短時間の内に、複数の買取専門店を競合させることができるため、ぜひ説明をご覧になって利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ナビクル車査定は買取業者を厳選している

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定TOP3を紹介する。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

依頼でポイントがもらえる「楽天オート」

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

買取業者からの電話なし「ユーカーパック」

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、5,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

ステップ3.最後に廃車専門店にも一応聞いてみる

確実に超高額修理が必要でない場合は、最後に一応廃車専門店「 ハイシャル 」に査定額を聞いてみるといい。

というのも、廃車専門店は海外輸出に強いケースが非常に多いため、車種によっては「廃車せずに買取専門店よりも高くなる」というケースがあるからだ。

そのため最後の競合先というよりも、「念のために一度聞いておこう」という程度の気持ちで、査定してもらうと良いだろう。

とはいえ最後の一押しが「あるかないか」という程度の話ではあるため、もし面倒くさい場合には割愛しても「特別大損することはない」といえる。

ハイシャルの公式サイト

以上の3ステップを実践すれば、ほぼ間違いなく故障車でも最高額を引き出すことが可能である。

最後に、プロの査定士である筆者が感じる「こういう故障車なら買い取りたい」と感じる条件を特別にお教えしよう。

4.査定士が教える「買い取りたくなる故障車」の条件3つ

これから、日頃故障車の査定を行う筆者が、大きなプラスポイントと感じる点をお話しよう。

「買い取りたくなる故障車」の条件3つ
  1. 洗車、車内清掃が実施されている
  2. 純正戻しがされている
  3. 需要の高いオプションのアピールがある

どういうことか、それぞれを説明していこう。

方法1.洗車、車内清掃が実施されている

洗車と車内清掃をすることで、「査定士の心象が良くなる=査定額が高くなる」ということはない。

しかし洗車と車内清掃をしていないと「査定額が低くなる」ということはあるのだ。

例えば洗車をしておらず、汚れが多く付着した車の場合、汚れで外装についているキズや凹みが隠れてしまうケースがある。

そして査定士はお客様の車をベタベタ触ることはできないため「汚れにキズが隠れているかもしれない」と判断し、あえて査定額を低くする。

事実、筆者が勤めるディーラーでも「キズが見えずに高額査定をして自社がリスクを背負うのは避けるべき」とマニュアルに記載されている。

しかし、傷が確認できる程度の洗車でいいので、軽く水洗いをするだけで構わない。

「洗車や車内清掃をきちんとして、正確に査定をしてもらえる状況づくり」が重要になるのだ。

ちなみに筆者のディーラーでは、汚れなどで傷が確認できない場合は2~3万円程度の減額をしている。

方法2.純正戻しがされている

基本的に中古車業界では「純正仕様であること」で需要が最大化される。

そして社外品でカスタムされた車は、中古車市場では「価値が低い」と判断され、5~10万円程度安くなってしまうケースが多い。

そのため故障車であったとしても買取をする際には純正戻し、または純正品の引き渡しをするのがオススメである。

ただし純正品を保管していない場合には、新しく購入するとかえって高くついてしまうため、その場合にはオススメできない。

方法3.需要の高いオプションのアピールがある

査定士は、車種に関するザックリとした相場しか知らないケースが多い。

そのため細かなオプションなどを査定結果に反映させていないケースも多く「実はもっと評価されるべきだったオプション」などは、数多くあるのだ。

そこで筆者としては、以下の条件に該当するものがあれば強くアピールすることをオススメする。

  • 高グレードである
  • 別途高額オプションを組んで、○○を取り付けた
  • 純正のアルミホイールで、他グレードよりもインチ数が大きい
  • 先進の安全装備がオプションもしくは標準仕様でついている

これらは、どれも中古車として販売する際にアピールポイントとなる。

つまり車買取の際にも同じことが言えるため、絶対にアピールするべきなのだ。

ちなみに装着されたオプションにもよるが、高いものでは10万円以上の査定額アップにつながるため、確実にアピールして査定結果に反映させてもらうべきである。

5.まとめ

以上、故障車の買取に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 故障車の査定は基本的に「修理にかかる実費分」の減額となり、極端に安くなることはない
  • 自走が可能なら車買取業者、自走不可であれば廃車買取専門業者に売るのがオススメ
  • 自走可能な故障車は「車一括査定」を利用して複数社に競合をさせると、高額査定につながる
  • 査定しやすい環境づくりや高額オプションのアピールをすると査定額が上がる可能性がある

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事