100万借りる審査なし!無職・ブラックリストなど

「審査なしでお金を借りる方法は?」

「無職でも100万円借りるにはどうしたらいい?」

融資が必要な方の中には、このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、どうしても100万円の融資が必要な方向けに、無職でも借入できる可能性がある方法や時間がない時におすすめのカードローンを紹介します。

カードローンで100万円借りる際のポイントや、金利の目安も解説しているため、無理なく借入を利用するための参考にしてください。

審査なしで100万借りる方法はある?無職・ブラックリストでもOKの融資は?

結論からお伝えすると、審査なしで100万円を借入できる金融機関はありません。消費者金融などの金融機関には、法律によって、申込者の返済能力を審査する義務が課せられています(貸金業法13条)。無職の方はもちろんのこと、収入があっても無審査で借りるのは困難です。

さらに無職では継続した収入が見込めず、返済することが困難だと判断されてしまいます。

また、ほとんどの銀行、消費者金融では、安定した収入があることを申し込み条件としているため、無職では申し込みさえも難しいでしょう。

無職でもお金を借りたいときは、金融機関ではない以下の4つの方法がおすすめです。

・クレジットカードのキャッシング

・保険の契約者貸付

・親に頼む

・質屋で借りる

クレジットカードのキャッシング

すでにクレジットカードを持っていて、キャッシングに申込済みなら、審査なしでお金を借りられます。

複数カードを組み合わせることで必要な金額が借りられる可能性があるでしょう。

ただし、クレジットカードのキャッシング利息は年率15〜18%程度が一般的で、決して低いとは言えません。

もし、クレジットカードのキャッシングをお考えなら、比較的審査に通りやすいクレジットカードプロミスVisaカードがおすすめ。

ポイントも付きますし、カードローンも付帯しているので、急な資金需要にも対応できます。

プロミスVisaカードはこちらから

保険の契約者貸付

生命保険を契約している場合は、解約返戻金の一定範囲内で保険会社から借入できる「契約者貸付制度」を利用するのも1つの方法です。終身保険や養老保険など、解約返戻金がある保険で利用できます。

ただし、借入金額と利息の合計額が解約返戻金額を超えると、保険料を払っていても保険契約が失効・解除となるリスクがあります。また、解約返戻金の支払いがある保険でも、商品によっては契約者貸付を利用できないものもあるため、保険会社への確認が必要です。

親に頼む

どうしてもお金が必要な場合は、親に頼むことも検討してみましょう。お金を借りる際には、なぜお金が必要なのか、理由をきちんと伝えるのが大切です。加えて、具体的な返済計画を立て、「この日までにお金を返す」という約束を必ず守るようにしましょう。

また、親から1年に110万円以上を借りる場合、借入の証拠がなければ贈与税の課税対象と見なされる可能性があるため注意が必要です。返済期日などを記載した借用書を作成し、銀行振込を利用して返済記録も残しておきましょう。

質屋で借りる

質屋に時計やブランド品を持ち込んで、融資を受ける方法もあります。品物を担保に、査定金額の範囲内で融資が受けられるため、収入がなくてもお金を借りられるのが特徴です。預けた品物を手放すと、借りたお金を返済する必要もありません。

ただ100万円を借りるには、かなり高価な品物を質入れする必要があります。さらに、3か月以内に返済できない場合や忘れていた場合は、質入れした品物の所有権が質店に移行するため、注意が必要です。

また、質入れは買取と比べると、受け取れる金額が安いのもデメリット。手放してよい品物の場合や返済できる自信がない場合は、買取の利用をおすすめします。

《ブランド品・貴金属の高価買取ならここ》

特徴
銀蔵・新宿・池袋など、人が集まる都心に実店舗を出店・流行の最先端に触れる機会が多いため、目利き力に自信あり
ザ・ゴールド/らくらく出張買取・経験豊富なブランド専門鑑定士が国内外の市場調査結果をもとに査定・自社販売ルートを持ち、中間手数料が不要。高価買取が実現可能
【ブラリバ】・ブランドバッグを最短5分でスピード査定、最新相場にて買取可能・店頭・宅配・出張など、ライフスタイルに合わせた買取方法が選べる

時間がないときに100万借りるならカードローン

急いでお金が必要な場合は、担保・保証人不要で利用できるカードローンがぴったりです。カードローンなら借りたお金の使い道も自由、審査時間も短くWEB完結で借りられます。

ここでは、おすすめのカードローンとして、次の5つを紹介します。

・セブン銀行カードローン

・アイフル

・SMBCモビット

・プロミス

セブン銀行カードローン:借入・返済手数料ずっと無料!銀行系カードローン

画像引用:セブン銀行カードローン

スマホですぐに申し込めて、最短当日以内に借入できるかわかるのが「セブン銀行カードローン」です。「消費者金融はなんとなく避けたい」という人におすすめ。

「セブン銀行カードローン」は借入・返済手数料がずっと無料なので、少額の借入でも無駄な手数料が発生しません。

セブン銀行の口座はアプリですぐに作れるため便利です。

セブン銀行のアプリはキャッシュカードとしても利用できるので、周囲にもバレにくいでしょう。

実質年利12.0〜15.0%
借り入れ限度額300万円
審査期間最短当日

※口座がない方は、申込から融資までに2週間以上かかる場合があります
※利用限度額によって借入金利が異なります。
※カードローンは計画的にご利用ください。

セブン銀行カードローンはこちらから

アイフル

「アイフル」のカードローンは、最短18分のスピード融資※1が魅力。すぐに借入を利用したい方でも安心です。ただし、申込状況によっては、希望にそえない場合もあるためご注意ください。

「アイフル」の初回利用時に限り、30日間無利息で借入できるのもメリット。銀行カードローンと比べると上限金利が高いものの、無利息期間内で返済できる場合は、お得な条件で融資が受けられます。

コンビニATMやゆうちょ銀行をはじめとする多くの提携ATMから、1,000円単位で借入できるのも嬉しいポイントです。

年利3.0〜18.0%
借入限度額1〜800万円まで※2
融資までの時間最短即日※3
Webで契約完結

※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

※2 ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフルの貸し付け条件はこちら

SMBCモビット

モビット

「SMBCモビット」は、最短即日で融資が受けられる、三井住友カードのローンブランドです。審査は最短30分で完了。※1

Web完結の申込なら、セブン銀行ATMを通じてカードレスで借入や返済が利用できます。誰にもバレずに借入したい方におすすめです。

年利3.0〜18.0%
借入限度額1〜800万円まで
融資までの時間最短即日※2
Webで契約完結

※1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット詳細はこちらから

プロミス

「プロミス」のカードローンは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社によって提供されるサービスです。

審査が最短3分で完結する※1ほか、Webからなら24時間365日申込が可能。お急ぎの方や忙しい方でも安心して利用できます。

上限金利は17.8%と、消費者金融の中では低めに設定されているのが特徴。さらに、初回の利用に限って30日間の無利息期間が設けられています。少しでも金利を抑えたい方におすすめのカードローンです。

年利4.5〜17.8%
借入限度額1〜500万円まで※2
融資までの時間最短即日※3
Webで契約完結

※1 申込の状況によっては、ご希望に添えない場合がございます。

※2 借入限度額は審査によって決定いたします。

※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス詳細はこちらから

即日OKのカードローンで100万円借りるポイント

カードローンの借入金額は、申込者の返済能力によって決定されるため、誰でも100万円を借りられる訳ではありません。希望金額をスピーディに借入れるために、次のポイントをあらかじめ確認しておきましょう。

・総量規制に達していないか確認する

・収入証明を用意しておく

総量規制に達していないか確認する

消費者保護の視点から、消費者金融やカード会社といった貸金業者に対して、年収の3分の1を超える貸付を禁止する総量規制が設けられています。(貸金業法第13条の2)銀行カードローンの場合も、総量規制に準じて対応されるのが一般的です。

カードローンで100万円を借りたいときは、最低でも年収300万円以上が条件となるため、源泉徴収票などで事前に確認しておきましょう。

また、既にカードローンを利用している場合は「借入合計金額が総量規制に達していないか」がチェックされるため、注意が必要です。

収入証明を用意しておく

カードローンを利用するには、運転免許証やマイナンバーカードなどの「本人確認書類」が必要です。さらに、50万円を超える金額を借り入れる際は、本人確認書類以外に「収入証明書」が求められるケースもあります。

収入証明書として認められる書類の具体例は、以下の通りです。スムーズにカードローンを利用できるよう、申込までに手元に準備しておきましょう。

・源泉徴収票・所得証明書・税額通知書・確定申告書など

カードローンで100万円借りるときの金利・利息はいくら?

カードローンをはじめ、金銭を目的とする消費貸借における金利の上限は、法律で以下のように定められています。(利息制限法第1条

貸付金額金利(実質年率)
10万円未満年20%以下
10万円以上100万円未満年18%以下
100万円以上年15%以下

100万円を借りる際には、上限金利年15%を超える利息分は無効とされ、返済の必要がないとされています。

例えば、プロミスのカードローンで100万円を借り入れる際の実質年率は、15.0%です。以下の表は、プロミス公式サイトのシミュレーション機能を活用して作成しました。100万円を借りた場合の利息額や月々の返済額は、返済回数に応じて、次のように変化します。

<プロミスで100万円借りた場合>

返済回数毎月の返済額利息総額返済総額
1290,258円(12回目は90,256円)83,094円1,083,094円
2448,486円(24回目は48,490円)163,668円1,163,668円
3634,665円(36回目は34,659円)247,934円1,247,934円

また、アイフルで100万円(実質年率15.0%)を借りた場合の返済シミュレーションは、以下の通りです。

<アイフルで100万円借りた場合>

返済回数毎月の返済額利息総額返済総額
1291,000円(12回目は81,593円)82,593円1,082,593円
2449,000円(24回目は34,804円)161,804円1,161,804円
3635,000円(36回目は19,943円)244,943円1,244,943円

まとめ

本記事では、無職でも借入できる可能性がある方法や、時間がない時におすすめのカードローンを紹介しました。収入がない方が100万円を借りる際には、保険の契約者貸付や質入れのほか、買取サービスなどを活用するのもおすすめです。

カードローンに申し込むときにも、総量規制や利息などに注意しながら、計画的な利用を意識しましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ